2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「ボクは経験者だから」
「ボクはこのレース そんな覚悟では走ってないよ」

概要

学年/出身中学千葉県立総北高校1年4組→2年生
出身中学東中(※)
タイプルーラー(54.5巻ではオールラウンダーと記載)
愛車白い車体に黒字のCOLNAGO
身長171cm
体重58㎏
BMI19.8
誕生日1992年7月1日
星座蟹座
血液型A型
ゼッケン番号無し
イメージ動物?

※直接の記述はないが、原作248話で弟が東中の3年という記述があったことから同じ中学に通っていたと推測される。

CV:宮田幸季
演(舞台):山本一慶
演(ドラマ):平井浩基
演(映画):井上瑞稀

人物

千葉県立総北高校の生徒であり、高校一年→二年に進級。
中分けにした短髪が特徴で独特のイントネーションがある。
得意分野はロングライド。山道などの坂もロングライドタイプである。

概要

小野田坂道のクラスメイトで、中学時代から趣味でロードレーサーに乗っており、鳴子章吉と坂道が自転車部に入るのを知り、一緒に入部することになる。
「ボクは経験者だから」が口癖の自慢屋だが、根は親切。
レース勝利のために一心不乱に練習に没頭する他メンツらとはやや温度差があり、主に裏方に徹していたが、IH優勝の坂道等同期の活躍に影響され、その態度にも変化が出始め猛練習に励む。

登場初期~2年初めこそは口の軽くお調子者系のキャラクターだったが、2年になり次第に凛々しさの顔も見せている。特にアニメではスタッフが途中で変わったこともあり、その違いがはっきりと判る。

経歴・レース戦績

  • ウェルカムレース

1年生の時のウェルカムレースではルール違反をして先行した川田拓也を抜き、一度は抜かれた坂道が峰ヶ山の山頂でリタイヤしたこともあり3位になる。しかしレース後に川田へ取った軽率な行動がのちにトラブルの火種になることはこの時予想もしていなかった。

翌年も前年の3位を返上しレギュラーの座を賭けて特例で再び参加。ここでも市街地区間でルールを破って先行しようとする沢田とゴリ蔵を止めている。その後も今泉のアシストを夢み積んできた努力で弟の定時と共に鏑木一差段竹竜包の一年コンビを追い込むもゴールスプリントで僅差で敗北。そして勝利した鏑木に自分が叶わなかった今泉の背中を押すよう託す。

  • 合宿
IH前の合宿は1年生時は650kmでリタイヤ、2年生時は段竹と共に955㎞でタイムアウト。

  • インターハイ
インターハイでは両年共サポートに回り、1年目の神奈川大会では、不安から事あるごとに口が回り、その時のサポートの指揮を執っていた手嶋純太からその都度「バカヤロー」と檄を飛ばされていた。

2年目の栃木大会では1年生部員に「走らないけど皆は7人目のメンバーである」と伝え、1日目のスプリントリザルトで鏑木が銅橋正清に敗れた時も声援を送りながら右手を出してタッチを交わす。その後、事故渋滞で給水所に間に合わなかった際は古賀公貴と共に選手用のスペアバイク(予備車両)を使って間に合わせている。
最終日は坂道がゴールでトップし2年連続の総合優勝となった際に抱きしめようとして、横から駆けてきた橘綾に先を越されてしまう。

  • その他
劇場版では、総北が「熊本火の国やまなみロードレース」に招待されたことを受け自分のデビュー戦と意気込むが、今泉俊輔に肩を叩かれ首を横に振られている(結局はIH同様サポートに回っている)。

それでも地元大会であり田所迅の引退試合でもある「湾岸クリテリウム」に参加することとなり、ここで初めて手嶋からメンバージャージを渡されることとなる。ただしこの時点では表彰台を独占した総北スプリンタートリオの実力に遠く及ばなかった。

使用車両について

愛車は白地に黒ロゴのコルナゴで「ボクのコルナゴちゃん!(アニメではコルちゃん)」とかなり熱愛している模様。モデルとなった車種は不明だが、アニメ版では2012年モデルの「CLX」がカラーリングとしては近い(参考程度に…)。ちなみに弟の定時も同じ車両に乗っている。
ドラマ版では2016年モデルの「CX-ZERO Alu」。白の車体に当初は赤と緑の差し色の入った「イタリアンカラー」の採用を予定していたが、合成撮影の関係で緑が使えないため赤と黒の差し色の入った「ビアンコロッソ」カラーの車体を採用している。更にはバリバリの経験者ではない雰囲気を表すための装備(反射鏡とテールランプの同時装着やベルの装着等)も施されている。

その他

家族で自転車を楽しんでおりお揃いのジャージを作るほどで、中学時代は箱根の山を自転車で登っている。その影響からか定時を総北自転車部に誘っている(なお、定時も総北に無事合格し、晴れて自転車部に入部する)。

2年の峰ヶ山ヒルクライム後に再入部した川田に再入部早々勝負を挑まれ、川田のショートカットによる不正行為による勝利で一時はジャージを奪われる形になっていた。その後モヤモヤした気持ちになりつつも、川田が不正したことは本人の名誉などを考慮し敢えて口にせず、坂道がサイクリングに誘われたと聞いたときには嫌な予感を感じ、桜井剛から川田が坂道に勝負を仕掛けるという話を聞いてその予感が的中したことで坂道を止めなかったことを悔やみ、坂道と勝負をする川田に怒りを向けていた。
今泉の指示で部室に残っていたが、坂道が川田との勝負に勝ったことで川田から謝罪を受け、奪われたジャージも(洗って)返してもらっている。

関連イラスト

杉元照文
君と一緒に、この景色が見たくて


杉元くん誕生日(仮)おめでとう!
無題



関連タグ

弱虫ペダル 杉元定時 杉元兄弟 総北カルテット

ブラックヒーロー バイオレットヒーロー

村田(カップやきそば現象)あと、中の人繋がり。

堀尾聡史;別のスポーツ漫画にて経験者かつそれを鼻にかけているお調子者繋がり。

関連記事

親記事

総北 そうほく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「杉元照文」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「杉元照文」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 967911

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました