ピクシブ百科事典

目次[非表示]

※個別リンクのない登場人物についてはこの項で登場人物紹介に代える。

登場人物/主要校

学年タイプキャラクター


千葉県立総北高校

そーほく。


(前列)鳴子、小野田、今泉 (後列)田所、巻島、金城

3年→卒業オールラウンダー金城真護3年→卒業スプリンター田所迅
3年→卒業クライマー巻島裕介
2年→3年クライマー手嶋純太2年→3年スプリンター青八木一
2年→3年オールラウンダー古賀公貴
1年→2年クライマー小野田坂道1年→2年オールラウンダー今泉俊輔
1年→2年オールラウンダー(※1)鳴子章吉1年→2年ルーラー(※2)杉元照文
1年スプリンター鏑木一差1年段竹竜包
1年杉元定時
※1:1年生時はスプリンター
※2:媒体によってはオールラウンダーと表記

監督Mr.ピエールマネージャー寒咲幹




私立箱根学園高校

ハードゲイではない


(左上から下)泉田、新開、東堂、(中央)真波、(右上から下)荒北、福富

3年→卒業オールラウンダー福富寿一3年→卒業オールラウンダー荒北靖友
3年→卒業クライマー東堂尽八3年→卒業スプリンター新開隼人
2年→3年スプリンター泉田塔一郎2年→3年クライマー黒田雪成
2年→3年クライマー葦木場拓斗
1年→2年クライマー真波山岳2年スプリンター銅橋正清
1年クライマー新開悠人


京都伏見高校

がんばれ京伏!


3年→卒業オールラウンダー石垣光太郎3年→卒業スプリンター井原友矢
3年→卒業クライマー辻明久
2年→3年オールラウンダー水田信行2年→3年スプリンター山口紀之
1年→2年オールラウンダー御堂筋翔
2年(2年目)スプリンター船津和歩2年(2年目)クライマー木利屋嵩央
1年オールラウンダー岸神小鞠


広島呉南工業高校

あけましておめでとう広島!



3年→卒業スプリンター待宮栄吉3年→卒業スプリンター井尾谷諒
2年→3年塩野2年→3年里崎
1年→2年スプリンター東村尊大1年→2年針本
3年(2年目)スプリンター浦久保優策3年(2年目)スプリンター庭妻繁典

熊本台一高校

ついろぐ【一日一絵】⑧ 熊本台一【弱虫ペダル】



3年→卒業スプリンター田浦良昭3年→卒業クライマー吉本進
2年→3年スプリンター井瀬慎哉
1年→2年クライマー藤原マサ

  • 藤原(ふじわら/マサ)
老けて見えるが(ドラマ版はその限りではない)、坂道らと同学年。下の名前である「マサ」は本名かは愛称かは不明だが、ドラマ版では「藤原マサ」とクレジットされている。

登場人物/関係者

  • 坂道の母

声:熊谷ニーナ
演(ドラマ):ふせえり
陽気で天然な女性。相手の話をしっかりと理解しないまま思い込むままにまくし立てる。鳴子曰く「台風みたいなオカン」。坂道が中学生の時に自転車で遠出をしないようにと自転車店に坂道のママチャリをスピードが出ないように改造を依頼。結果として坂道がハイケイデンスタイプとなることになった。
普段の目は黒丸の点の状態になっているが、真面目な時は普通の瞳になる。
どういうわけか「パワーポケット(パワースポット)」とか「スムーズホン(スマートフォン)」など言い間違える描写がある。
恋バナがいけるクチで、それを聞いた箱根学園の宮原すずこも驚くほど。
坂道のことを心配しているのか(前述の自転車の改造もそのため)、無事に帰ってきてほしいという気持ちが強いことが窺える。

らくがき詰め


※画像左の人物

  • 御堂筋の母
声:進藤尚美
演(ドラマ):星野真里
故人。彼女の生前の言葉と死が御堂筋がロードレースへ打ち込み、“勝利”への異常な執着のきっかけとなった。優しい母親で、御堂筋にとっては唯一の心の支えだった。

  • ユキちゃん
声:新田早規
御堂筋が住んでいる、親戚の久屋家の女の子で、御堂筋のことを「翔兄ちゃん」と呼ぶ。実の兄がまた別にいる。
作品内で登場した彼女はまだ幼かったため、上記坂道母の項の画像での学生姿は非公式の物である。

声:Lynn
待宮の彼女。

  • 高橋(たかはし)
声:小田柿悠太
演:高橋洋
今泉家の運転手。アニメ版では「運転手」、ドラマ版では「今泉家の執事」とクレジットされていた。髭を生やした壮年の男性で、今泉を「坊ちゃま」と呼ぶ。

  • 寒咲幸司(かんざき こうじ)
演:皆川猿時
幹の父。実写劇場版オリジナルキャラ。原作の通司とピエールのポジションにいる。
通司とは違い、今泉のことを「俊輔」と呼ぶ。


登場人物/スペアバイク

スペアバイク「金城編」に登場。
中学二年生の金城が当時憧れていた社会人。

スペアバイク「東堂編」に登場。
サイクルショップの息子。東堂の幼馴染で、彼の才能を見抜きロードの世界へ誘った。

  • 皆水(みなみ)
声:伊瀬茉莉也
スペアバイク「東堂編」に登場。
東堂が中二の時の箱根学園のマネージャー。糸川の店によく部の部品を買いに来て、糸川が好意を持つ。東堂がカチューシャをつけ、箱根学園に進学するきっかけを作ったのもこの人。

  • 安浩数(やす ひろかず)
声:四宮豪
スペアバイク「石垣編」に登場。
石垣の1年先輩。IH広島大会では1日目に石垣のアシストで3位に入り、箱根学園の表彰台独占の牙城を崩した。
その前年の青森大会は卒業生の不祥事で出場辞退となったが、学連選抜に2枠確保しそこに石垣を推薦している(不祥事は1年生には関係ないという当時の主将の掛け合いで2枠確保できた、もう一枠はレギュラーだった辻が選ばれていた)。
そのほか、原作145話とアニメ2期1話に石垣の回想として登場、アニメでのクレジットは「安さん」。エースではなくアシストになったことを報告する石垣に「腐るなよ」と励ます他、EDショートアニメでは姿はないがスイカを差し入れている。

  • 道秋(みちあき)
スペアバイク54話に登場した、佳奈に好意を持つ男子学生。
佳奈が待宮とヨリを戻した後も想いを断ち切れずにアタックをかけている。

登場人物/その他の高校

1・2年目共通

柏東高校

  • 柳田(やなぎだ)
声:井之上潤(3期、1期はノンクレジット)
IH予選で登場(1・2年目続けて)した柏東高校のエース。
手嶋らと同学年。
  • 野村正文(のむら まさふみ)
2年目の峰ヶ山ヒルクライムで登場したクライマー。坂道と同学年。「登りのスピードは誰にも負けない」と豪語する。
峰ヶ山のふもとに家があり、レース中に5歳の時に自転車で峰ヶ山を登った(補助輪は2歳で取れた)と総北の面々に自慢したところで鏑木が思わず反応して警戒心を解かれている。さらに後続から追い上げた箱学の選手をみてフォームがきれいと見とれていた。
  • 広川(ひろかわ)
「SPARE BIKE」巻島編に登場した、金城世代の1学年上の人物。
巻島がデビューウィンを飾った峰ヶ山ヒルクライムでは4位で、そのあとに行われた柏東との練習交流戦で巻島に宣戦布告をする(この時の巻島は長年愛用したGIOSのフレームをからTIMEのフレームに新調したばかりでそれどころではなかった)。レースはゴール前で追い抜かれて逆転負けを喫す。
ちなみに、巻島のことを「頂上の蜘蛛男(ピークスパイダー)」と最初に呼んだのは彼である

長野中央工業高校
クライマー。自称「アルプスの山守」「鉄壁の館」
  • 粟頭弓親(あわがしらゆみちか)
館林元成の後輩。自称「アルプスの山守の名を継ぐ男」
2年目IHで登場。「アルプスの山守」の称号を館林から受け継いでいる。

1年目

金沢三崎工業高校

スプリンター。自称「北陸の疾風」

奈良山理学園
自称「奈良最速・灼熱のスプリンター」
「仏の顔も3度まで」が決めセリフ。

阪台付属高校
  • 柿本竜大(かきもと りゅうだい)
声:置鮎龍太郎
1年目IH後、大阪の草レースで登場。
大粒曰く「大阪限定負けなし」
ホイールに電飾を施したロードバイクで帰阪レースの鳴子に勝負を挑む。
原作とアニメでは使用する自転車のメーカーが異なる。

2年目

福岡城西高校

  • 大濠情二(おおほり じょうじ)
声:浜田賢二
スプリンター。3日目に熊本台一が作った集団を広島呉南が乗っ取り先行したことで追い上げるも足が追い付かず後退した。

土佐海高校
  • 清水(しみず)
声:クレジットなし
高知の高校のスプリンター。自称「コーナーの魔術師」。コーナリングに自信がある。1日目第1ステージでイン側を責めたコーナリングを披露するが、アウトから攻めてきた青八木らに抜かれる。

上越東高校
  • 櫓丸(やぐらまる)
声:村井雄治
新潟の高校のスプリンター。自称「荒波の櫓丸」。日本海の強風で鍛えた脚力に自信を持つ。
1日目第1ステージで青八木のことを小ぶりと揶揄していたが、体幹を膨らませた姿を見て驚いていた。

補足として、チームメイト(氏名・ゼッケン不明)は第2ステージで他校のブロックを破り追い上げを図る坂道へ道を譲った際にゼッケン1でありながら頭を下げて進む腰の低さに驚き、敵ながら応援したくなると評している。

山形最上高校
2年目IH初日に他校選手と共に坂道をブロックする。
3年生。2年目IHの初日山岳リザルト最右翼と呼ばれた「北のクライマー」。稲代に坂道をブロックさせ、先行逃げ切りで山岳賞を獲るべく、一時は1日目第2ステージをトップで走っていたが、後ろから追い上げてきた手嶋と真波に追い抜かれる。

