ピクシブ百科事典

駒田徳広

こまだのりひろ

元プロ野球選手。

概要

奈良県出身。
かつて読売ジャイアンツ横浜ベイスターズで活躍した一塁手、右翼手。
1983年中畑清の負傷交代で一軍初出場した試合で、デビュー初打席満塁本塁打を記録。それ以後も満塁での勝負強さを見せ続け『満塁男』と呼ばれていた。
1993年オフ、FA行使で横浜に移籍。なお、このオフ横浜ではスーパーカートリオのうち2人(高木豊屋鋪要)を含むベテラン6選手を一気に戦力外にしたが、これについて度々「FAでやってくる駒田を獲得するための資金を工面するためだったのでは?」と指摘されている(実際には戦力外を受けた選手は衰えた選手が多かった上、特に高木は「派閥政治を展開し球団を腐らせる」「屋鋪とそういう関係だった」「契約交渉の時にゴネた」など球団に対してあまり良くない存在になっていたのが原因とも言われる)。
リアル岩鬼かというくらいの悪球打ちとファーストの守備に定評があった(フライ捕るの下手だったけど)。
1998年の日本一には5番、そして外様ながらチームをまとめるキャプテンとして貢献。2000年に2000本安打を達成し名球会に名を連ねるも、契約更改で揉め戦力外、他球団からのオファーを待ったが同年引退。会見場も用意せず雨模様の駐車場での引退会見のあまりの物悲しさは今でも語られている。

名前が「駒」な上に見事な馬面な為、現役時代は大井に帰れ」等の野次を飛ばされていた。特に神宮球場での試合で「駒田くん!守備についたらエラーをしてくれー!」というヤジにマジギレ、その後本当にエラーをしてしまったことは有名。なお、本人が一番心に残っているのは「これボール振るよ!!」というこの人のヤジらしい。
また、素行もアレなところがあり、こちらでは1989年日本シリーズでの「巨人はロッテより弱い」発言の加藤哲郎相手に満塁ホームランを打った際の「バーカ!!」というお返しのヤジとそれに端を発する当時近鉄コーチ・権藤博との不仲が有名。戦力外になったあとオファーが来なかったのは高齢に加え素行だともいわれる。



なお、ジャンプ放送局では「巨人の駒田シリーズ」が作られていつも妙なモンタージュを作られていた。


関連タグ

読売ジャイアンツ 横浜ベイスターズ 競馬 岡崎汐

pixivに投稿された作品 pixivで「駒田徳広」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1094

コメント