ピクシブ百科事典

碓氷アブト

うすいあぶと

碓氷アブトはアニメ『新幹線変形ロボ シンカリオンZ THE ANIMATION』登場人物のひとり。

お前は運転士で、オレは整備士だ! 二人でシンカリオンを動かしているんだ!

ビビる必要は無い、お前が乗っているのは、シンカリオンだ!」
CV:鬼頭明里

概要

 小学校5年生ながら『新幹線超進化研究所 横川支部』に所属する整備士で、在来線型武装支援機『ザイライナー』シリーズや『スマット』の研究開発にも携わる頭脳明晰な少年。群馬県横川出身。家族は母親のシラユキが登場しているが、父親は不明。 日本家屋の和室に住み、EF63のポスターが貼っている。

 銀髪(?)に母譲りのメッシュ付きアホ毛が入った短髪に、紫字に交差した白つなぎが特徴。外出時は白いウインドブレーカーを羽織る。表面上クールながらも、ハヤトと同等に鉄道好きで、地元に『碓氷峠鉄道文化むら』が有ったのが切欠で興味を示したと云う(月刊アニメディア21年6月号 インタビュー参照)。よく冗談を言い、「アレは嘘だ」が口癖。

 だが、製作に関わっていたにも関わらず『シンカリオンZ』を動かすのに必要な適合率(鉄分)が低く、操縦席へ行ってマスコン部分にモバイルshinkaが掲示したZギアを翳しても拒絶するアラームが鳴り響く。

 OPの1カットには何故か影を落とす表情が有り、プロフィール持ちにも関わらず、適合率やZコードの所在も含め要所要所で謎が多い。バックに居る帽子とフードで覆った父親と思われる人物と、彼の予知夢に現れる謎の新幹線がキーマンと思われるが…

 名前の由来は、今作の舞台(横川支部)がある碓氷峠と、かつて信越本線碓氷峠で使用されていた歯車を使用した鉄道方式の一種であるアブト式より。

 日本ではこの方式を「アプト式」と呼ばれることが多いが、本来の発音的にはアブトの方が近い(Abtとはシステムを開発した人名である)。一部ファンには『碓氷アプト』と間違えられている。

 OPやED映像にも、碓氷峠にある廃線跡やアブト式機関車ED42が多く登場する。

関連タグ

新幹線変形ロボ_シンカリオンZ_THE_ANIMATION

関連記事

親記事

新幹線変形ロボ_シンカリオンZ_THE_ANIMATION しんかんせんへんけいろぼしんかりおんぜっとじあにめーしょん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「碓氷アブト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13102

コメント