ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

内川「どうすりゃいいんだ・・・」

本拠地、横浜スタジアムで迎えた中日

先発三浦が大量失点、打線も勢いを見せず惨敗だった

スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「今年は100敗だな」の声

無言で帰り始める選手達の中、昨年の首位打者内川は独りベンチで泣いていた

WBCで手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・

それを今の横浜で得ることは殆ど不可能と言ってよかった

「どうすりゃいいんだ・・・」内川は悔し涙を流し続けた

どれくらい経ったろうか、内川ははっと目覚めた

どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した

「やれやれ、帰ってトレーニングをしなくちゃな」内川は苦笑しながら呟いた

立ち上がって伸びをした時、内川はふと気付いた


「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」

ベンチから飛び出した内川が目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった

千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのようにベイスターズの応援歌が響いていた

どういうことか分からずに呆然とする内川の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた

「セイイチ、守備練習だ、早く行くぞ」声の方に振り返った内川は目を疑った

「す・・・鈴木さん?」  「なんだアゴ、居眠りでもしてたのか?」

「こ・・・駒田コーチ?」  「なんだ内川、かってに駒田さんを引退させやがって」

石井さん・・・」  内川は半分パニックになりながらスコアボードを見上げた

1番:石井琢 2番:波留 3番:鈴木尚 4番:ローズ 5番:駒田 6番:内川 7番:進藤 8番:谷繁 9番:斎藤隆

暫時、唖然としていた内川だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった

「勝てる・・・勝てるんだ!」

中根からグラブを受け取り、グラウンドへ全力疾走する内川、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・


翌日、ベンチで冷たくなっている内川が発見され、吉村村田は病院内で静かに息を引き取った


解説

横浜ベイスターズ時代の内川聖一を主人公としたコピペ。


コピペが書かれた2009年当時、内川は前年に初めて首位打者を獲得するなど、ベイスターズを代表する打者として定着しつつあった…が、当時の横浜は暗黒まっさかりであり、勝率が内川の打率を下回るという有様であった。

自分がいくら打っても勝てない…という絶望感と焦燥、それらがないまぜになった内容と、最後に何の脈絡もなくチームメイトの村田と吉村が死んでしまう不条理さが受け、なんJでの定番コピペとなった。


野球ネタだけでなくアニメ・ゲームなど様々な改変が行われたが、吉村と村田が病院内で息を引き取るというオチは変えないのがお約束(他球団などプロ野球関連ならまだしも、それ以外の分野だと見方によっては風評被害になる可能性もあるが、そこに突っ込んではいけない。ちなみに初出当時は病院で息を引き取るのが多村と村田であったが、当時多村は福岡ソフトバンクホークスに移籍しているため、より理不尽なことになっている)で、「6番:内川」も敢えて残す行為が粋だとされる。また上のサムネの漫画の最後のコマはAAとなってなんJに逆輸入を果たしている。ちなみに何故二人が巻き込まれる理由について、ベイスターズファン曰く2009年の横浜ベイスターズで吉村と村田と内川の三人が主力が死んでしまい、更に横浜の悲壮感を演出しているということらしい。


pixivではキャプション芸として用いられることもある。


派生「梶谷コピペ」

2020年シーズン終了後、内川はホークスを退団。古巣に復帰するのではないかという憶測が広まったことにより、同年11月に「梶谷隆幸が、内川の横浜DeNAベイスターズ復帰を阻止する」という趣旨のコピペが誕生。

内川は「退団濃厚・新天地不明」、梶谷は「FA権取得・行使するかは未定」という段階で作成されたものであるが、梶谷はFA宣言して読売ジャイアンツへ移籍し、内川は東京ヤクルトスワローズへ入団。実際の出来事と全く矛盾のない結末となった。




内川「あぁ、若手は俺のこと知らないのか。俺、ここで首位打者とか獲ったことあるんだぜ?」

神里「…で、その首位打者さんがウチに何の用ですか?」

内川「何…って、俺も来年から球団を変えようと思うから、古巣もアリかなと思ってよぉ」

柴田「えっと、お気持ちはありがたいですが、貴方にそんな権限ないですしお引き取りを…」

内川「何だよ、OBだぞ?今年Bクラスだったお前らに常勝軍団のいろはを叩き込んでやろうとしてるんだぞ?」

梶谷「内川さん…」

内川「おう、梶谷。お前もすっかり立派になったな!おい、お前からもこの世間知らずに言ってやれよ」

梶谷「帰ってください」

内川「は?」

梶谷「ここは貴方がいた弱い横浜ベイスターズじゃなく、俺たちが強くなろうとゼロから作り上げた横浜DeNAベイスターズです。貴方の力は必要ありません」

内川「なんだと?おい、優勝したこともないくせにいい気になるなよ?」

梶谷「長いものに巻かれて強くなった気でいる貴方が言う資格ありません。もう一度言います帰ってください」

細川「そ、そうだ!梶谷さんの言う通りだ!出ていけ!」

チームメイト「そうだ!そうだ!」

内川「く、くそっ…覚えてろ」

梶谷「悪いけど忘れますよ、貴方が僕たちのことを忘れたように」


翌日、梶谷はFA公使を表明。横浜を去っていった。

(原文ママ。「公使」は正しくは「行使」)


関連タグ

なんJ なんJ語 横浜ベイスターズ 横浜DeNAベイスターズ

関連記事

親記事

なんJ語 なんじぇいご

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 421357

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました