ピクシブ百科事典

竹書房クエスト

くそあぷり

「竹書房クエスト」とはポプテピピックのスマートフォンゲームである。
目次[非表示]

概説

正式名称は竹書房クエスト~強襲ポプテピピック~
開発はソリッドスフィア株式会社。

大川ぶくぶの大人気クソ4コママンガ「ポプテピピック」の世界観を元にしたオリジナルクソアプリでプレイヤーが竹書房社員を集め、ポプ子とピピ美を撃退しステージクリアを目指す。



2018年11月28日に配信されたのだが、配信初日からまさにクソっぷりを見せつけた

  • 規約を承諾してスタートさせると「いきなりサーバーメンテナンスのお知らせ」でゲームが始まらない
  • 11月28日の段階で、サービス開始は未定のままサーバーメンテナンス画面で「ポプテピクソみくじ」によるスクショタイムしかできなかった。

…ウソだと思われるだろうが、本当の話である。
その為、アプリ自体容量大きめなのに落としてみたらサーバーメンテナンスだった為にこれ自体がネタで、実態はクソみくじしかできないアプリだと思った人も多かった。

翌11月29日にようやくサービス開始となった。

内容

竹書房社員を雇用してポプ子ピピ美に戦いを挑むクソゲー。

以下、こんなものである。

  • 初回起動において渋いボイス「待たせたわね」
  • 案の定何から何までパロディだらけ。多方面にまた喧嘩を売るつもりなのか…
  • 初回起動で!ルールを!大雑把に!説明ッ!!
  • アプリゲームにお馴染みの他のプレイヤーとの共闘要素は全くない。
  • いわゆるゲームプレイで消費するスタミナの類は無いので延々とプレイ可能。
  • 戦闘は基本放置プレイ。一定時間無敵になれる場合のみ連打要素あり。
  • ステージタイトルにはナ○コのパロディなのに中身はコ○ミ(ハ○ソン)という知ってる人には危ないネタがある。
  • 戦闘中の宝箱は広告を再生(15~30秒程)しないと中身を取れない。しかもどういう訳か別会社の本物のゲームの広告もある
  • しかも広告再生の際はご丁寧にアイキャッチ付き。再生終了後もアイキャッチ。
  • 履歴書を消費して社員を採用し戦力にするのだが、そのガチャの単位が最大5桁。しかもそこまでしても入ってくる人数は、10000連してたった20人程度…。それならまだいい方で実は出現確率表に0%があるので運悪くそのテーブルを引いた場合は全く入ってこない事がある。
  • 社員の人数=プレイヤーのHP。社員に感情移入できる要素とかは一切ない。
  • なのに社員の種類がハンパなく多い。役員、部長、課長、主任、ヒラの5段階に分かれ、ご丁寧にその社員の実にどうでもいいような特徴まで書かれている。しかも役員以外はどいつもこいつも同じようなのばかりでコンプリートする気すら起こさせない
  • ガチャの項目に何故か「新卒採用情報」があるのだが、本当に竹書房の採用情報ページに飛ぶ。ちなみにその先にあったのは驚愕の新卒採用の事実が…!?
  • メニューの「ヘルプ?」を押すと…?
  • 何故かゲームのくせに本放送と再放送がある。
  • 課金購入での年齢設定による課金上限額設定があるが、一度設定すると完全固定されるので注意。特に未成年者は時間経過で更新されない。20歳以上は無制限固定。
  • 課金約100万円相当分になる量のアイテム(俗に言う石)を使うと全社員おろかステージ全開放。…本当にこれで解放した人がいるのかは不明である。ちなみにそのアイテムはゲーム内で微量程度で獲得できるがそこまで貯めるとなると相当時間と労力が費やされる事確実。さらにその全開放でしか入手できない限定キャラ飯田橋二七三がいるので実質社員コンプはほぼ不可能。
  • データ引き継ぎIDがないので一度消してしまうと最初からやり直しになる。
  • 課金要素として480円でプレイ速度が倍速になるハラマスコイなるモードが存在するが、三倍精神を使える時間も倍速になるためダメージ効率は変わらない。上述どおり引き継ぎ要素もないので一度消してしまうと課金し直す必要がある。

二度とやらんわこんなクソゲー!…と言えることうけあいである。

ステージの本放送・再放送

本放送をクリアするとステージがアンロックされるが、同時に再放送もアンロックされる。再放送自体中の人が変わるだけの可能性が高い。
しかし、最終ステージでは…

声の出演

ポプ子: 潘めぐみ堀内賢雄(再放送)
ピピ美: 伊瀬茉莉也大塚明夫(再放送)

パロディの一部

  • 起動時のタイトル画面がタイムスリップRPG風外部周辺機器の起動デモ風に稀に変わる。
  • 案の定BGMがどっかで聴いたような曲。しかもアニソンやゲームBGMのみに飽き足らず某夏の代名詞バンドの曲までパクる。
  • バトル画面は某最終幻想の大群バトルアプリ風。勝利BGMもそれっぽい。
  • ステージ3-2はなんとほぼ全部「カエル系ネタ」。そのステージのポプ子の技「ヘミングウェイ」は元ネタのタイトルの元ネタを知らないと本当にわからないネタ。コ○ミネタのはずなのにBGMは雇われ遊撃隊風。無論、そのカエルネタ込み。
  • キ○レコなのにピピ美の攻撃技にバ○ダイの映像レーベルのパロディがある。エモーい
  • そもそも声優がHUNTER×HUNTERの2人とメタルギアソリッドの主人公。


関連項目

ポプテピピック クソゲー

関連記事

親記事

ポプテピピック ぽぷてぴぴっく

兄弟記事

コメント