ピクシブ百科事典

吉丸雷音

よしまるらいね

『弱虫ペダル』のキャラクター(赤いTシャツの方)
目次[非表示]

「”とどろく雷鳴”!!光の速さを追いかける男 「追いかける雷鳴(ライトニングチェイサー)」!!吉丸雷音!!」

プロフィール

学年埼玉 長瀞東高校2年生
タイプ -
愛車GT(赤x紺)
身長171㎝
体重61㎏
BMI
誕生日7月30日
星座しし座
血液型B型


人物

MTB編に登場の雉弓射のライバルで「追いかける雷鳴(ライトニングチェイサー)の渾名を持つ高校2年生。吊り目で全体的に跳ね気味の黒髪にアホ毛が立っている。
かつては「先頭の雷音(ライトニングトップ)の渾名を持ち、小学5年に初優勝して以来地元レースで5連覇を含む公式戦9連勝の記録を持っていたが、中学最後の10連覇を目前としたレースで突如ラフな格好で現れた雉に大差を付けられて敗れたことで打倒雉に燃える。インターハイでも共に戦ったことが作中で記されているが、いまだ雉に勝っていない模様である。
そのため「ライトニングチェイサー」のあだ名は「トップの雉を追いかける2番手の男」の意味もあり、本人としては不名誉な渾名であることを妹の鈴音坂道に話している。ちなみに「雷鳴」は雷音自身のことを指す。

概要

雉に招かれて筑波山のレースに訪れ、雉を探そうとしていた小野田坂道の前に現れ、ポーズと台詞をキメながら親切の押し売りをしようとして(本人はおそらく自覚はない)、後からやってきた妹の鈴音にホイール組みのタイヤでゴリゴリやられ、その後MTBレースが初めての坂道にレースのイロハを教えている。その時の坂道のリアクションを見て鈴音共々「いいリアクション」と感激し、坂道に自分のファンになれと言い優勝を宣言する。以後坂道からは「チェイサーさん」と呼ばれ、反対に坂道のことを「ロードくん」と呼んでいる。

レースは坂道が鈴音と共にサポートをすることとなる中、スタート時にホールショット(先頭争いを制す)を決め、スタート時に出遅れるも奇策で追い上げを図り先頭に追い付いた「トリヤロウ」こと雉との一騎打ちとなり、一時は雉の焦りから失速し独走態勢となるが再び巻き返しを図られ、熱いデッドヒートの末、わずかの差で雉に勝利を許してしまう。
レース中、ピットエリアで鈴音がドリンクのボトルを渡し損ねて絶体絶命の中、間髪入れずに坂道がボトルを渡してカバーしたことで坂道から力を貰ったことが一時の独走態勢のきっかけともなっている。

レース後、坂道が雉の車両を借りて出場したオープンレースを鈴音と共に観戦、当初は坂道の劣勢に負けた姿を見られたくないだろうという配慮から帰り支度をしようと鈴音に声をかけるが、予想もしなかった追い上げや追い抜き方で順位を上げそのまま観戦、テクニカルコースで失速した際に「足を使え」とアドバイスして坂道にビンディングペダルを外して路面を蹴り進路変更することを教え、更には大曲りのコースを自分よりも登るラインが低かったものの勇気を出して走り抜けたことを評価している。
終盤は「自転車降りたら共に闘った仲間」ということで雉と共に観戦(鈴音は甘すぎと憤っていた)、トップ争いをする坂道と壱藤丹貴との戦況を見守る。本戦で争ったTOP2ということもあり他の観客からも熱い視線を向けられている。そして坂道の優勝で終わったレース後は帰路の途に就く坂道を雉と共に見送っている。

坂道のことはMTB初心者でただのロード乗りの中学生と思っていたが、同級生と聞いて鈴音と共に驚く。更にはIHロードレースで2連覇した人物であることを知らず、最初はIHの速報で聞いただけのイメージでは「ゴリゴリのパワハラ野郎」と思っていたが、自身のレース中の鈴音のミスに咄嗟にカバーして力を貰ったことでいいヤツだと認識し、後に鈴音からIHロードレース2連覇した人物だと聞き、雉共々驚きを隠さなかった(鈴音は雷音には言ったつもりであったが、雷音は聞いてなかった模様)。

余談

坂道が出場したレース中に坂道に向けて発した「足を使え」というアドバイスが、のちの峰ヶ山ヒルクライムで坂道が新開悠人に幅寄せされたときに咄嗟の機転でガードレールを蹴って回避したことで役に立っている。さらには「チェイサーさんから教わった」と、その渾名に鏑木がカッコイイと食らいつく。

関連タグ

弱虫ペダル 雉弓射 MTB

関連記事

親記事

弱虫ペダル よわむしぺだる

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「吉丸雷音」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 589

コメント