ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「絶対にあきらめない!! それがチーム総北だ!!」
「このジャージは6枚揃って完成形だ」

プロフィール

学年千葉県立総北高校3年1組→洋南大学理学部
出身中学南向台中
タイプオールラウンダー
愛車TREK
身長178㎝
体重65㎏
BMI20.5
誕生日1990年12月1日
星座射手座
血液型O型
ゼッケン番号171(IH3年) 71(IH2年)
イメージ動物ヘビ


CV:安元洋貴
演(舞台):郷本直也 / 林田航平
演(ドラマ):郷本直也
演(映画)竜星涼

概要

二年生時からエースを張る、総北高校自転車競技部主将
坊主頭に細身のアイウェア(スポーツサングラス、レンズは度入り)が特徴。鳴子章吉からは「グラサン先輩(or主将)と呼ばれることもある。
部活外では眼鏡を掛けているが、普通に裸眼で過ごしている時もあり、視力について詳細は不明。ただし小野田坂道同様眼鏡キャラとして扱われている。
どんな逆境でも決して勝負を諦めない不屈の精神の持ち主であり、「石道の蛇」の異名を持つ。

キャラクター

無口で厳しい性格のリーダーだが、あえて過酷な試練を与えることで後輩達の素質を引き出そうとする。その分、成長する後輩らを心から信頼しており、初心者の坂道にも重要なオーダーを与える。特に坂道のことは「意外性」と言う不確定要素の面で評価している。

箱根学園福富寿一とはインターハイ(以下IH)広島大会以来互いに因縁の相手ではあるが、別に仲が悪いというわけではない。

卒業後、洋南大学に進学。奇遇にも箱学エースアシストの荒北靖友と、更にはその荒北の因縁の相手で、IH3日目のスタート時に陽動作戦を仕掛けてきた待宮栄吉ともチームメイトとなる。

公式イケメン設定で密かに女子から人気らしい。更には手品と裁縫が得意で、手品は公式ファンブックでは小学生の時のお別れ会でやり始めてハマったとあり、2年生の時の歓迎会(手嶋世代が新入部員の時)ではタキシードを着て披露していた写真を部室掃除中に発掘。後に坂道らにも披露している。一方、裁縫についてはほつれたジャージを自分で直せる技術を持っており、アニメ14話EDショートアニメで皆が寝静まってる中、自分のジャージに蛇の刺繍を施していた(ただしこの時は裏地にも縫い付けてしまい焦る姿が描かれている)。

アニメではストイックながら天然ボケな性格設定にされており、おまけストーリーにおいて巻島が使っていた整備用ブラシを歯ブラシと勘違いする、危険な運転をする自転車乗りに対しアップダウンの激しい反応を見せたり等、中々のフリーダムっぷりを発揮している。
特に今まで自転車以外に目を向けていなかった反動か、坂道に布教されたラブ☆ヒメに没頭してしまったらしく、宿泊先の風呂にて主題歌を(風呂なのにサングラスをかけ顔を赤くし)熱唱し、劇場版に至っては今泉と鳴子のツーカットのど真ん中をぶち抜きドアップで歌う等、色んな意味でいい気を吸っている美味しいポジションを獲得している。

名前について作者の渡辺は「なんとなく決めた」とのこと。苗字は父親が沖縄出身の可能性があると言及しているほか、名前は「護」の言葉を入れたかったことから「真実を護る」で「真護」となった(27.5巻公式ファンブックより)。

経歴、レース戦績

インターハイ
1日目
インターハイなどの各レースでは常にチームの司令塔として各メンバーにオーダーを出している。
IH神奈川大会1日目の最終ステージは今泉にアシストを託し、箱学の福富と後方から追い上げてきた京都伏見御堂筋翔との3つ巴のゴール争いとなり、3チーム同着という結果となる。試合後は御堂筋の実力の差に苛立ちを隠せず自分のジャージを雑に掴んで立ち上がった今泉に対し「ジャージはチームの誇りだ」と釘を刺しながらも、チームを1位に導いたアシストをしたと感謝の言葉をかけている。

レース終了後の宿舎で坂道母が訪れて挨拶した際に坂道母から「老けてる」と言われてしまい坂道を焦らせた上に、この時はまだロードレースそのものを理解していなかったため坂道にちゃんと説明してるのか問いていた。そして帰り際に坂道の事を託されている。

