ピクシブ百科事典

折尾駅

おりおえき

北九州市にある筑豊本線と鹿児島本線が交わる駅。
目次[非表示]

概要

福岡県北九州市八幡西区にあるJR九州の駅。
当駅では駅舎の高架化や配線変更を進めており、完成すれば現在の十文字型立体交差と短絡線の配置から鹿児島本線ホーム(短絡線ホームを含む)と筑豊本線ホームが千葉駅大網駅のようなY字型に配置され、筑豊本線の線形が当駅前後で大幅に変更される。2021年(令和3年)1月2日に新駅舎が併用開始された。
完全高架化は2022年(令和4年)度の予定で、短絡線の高架化は2021年(令和3年)度となっている。

駅構造

2階にある鹿児島本線筑豊本線は単式1面1線と島式2面4線の複合3面5線の高架駅。
鷹見口が鹿児島本線と筑豊本線との短絡線上にあり相対式2面2線になっている。

なお、高架化後の配線構造は同一フロアに筑豊本線が1面2線、鹿児島本線が2面3線(1面は短絡線と共用)、短絡線(福北ゆたか線)が2面2線(1面は鹿児島本線と共用)に集約される4面7線の構造になる予定。新駅舎は各路線のホームが分岐する部分に新たに設けられ、改札口が一つにまとまる予定になっている。

階数乗り場路線方向方面備考
2階3鹿児島本線下り赤間博多鳥栖大牟田方面
4鹿児島本線下り赤間博多鳥栖大牟田方面
鹿児島本線上り八幡小倉門司港方面
5鹿児島本線上り黒崎八幡小倉門司港下関方面
6筑豊本線(福北ゆたか線)下り直方飯塚博多方面
7筑豊本線(若松線)上り若松方面
鷹見口A鹿児島本線(福北ゆたか線)上り黒崎八幡小倉門司港下関方面
B筑豊本線(福北ゆたか線)下り直方飯塚博多方面

利用状況


利用状況比較表

年度乗車人員乗降人員
2008年(平成20年)度16,484人32,968人
2009年(平成21年)度16,031人32,062人
2010年(平成22年)度16,096人32,192人
2011年(平成23年)度16,378人32,756人
2012年(平成24年)度16,322人32,644人
2013年(平成25年)度16,654人33,308人
2014年(平成26年)度16,182人32,364人
2015年(平成27年)度16,475人32,950人
2016年(平成28年)度16,228人32,456人
2017年(平成29年)度16,035人32,070人
2018年(平成30年)度15,758人31,516人
2019年(令和元年)度15,428人30,856人


余談

折尾駅で忘れてはならない名物駅弁・東筑軒の「かしわめしは歴史こそ元祖である鳥栖駅中央軒の「かしわめし」よりも新しいが(鳥栖駅は大正2年・折尾駅は大正10年に発売開始)、九州だけでなく全国でも有名な駅弁の一つとなっており、時折全国の百貨店で開催される駅弁大会で発売されることがある。また、折尾駅4番・5番ホームでは今では珍しくなった駅弁の立ち売りも行っている(水曜定休)。なお、九州で駅弁の立ち売りを行ってる駅は当駅以外では人吉駅と吉松駅でも行っているが、常時行っているのは当駅のみである

当駅は、日本初の立体交差駅である

関連タグ

若松線 福北ゆたか線 八幡駅 黒崎駅 福岡県内の駅一覧

関連記事

親記事

福岡県内の駅一覧 ふくおかけんないのえきいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「折尾駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15335

コメント