ピクシブ百科事典

総北

そうほく

漫画『弱虫ペダル』に登場する架空の高等学校の名前。
目次[非表示]

千葉県立総北高校』の略称。

概要

千葉県に所在する県立高校。

最寄り駅は『学園上総駅』であり、駅からバスで15分(アニメでは駅から学校行きの路線バスが、ドラマではスクールバスが走っている)。
房総半島北部の小高い山の上にあり、学校の表と裏に坂があり、裏の方が斜度の大きな激坂となっている。作中特定は無いが表門坂四キロの道のりを考え、日本の道路基準(平均斜度5%前後)から考えると標高200メートル前後の山頂に立地と非常に特異な一般教養の公立高である。
駅に近いのは正門だが、道のり的に見ると秋葉原へは裏門からの方が近いらしい。
なお、学校から秋葉原までは道のりで45km以上。
裏門坂は、その麓に小さな橋がかかっており、一体の小さなお地蔵さんがある。

学校周辺は市街地だが、13km走ると川があり、そこからは信号の少ない田園が広がる。
田園地帯を12kmほど走ると、その後は峰ヶ山に道が続き、山を越えた先には亀山ダムがある。
峰ヶ山では毎年、地元ロードレースとして「峰ヶ山ヒルクライム」が開催されている。

アニメ版では京成佐倉駅(単行本同梱版のOVAのみ原作と同じ学園上総駅)が、ドラマ版では原作と同じ「学園上総駅」がJR東日本内房線青堀駅に設定されている。

校舎は千葉県内のとある公立高校がモデルとなっている(公式でアナウンスされてるかは不明なため校名は記載しない)が、その学校は市街地にある。

自転車競技部

個別リンクのない登場人物はこの項で登場人物紹介に代える。

メンバージャージ

寒咲通司


公式大会出場用のジャージは白と黄色を基調としたデザインで、襟から袖にかけてと横の部分に赤いラインが入る。
基本的には上着横の部分に「KANZAKI C.S」の文字が入るが、アニメのみ省略されて赤いラインの中に白いラインが入る。

金城世代

金城真護田所迅巻島裕介
石道の蛇
田所
日焼け巻ちゃん
オールラウンダースプリンタークライマー


手嶋世代

手嶋純太青八木一古賀公貴
赤の主将
❢
古賀公貴
クライマー(三年生)スプリンター(三年生)オールラウンダー(三年生)


坂道(主人公)世代

小野田坂道今泉俊輔鳴子章吉
春のピンク祭り
先頭が好きなんだ
鳴子
クライマーオールラウンダースプリンター/オールラウンダー(二年生)
杉元照文
杉元照文
ルーラー


鏑木世代

鏑木一差段竹竜包杉元定時
ピース!
段竹
おん!
スプリンター


IHメンバー

ゼッケン番号学年名前
1年目

総北の皆さんw


1713年金城真護1723年田所迅
1733年巻島裕介1741年鳴子章吉
1751年今泉俊輔1761年小野田坂道

2年目

総北のみんな絵ログ


12年小野田坂道22年今泉俊輔
32年鳴子章吉43年青八木一
53年手嶋純太61年鏑木一差

寒咲幹


坂道たちの同級生で、部のマネージャー。

監督。外国人であり、英語教師をしている。
部の補習授業を担いながらも、部員らに自転車を漕ぎに行かせるなど、陽気な性格。

坂道たちと同級生で、坂道より先に入部していた。合宿は風邪で欠席するなどもはや幽霊部員(後に退部していたことが明らかになる)。ただしアニメ版では金城ら3年へ贈られた色紙に名前が入っていた。
このまま出番がなくフェードアウトしたかと思いきや、636話で川田と共に再登場する。
実写映画版では未登場(もしくはモブ扱い)の手嶋ら2年生組に替わりサポートを務めている。

  • 川田拓也
CV:下和田ヒロキ
演(ドラマ):沖津海友
演(映画):小日向流季
坂道たちの同級生。桜井と共に坂道たちより一足先に入部していた
ウェルカムレースではレギュラーで走りたい一心から追い越し禁止である市街地区間でルールを破って先行するが、一時は坂道にも抜かれ、最終的には杉元や桜井にも抜かれて5位に終わる。その後退部し、中学の時に所属していたテニス部に転向した。
そのままフェードアウトしたかと思いきや、636話で桜井と共にまさかの再登場、テニス部を退部して桜井と共に自転車競技部に再入部する。退部前の面影は全くなく、ほぼ別人と言ってもいい姿だった。テニス部退部の理由も自身の素行不良を先輩に咎められたことによるもの。なにやら同学年の自転車部メンバーにはウェルカムレース時の私怨を持っている模様。