2日目
2日目は田所迅が不調で出遅れ坂道が救出に向かう中、今泉と共に箱学と京都伏見との間で先頭争いをするが、途中御堂筋の口車にメンタルが不安定になった今泉がヘルメットを投げて戦線離脱しようとした際は足を止め、戦わなくていいから一緒に走るよう説得、巻島・鳴子と合流後は後ろから追い上げてきた熊本台一に対して疲弊した今泉に代わり自らチームを引いて引き離し、坂道と田所が後続から追い上げて合流後は坂道に先頭まで引くことを指示し追い上げを図る。そして先頭集団に追いつき、坂道の活躍を見て復調した今泉と共にゴール争いに挑むも、再び御堂筋に翻弄されかけていた今泉に(一人で責任を)背負うな」と声をかけて「気持ちを託せ」と励まし、福富と共に飛び出して先頭の御堂筋に追いついた後のゴール争いをするもわずかの差で福富に敗れ2位となる。

ゴール後は左膝の痛みが悪化し手嶋純太からマッサージを受け、エースとして走れななくなることを覚悟の上で3日目に挑む。その夜のミーティングでもメンバーに「ありがとう」と頭を下げて礼を言いながらも、3日目はこれまでと違う展開になることから、それまでのような救出はしなくていいと告げる。

話は前後するが、アニメ版の追加シーンとして、夕暮れの湖畔で3年生組3人で湖を眺めながら現在の3人のスタイルが確立した1年秋のレースを振り返り、総北の戦い方を1年に伝えるために明日は負けられない、と決意を新たにしている。

3日目
3日目はスタート前に広島呉南の待宮が「ホシを吸う」と言って手を揉む仕草をするなど一触即発状態の中スタートし、途中坂道が集団に巻き込まれながらも荒北に協調を願い出て一緒に飲み込まれていた真波と共に先行で合流(坂道らは呉南の集団を追うために途中で追いついた巻島裕介東堂尽八らの集団を抜き、呉南との勝負に勝って追いついている)、そこに後続から巻島らも合流し6人揃ったあと山岳ステージの山の入口で1年組を切り離すが、それまで背中を見届けろとオーダーを出す。それを聞いた鳴子と今泉は自分らの役目はここで終わったと思っていたが、坂道は前に巻島が話していた「自転車でしか会話できない」と言う言葉を思い出し、背中を見て「強くなれ」と伝えていることを明かす。

田所が山の入り口まで全力で引き箱学に追いついたところで離脱後、山に入る直前で懸念されていた左足の痛みが激しくなり出遅れてしまう。絶望感に苛まれるなか坂道が声をかけ、自分が以前坂道に言った「おまえが倒れたらオレが支える、他のヤツが倒れたらおまえが支えろ」と言う言葉を思い出し、一度は切り離すオーダーを出した1年組にオーダー変更を伝え、巻島とともに山を登り、誰でもいいからこのジャージを誰よりも早く叩き込めという絶対完遂条件のオーダーを出して戦線離脱、坂道らにすべてを託してそのままリタイアとなる。

のちに救護テントに運ばれたに鳴子と共に最終局面を固唾を飲んで見守り、坂道がトップでゴールしたことを聞いて興奮のあまり坂道の名前を連呼していた。そして大会スタッフの計らいで車を回してもらい、チームとして悲願の表彰台に6人で登った。

レース後、帰路の途中のSAでロードレースでの恩師でもある小関将に優勝報告の電話をかけ、ここまで来たことは全て小関のおかげであると伝えて受話器越しに深々と頭を下げていた。

前後のインターハイ
前年の広島大会も2年生ながらエースを務め、第2ステージでの福富と先頭争いの最中、シフトミスで出遅れた焦りで気が動転した福富が伸ばした手でジャージを掴まれ落車、自転車は大破し大怪我を負ってしまう。レースも69位でゴールし、体と自転車を治して翌日も出場しようとするが、肋骨骨折や7か所の擦過傷などで結果的にリタイヤとなった。

翌年(卒業後)の栃木大会では田所と共にイギリスから来日した巻島を空港で迎えて会場へ向かい3日間通して観戦、3日目のみ大学でチームメイトの荒北と合流する。1日目全てのステージで2番手となり危機的状況に陥ってることを察してチームへ顔を出さないと3人で決めたことを偶然会った坂道に話し、遠くからメンバーを見守っていた。
3日目は、坂道と真波がゴール争いをする中で、この1年の真波の苦しみを見て坂道が順調に成長したと思い、真波が先にゴールラインを割る資格があるという荒北に、この1年の坂道と後述する主将としての最後の仕事のことを話し、坂道にもその資格があると話している。