富士川高校
  • 大観寺春壱(だいかんじ はるいち)
声:蟹江俊介
静岡の高校の自称「富士山のクライマー」「富士より高い山はねェ!!」がキメ台詞。
IHでは一時1日目第2ステージ2位の位置にいたが、川原同様手嶋と真波に追い抜かれた。
5月の地方レースでレース中今泉と鳴子が揉めている間に勝利を奪った上に、レース後に二人のもとに来て上記のキメ台詞を言い放っている。

山口岩国高校
  • 山際(やまぎわ)
声:宮本誉之
ゼッケン141番の岩国高校の主将もしくはエースであると思われる。
ロードレースに対して紳士的な考え方を持ち、前年の覇者である坂道に対し敬意を払い、1日目の山岳ステージで他校のマークから抜けて追い上げを図る坂道の進路を塞ごうとした奥谷らを注意をして道を空ける。その後も総北の動向を注視しレースの行方を分析している。
  • 奥谷(おくたに)
声:白石兼斗
ゼッケン144番で、山際の後輩であると思われる。
他の選手と共に他校のマークから抜けて追いついた坂道の進路を塞ごうとするが山際に止められる。翌日も青八木と鏑木が立ち止まっていたことを同校選手とこそこそ会話していたが、ここでもまた山際に注意される。

実写映画版

南総学園大学付属高校
劇場版オリジナルの高校。黒基調のジャージとヘルメットが特徴。
登場人物の苗字は全て茨城県石岡市を中心とした周辺の峠の名前が由来となっている。

  • 不動颯介(ふどう そうすけ)
演:須藤蓮
実写版オリジナルキャラ。
インターハイ千葉県予選にライバル校として登場した南総学園大学付属高校のエース。
山岳ステージで坂道と、最終ステージで今泉と対戦する。
  • 朝日朋彦(あさひ ともひこ)
演:佐藤佑哉
インターハイの山岳ステージで不動をアシストする。不動の足の古傷を心配し、坂道と今泉の後続からの追い上げを見て逃げ切りを図ろうとする不動を制止しようとした。
  • 上曽綾人(うわそ あやと)
演:長谷川大
見た目や言動のガラの悪さから選手としては少々難のある人物。
山岳ステージで金城らを先に行かせないと執拗にブロックを仕掛ける。
  • 湯袋崇(ゆぶくろ たかし)
演:矢作マサル
  • 風返大吾(かざかえし だいご)
演:皆川健太郎
  • 一本杉芳樹(いっぽんすぎ よしき)
演:ひぐち朋

MTB編

山の皇帝


峰ヶ山の旧道で出会ったMTBライダー。坂道と同じ高2で群馬の陵成学園高校に通う。語尾に「ヨン」と「ちゃい」が口癖。目の色素が弱いため、常にサングラスをかけている。
インターハイのMTB部門で2連覇を果たし「山の皇帝(マウンテンカイザー)」の異名を持っている。」

「追いかける雷鳴(ライトニングチェイサー)」の異名を持つ、埼玉の長瀞東高校の2年生。
雉のライバルでもありインターハイでも戦っている。

雷音の妹でサポートを務める高校1年生で学校は兄と同じ。坂道のことを最初は中学生と思っていたが、後にIH2連覇した人と気づき驚く。坂道曰く怒った時と驚いたときの表情が分からないとか。

※画像は雷音と鈴音

Yoshimaru



  • 壱藤丹貴(いちふじ にたか)
群馬県立上前橋高校1年生、ビギナークラスで坂道とトップ争いをした男。「フォウ」が口癖。
「3のナスビ」はツッコまれることが多いためか聞き飽きてる模様。
鈴音同様、坂道のことを中学生だと思っていた。
公式ファンブックⅢでの2年生の記載は誤植である。

その他の登場人物

  • 広田弘志(ひろた ひろし)

声:田尻浩章
通称ヒロくん。ロードバイクをはじめて1年以上のサイクリニスト。登場するときはだいたい彼女(氏名不詳、声:高橋李依)とセット。1年生対抗ウェルカムレース時の坂道に勝負を挑んで敗れた。IH3日目、劇場版にも登場している。

  • 大桑島乃(おおくわ しまの)
弱虫ペダルの企画段階で主人公に設定されていた女子高生で本編未登場。単行本16巻おまけページに掲載されたネームではセミロングの髪を中分けにして一つにまとめられ、そこにアホ毛が追加されており、姿だけであれば眼鏡を外した宮原すずこに何となく近い(もちろん髪の長さは違うが)。
何かの部活で1番になりたいが2つのことが同時に出来ない女の子として設定されていた。
名前の「島乃」は機材メーカーのシマノに由来しているものと思われる。


『ラブ☆ヒメ』の登場人物


関連タグ

弱虫ペダル

関連記事

親記事

弱虫ペダル よわむしぺだる

子記事

兄弟記事

コメント