  • 谷口
2年。IHの合宿を古賀・桜井と共に欠場している。原作では5巻でとても小さいカットでしか出ていない。アニメでは1期10話(巻島の投げたジャージを受け取るシーン)と3期1話(主将交代の部室内で古賀の隣にいる)に登場しているが、1期と3期ではキャラデザが違うこともあり、登場した姿が別人かと思うくらい大幅に違う。

  • 沢田
CV:米内佑希
鏑木たちと同級生。鳴子に憧れているスプリンター。ゴリ蔵とセット扱いされている。
ウェルカムレースでは前年の川田同様ゴリ蔵共々市街地区間でルールを破って先行しようとするが、杉元兄に止められた。ちなみにレースは13位でゴール。
2年IH後に坂道が主将に選ばれた際、今泉が選ばれると思っていたと口にする(これには坂道も同調していた)。

  • ゴリ蔵
CV:かぬか光明
「ゴリ蔵」は渾名で本名は不明。沢田と同じく鳴子に憧れているスプリンター。
「おほっ」と「ハイペース」が口癖で自称犬好き。ウェルカムレースは12位。

  • 白岩
CV:坪井智浩
 スペアバイク「巻島編」に登場。金城世代の1学年上。
巻島の独特のダンシングを変なダンシングと言い、もう一人の部員と共にフォームを矯正するようアドバイスする。しかし峰ヶ山ヒルクライムで巻島がそのダンシングで優勝+コースレコードを叩き出してからは何も言わなくなった。

その他

幹の兄。部のOBであり、金城たちが1年生の時の元主将。

幹の友人。テニス部所属。

  • 東戸
CV:大畑伸太郎
初登場時2年生、手嶋と同じ南中出身。渾名は「ヒガシマル」。中学は同じ自転車競技部だったが、高校はバレー部に転向している。手嶋が主将になった際はカラオケに誘い、気になってたという女子部員を誘ったりしている(その手嶋からは時間がないと言われて断られている)他、IHにも初日のスタート前に応援に駆け付けたり、3日目の手嶋と葦木場が戦う山岳ステージを職員室のラジオで聞いていた。何故か葦木場からは「町田くん」(幽霊部員だった生徒)と名前を間違われている。

  • 小山田
演(ドラマ):井上肇
坂道が苦手なタイプとしている総北高校の体育教師。原作では名前はなくドラマ版の名前である。坂道が校内の掲示板にアニ研の部員募集の張り紙を張る姿を見て許可なく貼っていたとして注意し、その張り紙を剥がした上に面前で破り捨てた。原作ではラグビー部の名の入ったジャージを着ていたためラグビー部の顧問であるものと思われる。アニメ版では登場しない。

  • 中川
演(実写映画版):深水元基
劇場版での坂道の担任で、休止したアニメ研究部の顧問も担当している。アニ研復活を願い出た坂道に部員を5人集めるよう伝え、友達がいないという坂道にしっかりしろと喝を入れる。ジャージ姿で登場しているため体育教師である可能性が高いが、原作やドラマに登場した小山田のような威圧感を出すタイプではない。

  • 川端
 スペアバイク「巻島編」に登場。
寒咲通司の同級生。巻島曰く「剛腕の超コワイ先輩」。某カップ焼きそば並の四角い顔でロードを片手で持つ姿で登場しているが、シルエット姿でしか登場していないため素顔は不明。缶コーヒーの缶を片手で潰す姿も描かれている。他にもアニメ版1期10話にも登場している。

  • 寒咲幸司
演:皆川猿時
幹の父。実写映画版オリジナルキャラクター。映画版では通司とピエールの代わりとなる。

関連イラスト

総北高校自転車競技部
weare総北!


総北3年
総北高校自転車競技部



関連タグ

弱虫ペダル 表記揺れ(千葉県立総北高校総北高校)
総北信号機 総北カルテット

関連記事

親記事

弱虫ペダル よわむしぺだる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「総北」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10400936

コメント