IH終了後~卒業
IH終了後は手嶋を新たな主将に任命し、手嶋・青八木体制の「第2世代総北」がスタートし事実上の引退となる。
手嶋に部を継がせたことで口出しできる立場ではなくなったが、巻島が卒業を前倒しにしたイギリスへの留学で大きくショックを受けてしまった坂道に特別メニューと称して、自分がかつて小関と練習途中に寄っていた海に連れて行き、自分の中学の時の話をしている。それが切っ掛けで坂道は少しずつではあるが復調していく。そしてこれが主将としての最後の仕事となった。

卒業式では卒業生代表として答辞(学年代表の挨拶)を読み上げていたことがスペアバイク93話で明らかとなる(IHで優勝した部の部長であることからであって、生徒会長もやっていたというわけではない)。
その後の自転車競技部全員で撮影した集合写真(スペアバイク10巻標題紙として使われている)では、巻島の代わりの椅子を真ん中に置くよう進言している。

余談だが、金城が使っていたロッカーはその後手嶋が使っている。

大学進学
キャラクターの項目でも書いた通り、卒業後は洋南大学に進学。同時に荒北も進学して自転車競技部のチームメイトとなる。更に荒北から待宮も進学していることを聞く。その待宮は一緒に進学したガールフレンドの福来佳奈を高校時代に自転車で悲しませた過去を持っており、自分にペテンをかけて入部を固辞していたが、荒北の必死の説得と佳奈の後押しもあって入部しチームメイトとなった。荒北と待宮のやり取りを見る佳奈から自転車の魅力を聞かれた際には「体力と知力、闘う覚悟が必要なスポーツ」であることを伝え、待宮にぴったりであることを伝えている。
そして3人がチームメイトとなってからは時に暴走する2人を上手く手なづけている。

ちなみに、待宮合流前に荒北と共に運転免許を取っていたが(自身は順調に取れたものの、荒北はかなりオーバーしている)、荒北の車の運転には恐怖を感じるほど軽いトラウマを持っており(お察しください)、たとえ長距離の移動であろうと絶対に荒北には運転をさせない

中学時代
中学は南向台中に通っていて、現在の姿からは想像もつかない元気一杯なスポーツ刈りの髪型で、この時はまだ何も決めることができなかった少年だった。
中1の時に親戚から貰ったクロモリロードに乗り始めたことから自転車に興味を持つようになり、このロードのメンテナンスで持ち込んだことをきっかけに地元の自転車屋であるスポーツサイクル浜田のチームに加入。小関からロードのイロハを徹底的に叩き込まれていた。その後TREKに興味を持ったことがきっかけとなり、親を説得してTREKを購入した矢先に小関の転勤でモチベーションを落とし一度は自転車をやめようとするが、小関から色々教えてもらったことを胸に刻み前に進むことで立ち直りを見せた。
ちなみに目が悪くなり眼鏡をかけ始めたのもこの辺りからで、練習中でもかけていることがある。
(以上『SPARE BIKE』 SPARE.24~31及び本編RIDE.531・532より)
金城が現在のスタイルを確立させたのもまさに彼の影響があると言ってもいい。

なお、高校に進学してからも連絡は取りあっている模様である(SPARE.30)。

熊本火の国やまなみロードレース
劇場版の熊本火の国やまなみロードレースでは1日目の最終ステージを福富と京伏の石垣光太郎の3人で争うが、ゴール直前で福富に抜かれ2位に終わった。レース後は不調で思うような走りのできなかった坂道に気遣いを見せ励まし、夜のミーティングでも2日目もオーダーを変更しないと坂道に伝えている。2日目は田所と共に一般参加で最後尾スタートの巻島を拾い先を走っていた1年生組と合流、巻島の引きで京伏と呉南を抜き、坂道がその先を走る箱学と熊本台一を追うために「恋のヒメヒメぺっんこ」を歌うようオーダーを出した際は「あの歌か…」と動揺するも(実は劇中序盤の巻島家での回想でも皆がドン引き状態の中、坂道から歌の指導をされている)、一緒に…と言うか他の誰よりもノリノリで熱唱していた

インターハイ千葉県予選(実写劇場版)
実写劇場版でのレースのメインはIH千葉県予選で、原作などでは3年生のみで周回コースを走るレースだったが、実写映画版は原作IH全国大会と同じフルメンバーで3つのステージを走るレースとなっていた。
第1ステージのスプリントステージを田所にポイントを取らせ、田所を追って飛び出そうとする鳴子には50㎞の距離を一人で引くようオーダーを出す。次の山岳ステージで坂道と巻島を出す予定だったが、その坂道が集団落車に巻き込まれ最下位まで落ち、更には自身を含めた総北メンバーがライバル校である南総学園の包囲網で前に進めない状態でいた。しかし坂道が後続から追い上げて集団に追いついたことで、南総学園のブロックで前に出れない自身に替わり坂道と今泉にゴールを託した。

