ピクシブ百科事典

ピピ美

ぴぴみ

大川ぶくぶ原作の漫画『ポプテピピック』の長いほう。
目次[非表示]

カツ丼くえよ…カツ丼くえよ!!
お前の頭はハッピーセットか
いっぱいちゅき

CV:(後述)

概要

長いほう。キングレコードにハシゴを外された。

ポプ子と同じく14歳の中学2年生。
顔がポプ子の2倍ほど縦長。青い髪(または黒髪)のぱっつんストレートヘアーを腰近くまで伸ばし、頭頂部に赤いリボンを付けている。
特にネタ内での理由がない限り、ポプ子と同じセーラー服を着用している。靴下も同じ白いものを履いているが、単行本1巻69話のみなぜか黒靴下になっていた(同じく69話に出ているポプ子は白靴下のまま)。

ポプ子の親友にして最高の相方で、狂犬・ポプ子に対するツッコミ役であるが、彼女の暴走を呑気に静観したり、逆に加担しダブルボケになることも多々ある。
ポプ子のことは「いっぱいちゅき♡」らしく、彼女を蔑んだり苦しめる者には自らが報復することも(COOL TIMEは例外)。ちなみにこの「いっぱいちゅき♡」ですらも、言い方を考えると完全に中の人ネタである。

基本的には冷静で、凄まじい剣幕で怒りを露わにするポプ子に比べ表情を歪めることはほとんどないポーカーフェイスの持ち主だが、一方でやけに血生臭い台詞を発したり、殺人に携わったような描写が見られるなど、ポプ子とはまた違った危険な香りを漂わせるサイレントキラー。
割と器用でもあり、作中では料理人ミュージシャンなど様々な職業を演じたり、機械(兵器含む)の運転・修理、カウンター攻撃など多彩な才能を披露する。また頭部を延々と伸ばす謎の能力もあったりとやはり人間離れしている。

たまにヘルシェイク矢野マグマミキサー村田のことを考えている。

声優

話数名前備考
第1話Aパート 大塚芳忠作者の「リクエスト
第1話Bパート
  • anコラボCMBパート
日髙のり子浅倉南
第2話Aパート 竹達彩奈petit milady
第2話Bパート
  • バクレツモンスター
千葉繁
第3話Aパート
  • ポプテピ記念 Aパート
  • 上坂すみれ唯一事前発表されたキャスト
    第3話Bパート
    • ポプテピ記念 Bパート
    若本規夫セル
    第4話Aパート佐藤聡美
    第4話Bパート神谷明冴羽獠
    第5話Aパート小林ゆうツチノコ
    第5話Bパート 杉田智和磁石コンビ
    第6話Aパート名塚佳織エウレカ
    第6話Bパート梶裕貴
    第7話Aパート矢島晶子野原しんのすけ
    第7話Bパート鳥海浩輔今泉俊輔
    第8話Aパート田所あずさ霧矢あおい
    第8話Bパート浪川大輔イタリア
    第9話Aパート今井麻美如月千早
    第10話Aパート
    • バクレツモンスター
    三森すずこ
    第10話Bパート 高木渉
    第11話Aパート能登麻美子
    第11話Bパート銀河万丈ジャン・ポール・ロッチナ
    第12話Aパート三石琴乃
    第12話Bパート中田譲治言峰綺礼
    第13話Aパート(青龍ver.)堀江由衣
    第13話Bパート(青龍ver.)石田彰アスラン・ザラ
    第13話Aパート(朱雀ver.)戸松遥
    第13話Bパート(朱雀ver.)緒方賢一
    第13話Aパート(白虎ver.)田中敦子草薙素子
    第13話Bパート(白虎ver.)小野賢章ジョルノ・ジョバァーナ
    第13話Aパート(玄武ver.)東山奈央
    第13話Bパート(玄武ver.)福山潤
    第14話Aパート(青龍ver.)井上喜久子北原杏樹
    第14話Bパート(青龍ver.)島田敏パプテマス・シロッコ
    第14話Aパート(朱雀ver.)福原香織柊つかさ
    第14話Bパート(朱雀ver.)秋元羊介東方不敗
    第14話Aパート(白虎ver.)佐久間レイマイメロディ
    第14話Bパート(白虎ver.)遊佐浩二ウラタロス
    第14話Aパート(玄武ver.)横山智佐真宮寺さくら
    第14話Bパート(玄武ver.)子安武人
    竹書房クエスト Aパート伊瀬茉莉也キルア=ゾルディック
    竹書房クエスト Bパート大塚明夫ソリッド・スネーク
    ポプテピピック++
    • 女声
    田村睦心ソーニャ
    ポプテピピック++
    • 男声
    水島裕サモ・ハン・キンポー


    またピピ美は『POP TEAM STORY』内においてAパートの段階でBパート担当の声優に関する伏線を張っている場合があった。

    話数内容声優備考
    第1話となりのトトロ』パロディ日髙のり子元ネタの作品で草壁サツキ役で主演
    第3話「ザ・ドキュメント」のラストシーンでピピ美の衣装が『ストリートファイター』シリーズのベガ若本規夫元ネタの作品で2000年からベガの声を担当
    第4話「SWGP2018」の参加選手に混ざって『名探偵コナン』でお馴染みの犯人が登場神谷明元ネタの作品にて長らく毛利小五郎役で出演していた
    第10話「銀座ホステス探偵」が『名探偵コナン』などのミステリーもののパロ高木渉元ネタの作品に高木刑事・小嶋元太役で現在も出演中、しかもポプ子の声が2代目毛利小五郎
    第12話竹書房襲撃の際のモブの発したセリフの一部が『ニンジャスレイヤー』で有名なセリフ「ザッケンナコラァー!」、さらに…(後述)中田譲治元ネタのアニメ化作品『ニンジャスレイヤーフロムアニメイシヨン』でヤクザ天狗で出演。しかもポプ子の声がダークニンジャ

    なお「POP TEAM STORY」ではないものの「ポプテピクソみくじ」において含まれていたおみくじの結果の中に含まれていたものに第11話Bパート担当のむせるつながりを予言したものなのか伏線なのか判断しづらいネタが既にあった。

    竹書房クエストでは初回起動で「またせたわね」と大塚明夫氏のボイスが出るのだが、この時点(配信初日はサーバーメンテナンスだった)ではポプ子とピピ美のどっちを担当したのかはわからないままだった。

    余談

    • その長~~い頭が最大の特徴であるが、作風上長い部分がアゴなのか首なのかそれ以外なのか判然としないため(作中では縦に伸びたことがある)、pixivの投稿者の中にはイラストで逆作画崩壊(美化)させる際どうすればいいのか頭を悩ませる者も多い。不格好にならない範囲でできるだけ面長にし、体の身長も高めに描かれる傾向がある。「TV Bros.」の表紙に載ったものはかなり足が長い。
      • アニメ版OPの一部でポプ子とピピ美が後ろ姿のみ「逆作画崩壊」するシーンがあり、ここでもピピ美はポプ子より背が高く描かれている(振り向くといつもの姿になるが)。
      • 温泉回の第10話では逆作画崩壊からの湯けむりでデフォルトの首が異様に太い裸を見せた。
    • 第4話は伏線がこれまでより多く、その中でも放送前の段階で神谷明氏は自身のTwitterアカウントで「久々のアニメ収録」を明かしており、その内容が『ポプテピピック』収録現場としか思えないぼかし方をしていたり(当初の段階では一見してそれとはわからないものだった。異説もあり)、第1話放送日の翌日にブログにて『ポプテピピック』について触れたりしていたため、早い段階でネット上で出演が予測されていた。この時ポプ子役は「『シティーハンター』で槇村香役だった伊倉一恵女史」「『キン肉マン』でテリーマン役だった田中秀幸氏」「同じバンドで活動していた古谷徹氏」といった予想も少なからずあったが、いざフタを開けてみると海坊主役の玄田哲章氏だった。
      • 余談の余談になるが、神谷氏はかつてその出演料の高さ及び多忙さにより大塚氏と千葉氏に持ち役を譲ったことがある(アメリカ映画『ポリスアカデミー』シリーズの主人公マホニーの吹き替え、『ドラゴンボールZ』のガーリックJr.役)ため、ピピ美を演じたことにより事実上、今度は大塚氏と千葉氏が演じた役を神谷氏が引き継いで演じたことになる。
      • さらに余談となるが、予想でも多かったシティーハンターコンビだったが、後日に2019年公開予定の「『シティーハンター』新作劇場版アニメ」が製作されている事が発表された。しかも当時のスタッフ・キャスト集結というものであり、『ポプテピピック』Bパートは偶然だったのかそれとも…?
      • 神谷氏のようなことがあってからは、「もし声優やタレントがTwitterでアニメ収録の話題を出したり『ポプテピピック』について語っていたりしたら、それは『ポプテピピック』(特にピピ美役で)出演の可能性がある」とまで囁かれてしまっていた。例としてはこの2人とかこの人が…ただし、この人は本当にキャスティングされるはずだったが、相方のスケジュールの都合が付かずに幻に終わったという。
    • ピピ美を担当する声優陣は原作での立ち回りとは逆にポプ子の声優よりも比較的アクの強い面々となっている。ただし、第5話Aパート担当は二人とも混ぜるな危険」「生物兵器の実験場」と呼ばれるほどアクが強かった。
    • 第5話では、偶然かAパートBパートそれぞれのコンビが「ゆう&とも」の組み合わせになった。特にBパートのコンビは奇しくも「アニメ! アニメ!」にて実施された声優予想アンケートで1位を獲得した組み合わせであるが、製作側が意識していたかは不明。
      • 第6話Bパートのコンビは上記のアンケートでは19位。
    • 7話Aパート担当の矢島晶子と第8話Bパート担当の浪川大輔氏は共に『STAR WARS』シリーズのアナキン・スカイウォーカーの吹き替えを担当している(前者は少年時代、後者は青年時代)。
    • 第10話Bパートはなんとコナン声優が3人という凄い組み合わせになっていた。これはAパート・Bパートの両方で『POP TEAM STORY』に登場した人物の目暮警部のパロディ「日暮警部」の声を担当していたのがまさかの茶風林氏だったため。なお『ポプテピピック』で新旧共に小五郎の中の人が出演した事にもなった。
    • 第12話Bパート担当の速水奨氏と中田譲治氏はネットでカルト的人気となったTwitter連載Web小説ニンジャスレイヤー』のアニメ化作品『ニンジャスレイヤーフロムアニメイシヨン』でダークニンジャとヤクザ天狗の組み合わせでもある。ネットの口コミで話題になった作品の『ニンジャスレイヤー』『ポプテピピック』という共通点もある。なお、非常に細かい話になるが実はもう一人繋がりが存在し、第12話で再登場した委員会のひとりが麦人氏であり、委員会自体はコレのパロディなのだが、なんと『ニンジャスレイヤーフロムアニメイシヨン』では麦人氏がナラクを演じていた為ニンジャスレイヤーの出演者が3人という組み合わせでもあった。
    • コナミの『麻雀格闘倶楽部』に『ポプテピピック』と同時に『ときめきメモリアル』もコラボしているのだが、よりにもよってピピ美と藤崎詩織が悪魔合体するクソコラボ(公式発言である)を果たした。しかもポプ子からは例のいやよくみたらクソむかつくと言われている。さらにいうとバグメモネタがコナミ公式で使われる事態に。
    • 第13話冒頭ではまさかのロボット化。いわゆるバリってる。デフォルメの三頭身とリアル系ロボットを彷彿とさせる八頭身に変形するロボットとなった。
    • 同じく第13話(青龍Ver.Aパート)の井上喜久子女史は艶のある声全開の「お姉ちゃんボイス」満載だったが、「POP TEAM STORY」ではなんと伝説のボスのボイス全開というクソアニメでありながら知らない人には強烈に感じる演技をみせつけた。しかも竹書房クエストでは大塚氏のスネークボイス…ボスとスネークの師弟揃ってピピ美をやるとは。
    • 2019年6月23日に第6話Bパート担当の梶裕貴と第2話Aパート担当の竹達彩奈の電撃結婚が発表されたが、それから30分も経たないうちに大川氏によりこのようなイラストがアップされ「仕事が早すぎる」と話題となった。


    関連タグ

    ポプテピピック ポプ子

    ナコルル:髪型の特徴が似ている為、一部でピピ美タッチのナコルルを描いた者もいる。
    錫華姫:こちらも髪型がそっくりで、しかも中の人が第11話Aパートと同じ。
    藤崎詩織:『麻雀格闘倶楽部』で、ピピ美がコラボの際コスプレした。しかも鏡まんのセリフを公式で使われた。

    関連記事

    親記事

    ポプテピピック ぽぷてぴぴっく

    子記事

    兄弟記事

    pixivに投稿された作品 pixivで「ピピ美」のイラストを見る

    このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12506130

    コメント