ピクシブ百科事典

吉村裕基

よしむらゆうき

福岡ソフトバンクホークスに所属する外野手。

概要

福岡県出身。東福岡高時代は43本塁打をマークするスラッガーだった。2002年ドラフトで高校の先輩にあたる村田修一(現読売ジャイアンツ)とともに指名され、横浜ベイスターズに入団。

高卒ルーキーながら1年目の2003年にプロ初本塁打を放つ。2004年にも一軍昇格を果たす。
2005年はケガで一軍には昇格できなかった。2006年は開幕一軍入りし、一時離脱し規定打席に到達できなかったものの、打率.311、26本塁打の活躍でチームの中軸に成長。広島東洋カープ梵英心と新人王争いを繰り広げた。
2007年は規定打席に到達し24本塁打、85打点をマーク。2008年には自己最多34本塁打、91打点を記録し、内川聖一(現福岡ソフトバンクホークス)、村田とともに強力クリーンナップを形成した。
2009年は自身初の全試合出場を果たすも、打撃は不振に終わる。翌2010年下園辰哉の台頭、井手正太郎の加入で49試合出場にとどまった。
2011年は開幕こそ好調だったが長続きせず、81試合出場で5本塁打に終わる。2012年は開幕を二軍で迎え、わずか25試合出場に終わる。オフに多村仁志神内靖吉川輝昭とのトレードで山本省吾江尻慎太郎とともに福岡ソフトバンクホークスに移籍。



あだ名モンチッチ。2008年オフにレーシック手術を受けて以降成績が悪化しており、2008年以前の活躍と比べてなんJでは冷凍扱いされている。

pixivに投稿された作品 pixivで「吉村裕基」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1543

コメント