ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

江ノ電自転車ニキ

えのでんじてんしゃにき

2021年8月5日、江ノ電(江ノ島電鉄)沿線に突如現れた自転車に乗った外国人男性の愛称。ENO-NIKIとも。
目次 [非表示]

注意

この記事は賛否両論が多い案件です。偏向的、主観的、感情的な内容の記述はご遠慮願います。善悪を決めるのではなく、中立的な立場の記事をお願いします。また、一般人のため、名前や家族情報等の本人が公表していない個人情報は書かないでください


概要

江ノ電自転車ニキとは、江ノ電の人気列車の横を自転車で走ってしまい、多くの鉄道ファンに写真を撮られた一般人男性のこと。

この時に撮影された写真がTwitterで話題になった。なお、男性と鉄道ファンのトラブルについては「龍の口の騒乱」「令和生麦事件」「撮影戦争」とも呼ばれている。


詳しい経緯

2021年8月5日23時頃、神奈川県を走る江ノ島電鉄(通称:江ノ電)の人気車両「300形」305編成の定期検査後の試運転が行われた。江ノ島駅腰越駅間にある「龍口寺前交差点」付近は、路面電車のような区間になっている人気の撮影スポットで、多くの鉄道ファンが綺麗に塗り直されたばかりの同列車を撮ろうと(横断歩道上に並んで)集まっていた。しかし、自転車に乗った地元在住の外国人男性がお目当ての試運転列車と並走する形で現場を通過。写真に彼が写り込んで車両の一部が隠れてしまった上に、陽気にも手を上げて大きく振るような仕草をしたため、撮影の邪魔をされたと思い腹を立てた一部の鉄道ファンが彼を取り囲み、「ふざけんな!」「何時間待ったと思ってるんだ、こんなの金だろ金!」と罵声をあげ、金銭を要求するなどのトラブルに発展してしまった。


その後

この様子はTwitterで拡散され、一般人にも知れ渡るようになり、トレンドに関連ワードが数日間入るなど良くも悪くも話題になった。


現場当時の殺伐とした雰囲気はさておき、この写真そのものに対しては、「普通の鉄道写真よりもずっと芸術性があって良い」「男性が地域密着型の江ノ電を現していて良い」「男性が楽しそうにしていて良い」等、好意的意見が多く見られた。また、ある意味シュールな光景のため、パロディイラストも描かれるようになったり、コラ画像が作られたりと一種のブームとなる。そしていつしか、この男性は「江ノ電と並走していた自転車に乗ったアニキ」を略して「江ノ電自転車ニキ」と呼ばれるようになった。


後にこの男性、地元でタコス屋を経営していると判明し、撮影妨害された鉄道ファンは報復としてグルメサイトに酷評するレビューを多数投稿。それに対して見かねた一部の層が擁護すべく称賛レビューを投稿する対立に発展。流石に見かねたサイト運営にそれらのコメントは削除されたものの、この騒動で店の知名度が偶然にも上昇することになる。また、本人は更にこれを省略し「ENO-NIKI」と名乗っている。


なお、罵声を上げた当事者達は、後日タコス屋に謝罪しに行った模様。


問題点・注意点

以下に今回の事件における問題点やそれに関連した注意すべき点を挙げる。ただしすべて独立した問題であり、男性側に問題があるからといって鉄道ファン側の問題が軽減されるわけではないし、逆もまた然りである


鉄道ファン側の問題点

近年、撮り鉄と呼ばれる写真専門の鉄道ファンが、撮影場所を巡り暴力事件を起こす無断で私有地に侵入する撮影に邪魔な木を勝手に切断するなどのトラブルを引き起こして、度々ニュースに取りざたされており、撮り鉄へのイメージが低下していた。


有料撮影会などとは違い、今回の場合はあくまで鉄道会社のご厚意によって無料で写真を撮らせてもらっているのに、撮影がさも当然の権利かのように我勝ちにベストポジションを争って、邪魔になる存在に対して罵声を浴びせている。これは明らかなマナー違反である。


いくらいい写真を撮りたいからといって、通行人に罵声を浴びせる、金銭を要求するなどの行為は、迷惑行為を軽く通り越して立派な犯罪であるので、撮り鉄へのバッシングを疎むのであれば、努めてこのようなことがないようにしてほしい。横断歩道上の撮影も、信号待ちで車がいない場合であっても、道路交通法違反になる可能性があるので思いとどまるべきである。


また、一部の鉄道ファンが男性の店に対して店と関係ない理由での低評価レビューや荒らし行為を実行していることが確認されている。当事者であってもなくても、鉄道ファン全体への風当たりを強くするような行為は厳に慎むべきである。


江ノ電公式から撮影マナーについてのお願い

今回の件は道路上で起きたトラブルのため、江ノ電は介入が難しく、もし対応が必要であれば警察が出動することになるとのこと。撮影はルールやマナーを守って迷惑を掛けないように楽しみましょう。


男性側の問題点

江ノ電は道路上や軒先等を走る区間も少なくなく、容易に線路(列車)のすぐそばまで近寄ることが可能で、実際に線路の近くを歩いていたり渡っていた人や車が列車と接触する事故も年に数回ペースで発生しており、安全上の問題となっている。


安全な距離があれば問題ないが、男性は線路敷ギリギリを片手運転で走っており、運転を誤って列車側に倒れれば生命の危険まで及びかねなかった。幸いにも運行上の支障は生じなかったが、もし列車を緊急停止させるなどしていたら男性側へのバッシングも免れなかったであろう。


なお、とある鉄道会社(江ノ電とは別の会社)は、「突発的な体調不良等で転倒しても、列車にぶつかることのない距離を取ってほしい」としている。


外野の問題点

こうした事件では恒例とも言える撮り鉄叩きも起きている。一般的に知られているように、撮り鉄はマナー違反者が多い実態があり、そういった世間からの目や評判を長年無視してきたため、過度な撮り鉄バッシングにも繋がっている。


自業自得としばしば言われる界隈ながら、だからと言って全ての鉄道ファンが悪いわけではないという事実を理解しないのはお門違いである。実際に元の写真を撮った撮り鉄の中には「ハイタッチおにーさん ユーモアのある素敵な外人さんでした」と好意的なつぶやきをしている者もいるため、全てを思慮なく一纏めにしてここぞとばかりに感情的な批判を浴びせる(「撮り鉄は全員障害者」「鉄道ファンは趣味ではなく病気」等)のは、どんなに義憤に駆られた末の発言とて見当違いである。


また残念なことに、男性の行動を真似して似たような写真を撮ろうとしたり、鉄道ファンの撮影を故意に妨害したりする様子を投稿している人もいる。先述の通り、これらの行為はトラブルや事故の原因となるため好ましくない。


反響

本人はこの件についてこのように述べている。→映像

また、Twitterで話題になっていることも把握してるらしく、Instagramでは本人自身がコラ画像を投稿したりしている他フォロワー数が4万人を突破するなど大きな波紋を起こした。

この事が再びTwitterなどで話題になり、事件が起きた数日後の8月9日には彼のタコス屋に大行列が出来るほどの混雑が起きた。地元民にも江ノ電で話題になった店と知られていたらしい。


また、各種メディアにも取り上げられ、台湾のニュースの他、読売新聞のコーナーにも掲載された


2022年1月2日放送のテレビ東京この世はご報告であふれてる』でも取り上げられ、後述の自身がパロディされた漫画雑誌と供に登場した。


トラブル1年後の2022年8月5日には、自転車ニキ自身のInstagramにて1周年を祝う画像がアップされ、このようなインタビュー記事も書かれた。


まさかの商品展開

同年9月には、彼が経営するタコス店にてTシャツパーカーの販売を開始。

更にはLINEスタンプも発売された。ちなみに、LINEの画像編集機能を使えば、好きな列車とニキを組み合わせられる。

同年12月31日には店を休業し、東京ビッグサイトで開催のコミックマーケット99に参加。江ノ電の同人誌などを発行するサークル『イナシュウ』とのコラボで、アクリルスタンド等の新グッズを販売した

アクリルスタンドの発売はニュースになっており、制作までの経緯なども紹介されている。ニュース記事


パロディなど

  • 2021年9月29日森山直太朗がリリースした「遠くへ行きたい」のSNSキャンペーンとして、「#遠くへ行きたい直太朗ニキ」を開催し、コラージュ画像を10月6日まで募集した。この際、江ノ電自転車ニキとのコラボレーションや、森山直太朗が左手を挙げて自転車に乗った素材の配布が行われた。(参照)
  • 週刊少年ジャンプ連載の漫画逃げ上手の若君第39話扉絵にて、江ノ電自転車ニキをパロディしたイラストを掲載、Twitterトレンドに入るなど話題になった。なお、イラストの車両は鎌倉行きの1500形で、ナンバーは架空の1335号車とされている。同作品は北条時行の生涯を描く歴史漫画で、北条時行が処刑された場所が龍ノ口刑場=江ノ電自転車ニキ事件の現場後ろの寺なので、一応作品とも関係がある場所ではある。なお、江ノ電自転車ニキ本人に認知されている模様。
  • イブニング連載の金田一少年の事件簿シリーズの最新作『金田一少年の事件簿30th』においては、主人公の金田一一がテスト当日に遅刻した1話の初登場シーンを江ノ電自転車ニキのパロディポーズで飾っている。
  • ネコ・パブリッシングが発行する雑誌「鉄おも!」の2022年2月号(第169号)に「でんしゃカルタ」が付録で付いているが、「まちなかをがたごとはしるえのしまでんてつ」の絵札が、江ノ電自転車ニキをパロディしたイラスト(龍口寺前交差点を走る305編成と自転車に乗って手を振るうさぎのキャラクター)となっている。
  • アニメ版「ポプテピピック」第2期5話の中で、きかんしゃトーマスの様な顔がついた列車になったポプ子ピピ美の横を、邪神が左手を掲げながら自転車で並走するというシーンがあった。

関連イラスト

pixivでは主に江ノ電自転車ニキを別のキャラクターにしたパロディイラストが多く投稿されている。

大佐が邪魔。ゴルシ

江ノ電ニキ例の江ノ電とスーパーカブ


また、珍妙な行動から『ウマ娘プリティーダービー』に登場するゴールドシップによるパロディも多い。

ウェーイセンシティブな作品

江ノ電セグウェイネキ江の島と


なぜ撮り鉄が集まったのか

商店街を走る江ノ電江ノ電300形顕証寺前、江ノ電と富士山

彼らが撮影していた「江ノ電300形」は、かつて6編成が活躍したいわば江ノ電を象徴するような車両。しかし、老朽化にともない新型車両への置き換えが進み、現在は305編成と呼ばれる1960年に製造された1編成のみが残る。旧式の装備を現在も残す最後の昭和レトロな車両として、観光客からも人気がある車両である。前述の通り老朽化が進む古い車両のため、いつ引退してもおかしくなく、検査を受け、再塗装され、試運転する姿は貴重(=次があるか分からない)であると、多くの鉄道ファンが集まった模様。ただし、検査や試運転の日程は非公開で、江ノ電もなぜ彼らが日程を知っていたか分からないとのこと。「検査のためしばらく走らない」という情報は発表されていたので、検査が終了する時期に工事内の様子を見に来て試運転日を予想し、仲間に情報を流したのではないか?と推測されている。


関連タグ

江ノ島電鉄 江ノ電 江ノ電300形 Twitter発のネタの一覧 撮り鉄


外部リンク

本人のTwitter(X)アカウント

関連記事

親記事

江ノ島電鉄 えのしまでんてつ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 878133

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました