ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

説明

広島都市圏から広島県の住宅団地「スカイレールタウンみどり坂」を結ぶ交通機関として建設された短距離交通システム「スカイレール」によるモノレール路線「広島短距離交通瀬野線」(スカイレールみどり坂線)を運営していた鉄道事業者である。

主要株主は積水ハウス、青木あすなろ建設、三菱重工業神戸製鋼所の合計4社。


1994年(平成6年)に会社が設立され、「スカイレールみどり坂線」が1998年(平成10年)8月28日に開通。建設費も従来のモノレール新交通システム(AGT)と比べて1/3程度と安く、運営も低コストかつ工期も短いという長所を持っていたが、維持費を含めた採算性の面から2024年(令和6年)4月30日をもって運行を終了。その後の交通手段はEVバスに切り替えられた。

ちなみに、当初は2023年(令和5年)末に廃止予定だったが、代替交通機関のEVバスの準備が整わなかったため上記の日付に延期された。


スカイレールについて

ロープウェイモノレールを組み合わせたようなもの。これは、ゴンドラのような形をした懸垂式モノレール車両を、駅間ではワイヤロープで、駅構内ではリニアモーターを用いて駆動する方式の交通システムである。車体の支持・案内を桁構造と車輪で行っているため風に強く、ロープウェイやゴンドラリフトなどといった従来の急勾配向けの交通システムの弱点を克服している。


運行速度は18km/h - 25km/h。常用平均加速度2.5km/h/s 常用平均減速度3.5km/h/sの加速度性能を持ち、27%(約15度)の急勾配、半径30mの急カーブにも対応できる走行性がある。 「スカイレールタウンみどり坂」のような丘陵地の上に造られた住宅地と最寄の駅を結ぶ短距離の交通機関などに向いている。みどり坂線の場合は、全線の高低差が約200メートルもある。


駅から発車する際は、リニアモーターにて加速し始め、設定速度に上がった瞬間にワイヤーロープを掴んで出発するなど、世界的に例のない特徴的な動作をする。


関連タグ

広島県 モノレール 鉄道

スカイレールみどり坂線

ローレル賞:鉄道車両に贈られる賞の名称。1999年、同社保有の『200形』が受賞した。

関連記事

親記事

モノレール ものれーる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1266

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました