ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「どけよ。先頭はオレが走るんだよ!!」
「総北のエースはオレです」

プロフィール

学年・出身中学 千葉県立総北高校1年3組→2年2組 - 市葉第三中
タイプオールラウンダー
愛車青と白のSCOTT(アニメではSCOLT)
身長181㎝
体重65㎏
BMI19.8
誕生日5月18日
星座牡牛座
血液型A型
ゼッケン番号175(IH1年目)2(2年目)
イメージ動物ウサギ

CV:鳥海浩輔、幼少時代:新田早規藤村歩
演(舞台):太田基裕 和田雅成 猪野広樹
演(ドラマ):木村達成
演(映画):伊藤健太郎

人物

千葉県立総北高校の新入生であり、坂道と同じく高校一年。
学校裏の激坂を歌いながらママチャリで登る坂道に興味と脅威を感じ、自転車競走を仕掛ける。
背が高く、非常にクールな性格で、大抵の事には無感動。
その風情を癪に思ってか、鳴子からは「スカシ」というあだ名で呼ばれる。
マネージャーの寒咲幹とは、幼少からの顔見知り。
女子の間ではイケメンで有名。人前に出る度、黄色い声を浴びている。
まとまった黒髪の頭から横跳ねに飛び出ている何本ものくせ毛(?)が特徴。

冷静な計算に基づくシフトチェンジを使いこなしたライディングを売りにしているが、その実は、「世界最速」を目標として勝利に拘る極度の負けず嫌い。時に理性を越えた感情的な走りを見せ、物語の中で獣性を会得していく。
中学時代は県内屈指の自転車レーサーだったが、大会で1位のある人物に大差をつけられ準優勝で終わったことを痛恨に思い、それをバネとし高校入学後もさらに厳しい自主トレを積み続けている(自室には3本ローラーが置いてあり、部屋の中で自主トレができる広さ。練習後には胃腸回復のために乳酸菌飲料を欠かさず飲んでいる(公式ガイドブックⅡより))。

地形にかかわらず力を発揮するオールラウンダータイプで、新生エースの素質を買われて金城のアシストに就き、金城脱落後や翌年のIHではエースを務めている。
同じく負けず嫌いなために、言い争いが絶えない鳴子とは何かと張り合う節がある一方で、坂道のことは(本人は意識していないが)その言葉や頑張りを見て何度も助けてもらってると言い信頼している。

運転手付きの送迎車で通学している描写があり、巻島邸を見てもさほど驚かなかったため、家が金持ちあることが伺え、後述のハワイに行く話をした時は鳴子も僻むほど。家の大きさ(アニメ1期2話Cパートでの坂道の家と比較してもやはり大きい)や複数台の自家用車があることも然ることながら、アニメ2期16話の回想では送迎付きで制服のある私立の小学校に通っていたり、夕食がステーキだったことからその家庭環境が伺える、更には2年のIH明けの短い夏休みには家族でハワイ旅行に行きゴルフをしている描写がある。
家族は両親の他に妹がおり、前述の中学レースでも述べた”ある人物”に「事故で死んだ」と言われていた母親もしっかりと健在である。

使用車両について

使用車両はは青のSCOTT。実車ではCR-1がモデルとされている(以下、モデル車種については参考までに)。原作初期の車体デザイン(車体色は除く)はメーカー名が旧ロゴタイプのAddict Team Issue08年モデルがそれに近い。
1年目のIHでフレームのダウンチューブ側(ハンドルとペダルを繋いてる場所、主にメーカー名が入ってる箇所)に致命的なクラックが入ったためIH終了後に車両を一新している。その新車は少し明るめの青の車体に電動コンポ(シフトを電動で操作できる。シマノでは『Di2』の呼称を使用)を搭載し、同時にホイールも一新している。なお、こちらの車両は2015モデルのFoilがモデルとされている。

SCOTTにしたきっかけは、少年時代の誕生日プレゼントに両親に小さくなった自転車(アニメでは緑色のクロスバイク)の買い替えを勧められ寒咲自転車店に訪れた時に通司から試乗用に貸し出されたジュニアサイズのロードに乗ったことだった。当初こそは自転車はどれでもいいと言っていたが、この車両に乗った途端その乗りやすさに感動して購入を決め、以後同じメーカーと車体色にこだわっている模様。

ドラマ版ではCR-1の後継モデルであるADDICTをベースにしているが、近年は青いフレームのラインナップはないためデザインを新たに起こして黒/赤のフレームをべースにリペイントを施している。この車両に搭載されているコンポは11速が使用されており、原作では「ギア10枚のロードレーサー」と言っているが、本作ではそのまま変更せずに使用している(ただしフロントは原作通りコンパクトクランクに交換している)。
なおこの車両はチャリティ出品された模様。

実写映画版もADDICT10(2019モデル、黒/蛍光イエロー)がベースとなっており、新たに同じカラーで製作された車両である。ただしダウンチューブのSCOTTロゴがドラマ版のと比べ小さい。参照

IH1年目の合宿では「シフター封じ」として固定ギアでの1000キロ走破となった。原作、アニメではブレーキ/シフター兼用レバー(シマノではSTIレバーの呼称を使用)を外してのシフター封じを行っているが、ドラマ版では撮影の都合でシングルギア仕様にして物理的にシフトできないよう施されている。
2年目は鳴子と共に坂道が前年に課されたハンデと同じ、重いホイールを履いての1000キロ走破というハンデを自らにも課し、鳴子と1000キロ走破一番乗りを争うが僅差で敗れている。

スコットは単行本ではアメリカと表記があるが、wikiや新聞記事などではスイス製とされている(これはどちらかが間違っているという訳ではなく、アメリカでアメリカ人、エド・スコットが起業し、現在はスイスに本社があるということ)。

その他

古典が得意科目、苦手なのは後輩を誉めること、映画のサントラをよく聞いている

1年目のIHで坂道が優勝した時に「アニメ部を復活させるために走り始めたこと」を思い出し、IH後に坂道が自転車部を辞めるのではないかと思っていたが、杞憂に終わったことを後に坂道に話している。

アニメ版のおまけ部分では、坂道の影響からか段々とアニメに触れていくようになっていく彼の姿が見られる。

彼のキャラソンは異様なまでに声のトーンが高くなるため、3期OPである「Be As One」ではなかなか彼のパートが見つからないという声も少なくなく、今泉単独のキャラソンの場合も普段はクールな今泉からは想像もできないような歌声を発揮する。
今となっては、pixiv内の作品でもそういう漫画も少なくない。

実写映画版で彼の役を演じる俳優田所中の人と同姓同名ではあるが、もちろん別人である。


関連イラスト

おめでと!
今泉俊輔


先頭が好きなんだ
授業はあんまり聞いていな泉君



関連タグ

弱虫ペダル
小野田坂道  鳴子章吉  杉元照文

関連記事

親記事

総北 そうほく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「今泉俊輔」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17042910

コメント