使用車両について

愛用している自転車は白の車体に青のロゴの入ったTREK。実車だと2011年のTREK 1.2辺りが近い(実車の1.2は青と黒のラインは入ってる上にロゴが青ではないので参考までに)。この車両かどうかは不明だが、上記で書いている通り、中学の時に親を説得して自身が所属していたクラブチームを主宰していた浜田の店で購入している。

ドラマ版では白車体のÉmondaを使用。2期では系列ブランドでもあるBontragerのパーツを使用している。

映画版(実写)では「Domane SLR」をベースに「Project One カスタムプログラム」によってカスタマイズオーダーで製作されたものを使用している。この車両は近年増え始めたディスクブレーキ車である。

中学時代は親戚から貰ったクロモリのロード(メーカー不明)に乗っており、これがきっかけで自転車の世界に足を踏み入れている。そして小関に憧れてTREKにするまでこの車両に乗っていた。

人称・口調・呼称だ!

一人称
二人称
  • お前
  • 年上の人物→あなた
口調
  • 年上の人物・一目置かれる人物・頭が全く上がらない人物⇒敬語
  • 親しい人物・同い年以下の人物⇒男性口調
呼称
  • 年上の人物・馴染みが薄い人物・一目置かれる人物・頭が全く上がらない人物 →「苗字・名前+さん」
  • 親しい人物・同い年以下の人物⇒「苗字や名前またはくん」


関連人物の呼称と変遷だ!

※話数は原作及びスペアバイク(SPARE.表記)

関連人物呼び方呼ばれ方
小野田坂道小野田主将さん→金城さん
今泉俊輔今泉金城さん
鳴子章吉鳴子グラサン主将/主将さんor金城さん
田所迅田所くん→田所金城
巻島裕介巻島くん→巻島金城
手嶋純太手嶋金城さん
青八木一青八木金城さん
杉元照文杉元金城さん
古賀公貴古賀金城さん
鏑木一差現時点接点なし現時点接点なし
段竹竜包現時点接点なし現時点接点なし
杉元定時現時点接点なし現時点接点なし
真波山岳現時点接点なし現時点接点なし
福富寿一福富金城
東堂尽八東堂金城
荒北靖友荒北金城
新開隼人新開金城
泉田塔一郎現時点接点なし現時点接点なし
黒田雪成現時点接点なし現時点接点なし
葦木場拓斗現時点接点なし現時点接点なし
銅橋正清現時点接点なし現時点接点なし
新開悠人現時点接点なし現時点接点なし
御堂筋翔御堂筋現時点接点なし
石垣光太郎石垣金城
岸神小鞠現時点接点なし現時点接点なし
待宮栄吉待宮金城
浦久保優策現時点接点なし現時点接点なし
寒咲幹マネージャー金城先輩→金城さん
寒咲通司寒咲さん金城
Mr.ピエール監督キャプテン金城/金城クン
宮原すずこ現時点接点なし現時点接点なし
坂道母なし部長さん(111話)
母親母さん(SPARE.25)真護(SPARE.27)
小関将小関さんシンゴ
浜田店長/浜田さんシンゴ

余談

ヘアスタイルは坊主頭(1年時は短髪)だが、ドラマ版や実写映画版ではさすがに出演俳優を坊主頭にするわけにはいかないためか、オールバックのヘアスタイルに変更されている。

関連イラスト

エース
金城と荒北


愛すべき愛車馬鹿
金城センパイ



関連タグ

弱虫ペダル
総北 洋南
※高校生です

総北オールラウンダースプリンタークライマーその他
金城世代金城真護田所迅巻島裕介
手嶋世代古賀公貴青八木一手嶋純太
小野田世代今泉俊輔鳴子章吉小野田坂道杉元照文 / 寒咲幹
顧問:ピエール OB:寒咲通司

金城世代(1年目)IHメンバー
オールラウンダースプリンタークライマー不明
箱根学園福富寿一 / 荒北靖友新開隼人 / 泉田塔一郎東堂尽八 /真波山岳
京都伏見御堂筋翔/石垣光太郎井原友矢 / 山口紀之辻明久水田信行
呉南工業待宮栄吉/井尾谷諒/東村里崎/針本/塩野
長野中央館林元成

関連記事

親記事

総北 そうほく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「金城真護」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「金城真護」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14748910

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました