ピクシブ百科事典

北九州モノレール

きたきゅうしゅうものれーる

北九州市内を走るモノレール。正式な会社名は「北九州高速鉄道」で、「北九州モノレール」は通称。
目次[非表示]

概要

福岡県北九州市モノレール(日本跨座式)を運営している会社である。また、日本で初めての『都市型モノレール』である(都市モノレール法および軌道法準拠)。かつては第三セクター鉄道であったが、現在は北九州市が100%株式を保有している。理由は後述。

歴史

同じ区間を走っていた西鉄北方線の代替と、北方より南にある住宅地と小倉中心部を結ぶために建設された。1972年に制定された「都市モノレール法」の最初の適用路線として認可されて第三セクター鉄道として設立。1985年に開業したが、開業当時の小倉駅【現・平和通駅】は国鉄小倉駅から400m離れているため乗り換えに不便を強いられた(地元商店街の反対があって延伸できなかった)。ようやく1998年にJR小倉駅ビル改築と同時に小倉駅乗り入れを果たした。

しかし、開業時からの累積赤字がひどくなったため経営難に陥ったが、産業活力再生特別措置法による経営再建が認められ、残った債務を株式に転換した上に北九州市が買い取り、現在は第三セクター鉄道から実質上『北九州市営モノレール』と化した(株式の100%が北九州市が保有)。また、沿線に小倉競馬場を有するJRA(日本中央競馬会)からも支援が行われたともいう。

路線

小倉北区の小倉駅と小倉南区の企救丘(きくがおか)駅間8.8kmを結ぶ。起点の小倉駅は、JR小倉駅の駅ビルの中にあるため、外から発車する光景を見ると異様にも見える。もともとは現在の平和通駅がモノレールの小倉駅だったのだが、駅ビル乗り入れ・延伸開業によって現在に至る。路線途中に小倉競馬場があり、レース開催時は大変混雑する。また、城野ではJR日豊本線日田彦山線、企救丘ではJR日田彦山線と乗換えが出来る。

(モノレール城野駅とJR城野駅とは距離がある。企救丘駅と乗り換える事の出来る駅はJR志井公園駅である)

駅一覧

駅名乗り換え路線備考
小倉
  1. 鹿児島本線/日豊本線/日田彦山線(JR九州)
  2. 山陽新幹線(JR西日本)
平和通
旦過
香春口三萩野
片野
城野
北方
競馬場前
守恒
徳山公団前
徳山嵐山口
志井
企救丘日田彦山線(志井公園駅)


関連タグ

九州の鉄道 モノレール 鉄道 小倉駅

pixivに投稿された作品 pixivで「北九州モノレール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 200

コメント