ピクシブ百科事典

鏑木一差

かぶらきいっさ

「鏑木一差」とは、『弱虫ペダル』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

CV:下野紘
小野田坂道らの一学年下にあたる、総北高校の新一年生。
前年のインターハイで総合優勝を飾った坂道の名声を聞きつけ、入学初日に総北自転車競技部に入部してきた。
ピンクがかった茶髪を真ん中分けにした、鋭い釣り目の少年。

実力があるだけではなく、熱い情熱を滾らせている新入生。
感情を隠すことが少ない素直な性格であり、中学時代から段竹竜包と共に社会人チーム「SS」に所属し、大人の間で二人でレースを勝ち抜いてきた経験者。
そのために、新入部員ながら先輩にも全く謙遜を見せないほどの強い自信を持ち、競争心も強い。よく言えば向上心があり、悪く言えば生意気。社会人チームの中で実力主義・個人主義的なレースに慣れていたこともあり、協調性には少々の難がある節が見られる。

IH出場枠6人の最後の一人を賭けた新入生レースにおいて、部長の手嶋に「段竹と共に1着2着ゴールしたら、両者の出場を確約してほしい(その場合、残りの5人の先輩のうち一人を脱落させる)」ことを申し出るが、同じく出場権を賭けてレースに出場していた2年の杉元と激戦を演じた末、僅差で彼を破るも段竹は3位に。結果、鏑木だけが枠を得ることとなった。

本人は事あるごとに「オールラウンダータイプ」を自称しているが、実際は生粋のスプリンター体質。青八木にそれを見出され、以降急速に才能を開花させてゆく。因みに自分は気付いておらず、青八木は彼の制御に苦労しているようだ。
一方、その強過ぎる情熱が空回りして失態を招いてしまう事も多く、今泉からは「イキリ」という不名誉なあだ名を付けられる事に。
坂道に対しては、当初その先輩らしからぬ気弱な性格に幻滅していたが、やがて彼の実力を目の当たりにし、次第に尊敬の念を抱いていった(今では逆に、今泉や鳴子の言葉に耳を貸さずとも坂道の言う事にだけは素直に従うほど)。

IHにて、箱根学園銅橋と激突するが……。

愛車はフェルト

関連イラスト

「 と く と !!」
段竹+鏑木


ピース!
オレンジ!



関連タグ

弱虫ペダル

pixivに投稿された作品 pixivで「鏑木一差」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1709956

コメント