ピクシブ百科事典

井瀬慎哉

いせしんや

「井瀬慎哉」とは、『弱虫ペダル』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

※TOP画像左の人物(2年生時)。
「オイは後輩から肥後の鬼軍曹てよばれとるとたい!!」
「もしかしたら あいつらが 最後の希望の光―――かもしれん」

CV:菊池幸利(1・2期)、古川慎(4期)
演(ドラマ):西村匠平

概要

熊本県代表である熊本台一の選手、初登場時2年生。黒縁の眼鏡をかけた男子生徒である。

田浦の引退後は主将を引き継ぎ、後輩から「肥後の鬼軍曹」と呼ばれていた。
そのためか、口調をはじめ肌色も褐色になるなど雰囲気も田浦寄りとなって大幅に変わり、IH栃木大会ではその姿を見た坂道はその変化に戸惑いを見せていた。

インターハイでは

ゼッケン番号は1年目53、2年目81。
1年目のインターハイ神奈川県大会では田浦のアシストを務めている。3日目は田浦と藤原の3人で走っていたが、待宮率いる集団に飲み込まれてしまった。

翌年の栃木県大会では主将でエースとなり、1日目は体力を温存し、2日目は敢えて後手に回って先頭に追い付く機会を狙う。坂道らに追いついた際に手嶋から協調を持ちかけられるが、昨年の広島呉南と協調していいように利用された時の苦い経験からそれを断り先行するも、先頭集団に追いついた直後に京伏の御堂筋らが動いてしまったためチームはバラバラになった。追い抜く前に「残念なお知らせ」として後続集団が追い上げてくると言ってきたが、坂道はその集団の先に二人走ってることを確認しており、青八木鏑木を連れて追いつこうとしてると手嶋らに伝えている(坂道が前年に田所を引っ張ってきたのと同様に)。

そして3日目はやむなく他校選手と協調し大集団を作るも、呉南の浦久保らによって乗っ取られる形となって崩壊状態になってしまい、集団に飲み込まれた手嶋と自ら集団の中に入った青八木が飛び出した姿を見て藤原らにその後ろ姿を見ておくよう伝え、彼らを「最後の希望の光」と口にする。

使用車両

原作では不明、アニメがCervero(部員全員同じ車体)、ドラマではCIPOLLINI(チポッリーニ) BONDの蛍光オレンジ(Orange Fluo)に乗っている。

余談

劇場版では地元の熊本が舞台だが、吉本の登場によりモブキャラになりつつあった。2日目に総北メンバーが追走中に歌った「恋のヒメヒメぺったんこ」を愉快な歌として総北が近づいていることを田浦に伝えている(ちなみに吉本は「阿蘇の大地に奇妙な歌が聞こえちくる(てくる)」と口にしている)。

アニメ版の声優が別シーズンで変わった唯一のキャラ(声優クレジットのあるキャラとして)である。


関連イラスト

熊本台一スペアバイクおめでとうございます!!!!
【熊本台一】ちゃんぴょん51号袋とじアザーーーッス!!!!!!!



関連タグ

弱虫ペダル 弱ペダ 熊本台一 眼鏡 エースアシスト

関連記事

親記事

熊本台一 くまもとだいいち

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「井瀬慎哉」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7871

コメント