ピクシブ百科事典

手嶋純太

てしまじゅんた

漫画『弱虫ペダル』の登場人物。
目次[非表示]

「凡人にしかできないことがあるんだ それ つらぬこうと思う」
「頑張らないと期待なんかされない!!」

プロフィール

学年千葉県立総北高校二年生→三年生(主将)
タイプクライマー(三年生)
愛車cannondale
身長173cm
体重59kg
BMI19.7
誕生日9月11日
星座乙女座
血液型A型
得意な事カラオケ

CV.岸尾だいすけ

キャラクター

千葉県立総北高校二年生。
やや長髪のパーマ頭が特徴の先輩部員。鳴子からは「パーマ先輩」と呼ばれる。

自転車の才能はいまひとつだが、頭のよく回る策士。
「ティータイムだ」と片手でカップを傾けるような仕草が、レース上での策士としての決めポーズか。
夏合宿での対決で、今泉鳴子を「エリート」と揶揄した上に思わせぶりな思い出語りをして今泉らを戸惑わせ、策略に引き込んだ。

上記の通りでは気障な印象を受けるが、その実は、自分に才能は無いと知りながらも諦めきれずに努力を重ね続ける自転車馬鹿。
レースに参加し続けるも結果に伸び悩む中学時代を送り、卒業と共にロードレースも止めようと投げかけていたが、総北入学後に青八木と出会い意気投合したことで再燃。
その後、青八木と組んで互いの短所を補い合う「チーム2人」を結成し、結果を出し始める。
コーチングを頼んだ田所を慕い、青八木と二人揃ってでの先輩と共のインターハイ出場を目指す。

優秀な後輩らに対してコンプレックスを抱いてはいるが、優しく面倒見は良い。
合宿では怪我によって一足先に辞退したものの、途中でペダルを破損した坂道にクリートを貸し、その才能を伸ばす切っ掛けを与えた。
金城ら3年生が引退した後の総北を引き継ぎ、新たな主将となった。

巻島の渡英の折には他の部員より先に本人から知らされており、その際「お前は登れショ」と鼓舞された。
過去に手嶋が巻島に登りのアドバイスを求めても「思いっきりバイクを振る」(「巻島にしかできない」と田所にツッコまれていた)と言われたり、メールで悩み抜いた末に30行送っても「おう」としか帰って来なかったりとコミュニケーションに苦労していたが、クライマーとしても先輩としても尊敬しており、その魂を後輩である坂道に伝えるためにも自分なりの「登り」を追求している。

上記のティータイム発言をはじめ、
「そりゃうれしいな 日記につけとくよ」
「そこに"信じる"ってソースかけて オレ流にアレンジしてある」
など、敵を挑発する意図か本人の趣向なのか妙に言い回しが独特。その上大体ジェスチャーまでつく模様。

登場初期の描写はチリチリ髪だったが、後にウェーブ状へと落ち着いた。

関連イラスト

手嶋さぁん
夕暮れとてしま


赤の主将
よわむしペダル



関連タグ

弱虫ペダル
青八木一 古賀公貴 葦木場拓斗
巻島裕介 小野田坂道
チーム2人 T2

pixivに投稿された作品 pixivで「手嶋純太」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19653562

コメント