ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「山はゆずれんがな オレは山神東堂尽八だからな!!」
「巻…ちゃん…オレ…は たった今絶好調になった!!」

プロフィール

学年箱根学園三年生→卒業(大学進学)
タイプクライマー
愛車白い車体に赤いロゴのリドレー:RIDLEY(アニメではREDKEY)
身長174㎝
体重61㎏
BMI20.1
誕生日8月8日
星座獅子座
血液型A型
ゼッケン3
得意科目古典、現国、日本史、数学
苦手科目特になし
イメージ動物 (サイン会情報なので、変更の可能性あり)

CV:柿原徹也
演(舞台):玉城裕規北村諒佐藤祐吾
演(ドラマ):北村諒(S1)・玉城裕規(S2)

概要

 箱根学園三年生。自転車競技部のエースクライマーにして、副主将を務める。瞳の薄い描き方の目(原作・アニメ共にハイライトが無い)が特徴。
「天才」を自負して自ら名乗ったり、自らを「美形」と称したりする、ナルシスト且つポジティブな自信家。即ち、残念な美形。眉は長く、への字の形である。
 つややかな黒髪で肩につく程度のセミロングであり、長い前髪ごとカチューシャで留めている。普段は髪は内巻き気味であるがメットを被ると髪の流れが逆になり、毛先が外側にいく。
カチューシャは中学時代の地元レースに出た際に箱学のマネージャーをしていた女子高生からもらったものを装着したのがきっかけで、部室ロッカーには数本のスペアがある。
 見定めた相手を見下ろす様に指をさすポーズが定番であり、ファンサ―ビスでもよくやるようだ。また、自信満々に喋る余り「~せねばならんな!」といった、やや古めかしい喋り方が混じる。

 幼少から乗っているママチャリが凄まじい騒音を鳴らす年代物であり、無駄な動きを削り静かに走ることにカッコよさを見出し乗りこなしていた。
 この経験から生み出された、音も無く加速し森さえ眠らせる"スリーピングクライム"を得意とし、その圧倒的な登坂力とプレッシャーから「山神」の異名を持つ。ちなみに自称は「眠れる森の美形(スリーピング・ビューティー)」(影での他称は「森の忍者」らしい)。

 実家は箱根の老舗旅館「東堂庵」。特技は書道で、好物は鯛茶漬け。好きなお菓子は豆大福。(弱虫ペダル54.5 公式ファンブックⅡより)

 ナルシストらしく普段は軽い言動に女子へのサービスなどを怠らない。
 実際、人気もあるらしくレースに出れば黄色い声が飛び、ファンクラブすら存在する。
(バレンタインデーには下級生を含め30個以上のチョコレートをもらっている模様)
 制服の着こなしポイントは、カッターは腰丈の短いものをチョイス、だそうだ。
 一見マイペースで軽い雰囲気を持つが、王者のチームの一員であることを自覚しており、単独で走る以外でも、挑発に惑わされずにエースを支えて登坂を先導する気概も持つ。
 実際、箱学三年組の中では一番真面目であり、ファミレスで他の三人が注文したメニューに対し「栄養バランス考えろ!」と説教したり、「宿題は自力でやられば身にならない」と注意したりする場面が見られる(2期22話Cパート)。また、部室の掃除も率先して行っているようだ。
 やや小柄な体格ながら体幹がしっかりしており、「クライマーに余計な筋肉は必要ないが、途中でへばってはならない」とライバルに説教しているだけあって、そのスタミナはかなりのもの。ただし、精神面を含めた持久力は巻島に軍配が上がる模様(日刊スポーツ発刊『弱虫ペダル新聞』のステータスより)。

 卒業後、チームメイトの福富寿一新開隼人荒北靖友などとは違う大学に進学し(具体的な大学名は現時点では不明)、本人曰く"敵同士"として戦っている模様。しかし敵なのはあくまでもレース中だけであって、「山には敵はおらん」と坂道に話している(原作418話、アニメ4期24話)。卒業後は左耳にピアスをつけている描写がある。

インターハイなど

インターハイの1日目第2ステージでは巻島と勝負の約束をしたステージだったが、坂道の落車でチームを引かざるを得なくなった巻島に痺れを切らして先行する。しかし約束のステージで巻島と戦えないことに項垂れるが、その後坂道が集団に戻ったことで巻島が後続から追いついてモチベーションを取り戻し二人の「最終勝負(ラストクライム)」が始まる。そして接戦に継ぐ接戦の末に山岳リザルトを手にした。
3日目は残り15キロの所で今泉が先行したところを押さえようとして巻島に抑えられる。その巻島とのバトルの中で後続から追い上げてきた御堂筋を押さえる余力が残ってなかったため、真波にすべてを託す。そして巻島と3位争いをして3位でゴールゲートをくぐった(巻島は5位)。

IH終了後、敗北という重圧を背負い自らを責め続ける真波の姿に自らも励ますも効果はなく、それを見た幼馴染の宮原から相談を受けた際に「話を聞いてやれ」とアドバイスする。
そのあとに行われた3年生追い出しレースで真波に改めて「自由に走れ」とアドバイスを送り、坂道との関係を大切にしろと伝えている。

翌年のIHでは坂道と真波の山岳争いを見ようと2日目の山岳ゴールエリアに足を運ぶが、山岳リザルトを争う相手がその二人ではないことを聞き下山。その姿を見た観客の一部に東堂がいることに気づいてる者もいた。
その日のレース中はそれ以上の描写はなかったものの、レース後の夜に巻島からの呼び出しで小さな峠での記録に残らない勝負をする。そこにたまたま走ってきた坂道とも遭遇し、二人の勝負の証人役を任せた。
勝負は最終的に3勝2敗1分けで巻島に軍配が上がった。

3日目は巻島と共に、巻島と一緒に訪れた洋南コンビ+田所とはゴール前とは別の場所で観戦、先頭で走る真波の姿を見て「それでいい」とエールを送っている。

劇場版では

 劇場版では熊本でのレースで巻島とまた一緒に走れることを楽しみにしていたが、会場で坂道から巻島はレースに参加しないことを聞き落胆する。1日目のレースも真波に山岳リザルトを託し、翌日の2日目スタート前には地面に寝そべってしまい、更には勝負ではなくレース後の観光に目的が変わってしまい坂道もドン引きしてしまうが、巻島の気配を感じ坂道を問い詰め最後尾にいることを聞き調子を取り戻す。
 そして総北チームと合流し先頭に追い付いた巻島との勝負では接戦の末僅差で敗れるものの、巻島の順位はカウントされないため(高校生の部としての)優勝となった。

各キャラクターとの関係

巻島裕介

巻島裕介は総北高校の3年生で同じクライマー。常に「巻ちゃん」と呼び(本人との会話以外で例外あり)、ライバル関係を通じた強い信頼関係を築いている。一方の巻島からは通常は「東堂」と、本気の走りをするときには「尽八」と呼ばれている。
初めて対面した時は良い印象を持っていなかったが、数々のレースで競う内に打ち解け、互いを認め合う好敵手となる。登坂において巻島と勝負をすることに強く拘っており、わざわざレース前に電話して巻島の体調を気遣う程・・・・・・というか、週2,3回というハイペースで電話をかけている。
お互いに、三年最後のインターハイでの山岳勝負を最終決戦と位置付けていた。
 

小野田坂道

小野田坂道は総北高校の1年生で巻島の後輩にあたり、彼のことは「メガネくん」と呼んでいる。初めて声をかけたIH1日目ではビジュアル的に三下扱いする。それに続けて得意分野があるのかを聞いてそれで頑張れとアドバイスを送るが、三下扱いされたことで坂道からはわずかながら苦手意識を持たれていた。第2ステージの山岳に入る前に落車をしたがなんとか集団を抜けて戻り、それまで替わりにチームを引いていた巻島と山岳リザルト争いができたことで、ゴール後に三下発言を撤回し優れたクライマーだと言い坂道を労らっている。
以後は巻島と共に偉大な先輩として坂道から尊敬の目を向けられる描写も多々ある。
IH終了後には実家でもある旅館の東堂庵に何度か招待している(Re:RIDE及び4期ボイスドラマ「東堂庵再び」)。
補足として、259話(アニメ3期8話)の3年生追い出しライドでの真波との会話の中で一度だけ坂道のことを「小野田くん」と口にしている。

真波山岳

真波山岳とは同じ箱根学園のクライマーで、アニメでは合宿で伊豆(サイクルスポーツセンター)に来ていた総北に「面白い登りをする奴がいる」と偵察を勧めている(東堂的には巻島のつもりで言ったのだが、実際に会ったのは坂道だったため偵察後の電話の会話ではビジュアル面での食い違いが見られた)。なお原作ではまだ未登場だったことから同じシーンの会話は荒北がしており、偵察後の電話での会話はなかった。
レースでは常に「自由に走れ」とアドバイスを送っている。
IH終了後しばらくしての3年生追い出しライドで真波と山岳コースの天城原峠を競うが、その時の会話で坂道の話を出した時に、行き倒れの坂道にボトルを渡して助けたことがIH敗北の大元の原因となった、と言って自分を責める真波にその選択は間違いはないと言ったうえで、「いつだって自転車で対話できる場所にライバルがいてうらやましい」(巻島が渡英したこともあるため)と励ましている。そして坂道との関係を大切にしろとも言っている。
暫くした冬の日に坂道を呼んで真波と共に「山神」の称号を譲るレースをさせるが、雪が酷くお預けとなり、夏のインターハイで勝負を決めるよう持ち掛ける。そして真波と坂道に電話番号を交換させている(原作36巻巻末読切、アニメ3期18話)。

使用車種について

 使用車両は白車体色に赤文字のリドレー。実車で近いものは2010年モデルの「RIDLEY DAMOCLES ISP」のイタリアチャンピオンカラー。ただしこの車両は全世界200台限定で、国内には30台が入荷されている。
 ドラマ版では「RIDLEY FENIX」をベースにした製品前のサンプル車両を使用。

その他

原作では65話(アニメの1期20話、6人目のIHメンバーを決める話)からの登場だが、アニメでは1期10話(原作の37話にスペアバイク4話の一部をアレンジしたアニメオリジナル)と、原作よりは登場が早い。更に同話EDショートアニメでは巻島の携帯電話へ多数の着信を入れており、巻島もその着信の多さに絶句していた。

IH1日目の山岳ステージで巻島が追い付いてきた時の巻島へのセリフ及び、劇場版での2日目スタート前に一般参加の巻島が最後尾にいることを確認したときの坂道へのセリフとして使われた「たった今絶好調になった!!」は、偶然ではあるが『響け!ユーフォニアム』で鎧塚みぞれ黄前久美子からの問いの返答として口にした「たったいま、好きになった」としても使われている。特にアニメ『響け!ユーフォニアム2』5話でその台詞が使われたシーンは『アニメ流行語大賞2016』の金賞にも選ばれていた。

息抜き回として、IH2日目の中間地点の給水所に東堂の姉を登場させる予定があったが、諸々の事情からまるまるボツとなった(公式ファンブック(27.5巻)より)。

関連イラスト

山神教に入信したい


RIDE.27
0808



関連タグ

弱虫ペダル 箱根学園

関連記事

親記事

箱根学園 はこねがくえん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「東堂尽八」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 72160678

コメント