ピクシブ百科事典

内川聖一

うちかわせいいち

アゴアーゴ、アゴアーゴ、アゴアゴアゴアーゴ。
目次[非表示]

概要

1982年8月4日生まれ。大分県大分市出身。
ポジションは内野手(主に一塁手)・外野手、右投右打。
大分工業高校から2000年オフのドラフト会議にて横浜ベイスターズ(現・横浜DeNAベイスターズ)から1位指名を受けて入団。何処でも守れる器用さを併せ持つ。

2年目の2002年から代打として結果を残し、2006年からは本格的にレギュラーへ。2008年には打率.378を残し右打者としては史上最高打率の記録となったが、この年はベイスターズの勝率が.338しかなく自身の打率がチームの勝率を上回るという珍現象が起きた。
2010年、フジテレビアナウンサー(当時)の長野翼と結婚。この年はリーグ3位の182安打・3年連続打率3割を記録。オフにFA宣言を行い、福岡ソフトバンクホークスへ移籍した。

統一球に球が変更された2011年は、3番打者として打率.338で首位打者のタイトルを獲得。「セ・パ両リーグで首位打者」となるのは江藤愼一以来2例目となった。2016年までチームの主力として活躍し、以降は怪我の影響でスタメン落ちや代打起用が増えるも、2018年5月9日の埼玉西武ライオンズ戦で通算2000本安打を達成。
2019年は3年ぶりに規定打席に到達し守備率10割をマークし、ゴールデングラブ賞を初めて受賞した。

2020年は17年ぶりの2軍スタートとなった彼だが、2軍で好成績を残していても1軍から声が掛かることが全くなく、昇格のないままシーズンが終了。自ら退団を申し入れ、東京ヤクルトスワローズへ移籍した。

人物

  • かなりのアゴ。2003年は視力が悪化したり握力が弱くなりなど、原因不明の体調不良に見舞われたが、それはアゴが右側に曲がって頚椎の神経を圧迫していたことが原因だった。歯の矯正を受けて症状は改善。
  • ホークスへFA移籍の際の、「横浜を出る喜び」など古巣に対する数多くのぐう畜発言から、なんJや野球板では「チック」とも呼ばれている。


内川コピペ

まどか漫画 ほむら最後の希望


ベイスターズ時代の苦悩を描いたネタであり、ベンチ内で泣き疲れて眠っているうち1998年当時の黄金時代に彼がスターティングオーダーとして入っている夢を見るも、それは今際の夢であり、翌朝、ベンチで冷たくなっている姿で発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取ったという内容である。
その余りの切なさから、他球団や野球以外のスポーツ、果てはスポーツ以外のジャンルまで幅広く改変されるが、どんな改変をされようとも必ず最後の一文は吉村村田は病院内で静かに息を引き取った』で締められる。

関連タグ

プロ野球選手

関連記事

親記事

東京ヤクルトスワローズ とうきょうやくるとすわろーず

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「内川聖一」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 115673

コメント