ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

碓氷アブト

うすいあぶと

碓氷アブトはアニメ『新幹線変形ロボ シンカリオンZ THE ANIMATION』登場人物のひとり。
目次 [非表示]

お前は運転士で、オレは整備士だ! 二人でシンカリオンを動かしているんだ!


ビビる必要は無い、お前が乗っているのは、シンカリオンだ!」

CV:鬼頭明里


概要

 『新幹線超進化研究所 横川支部』に所属する整備士で、小学5年生ながら在来線型武装支援機『ザイライナー』シリーズや『Zギア』/『スマット』の研究開発にも携わる頭脳明晰な少年。群馬県横川出身。4月1日生まれ。


 両親との3人家族。母親のシラユキは実家にいるものの、父トコナミは数年前に行方不明に。日本家屋の和室に住み、EF63のポスターを貼っている。


 青みがかった銀髪と金色の瞳、白い肌、赤みが強いピンクのメッシュのある母譲りのアホ毛の少年。紫字に交差した白つなぎが特徴。外出時は黒いハイネックシャツをインナーに白いウインドブレーカーを羽織り、エンジの長ズボンを履く。表面上クールながらも、ハヤトと同等に鉄道に詳しい。地元に『碓氷峠鉄道文化むら』があったのが切っ掛けで味をしめたという(月刊アニメディア21年6月号 インタビュー参照)。よく冗談を言い、「というのは嘘だ(アレは嘘だ)」が口癖。

 

 だが、身体機能は十分、製作に携わっていたのにもかかわらず『シンカリオンZ』を動かすのに必要な鉄分が低く、自分では乗ることができなかった。製作もアブト自身の閃きではなく、父の失踪後に唐突に見始めた予知夢からの概念図を思い出しながらである。

また、サイコメトリも備わっており、トコナミや物に宿る当時の光景などを読み取ることもある。

初めてテオティの襲来の際、E5で迎撃しようとするも適合率の低さから起動すらせず、涙を流して断念し、高い適合率が判明したシンにスマットを渡す。シンの初勝利に沸き返る指令室の中で、複雑な心境でE5を見つめ島に心配されていた。


OPの1カットには何故か影を落とす表情があり、レギュラーメンバーにもかかわらず適合率やZコードの所在も含め要所要所で謎が多いキャラクターとなっている。OPでアブトと背中合わせの帽子とフードで顔を隠した父トコナミと思われる人物と、予知夢に現れる闇の新幹線が鍵であるだろう……と思われていた。


ダークシンカリオンに搭乗、闇堕ち

闇堕ちアブト


 Z合体の構造概念はトコナミの思念波によるテレパシー夢で送られた設計図を元になっており、シンカリオンZの改修およびザイライナーの設計はそこから生まれた。日本各地のクサビ石の近くの史跡に隠されたZコードの隠し場所のヒントも解き明かし、順調にザイライナー開発とZ合体によるシンカリオンZの強化は進んでいた。






···のだが怪物体(名称不明)撃破後、突如闇の新幹線を走るところを目撃。後を追っていくととある廃線で闇の新幹線を見つけ、導かれるように乗り込むとZギアが搭乗に応じて機能がダークシンカリオン用に上書きされ、Zギアの音声で初めてダークシンカリオンの存在を知る。


Zギアモバイルシンカ、閉塞解除。ダークシンカリオン。』

アブト「ダーク···シンカリオン···?」



そのまま闇の新幹線=ダークシンカリオンに搭乗して消息を絶ち(公式ではアストレアのテレパシー夢により誘導されたアブトが、トコナミ恋しさに「ダークシンカリオンはトコナミの手がかりであり、自分を呼んでいる」と確信したからとある)、敵を欺くにはまず味方からとダークシンカリオンでシンたちを攻撃し潜入を試みていた矢先、テオティの本拠地である超巨大宇宙船ユゴスピアで父トコナミと再会する。


トコナミは「ダークシンカリオンに心を奪われていないとわかって、安心した」と意味深な発言をするが、その言葉の真相とは······。




 実はトコナミは変身能力で地球人に擬態するもテオティであり、アブトがトコナミからの思念波を受け取り、ダークシンカリオンを運転できたのは、テオティの血を父親より引いていたからだった。即ちテオティと地球人類の異種混血児である。再会直後、カンナギの危険性を説明しようとしたトコナミはすでに察していた気配の主、トコナミを地球に送り込んだアストレアにより身バレしていたため、トコナミはアストレアにより声を奪われて人質にされアブトは望まぬ仲間との敵対行為を強要される。

 カンナギの想像を超える悪意を知らずにテオティの住み処を案内され、カンナギやヴァルトムたち戦士しか存在しないと思っていたため、想像でしていなかった非戦闘員の民とセツラを初めとした子供たちに会う。


 その後、デアボル数十体をダークシンカリオンで撃退したことによりテオティ達からは「救世主」と崇められ、特にセツラとは闇の新幹線にこっそり乗り地球についてきた彼に駅弁「かしわめし」をご馳走したり、花火大会を見せて関わりも増え、さながら兄と弟のような関係になる。
















 だが、民とのふれあいを含め、民をも利用し最終的に心を壊してダークシンカリオンを動かす道具に仕立て上げるカンナギの策略だとは知る由も無い。民を思い民に慕われる、民にとっては守護者だと騙されてしまう。


民に救世主崇拝で牙を抜かれ、テオティを憎みながらその憎しみを向けられなくされ、先住民族の地球帰還という悲願を見せられ同情を誘われつけ込まれ、父の種族と母の種族の板挟みにされ眠れぬほど悩み苦しみに追いつめられる。


ダークシンカリオンの特性による侵食は徐々に自覚症状が出始め、必死に否定するもカンナギに時間の問題だと嘲笑され、壊れる過程を楽しんでいる姿に衝撃を受ける。そこまではしないだろうという甘い考えが残っていた模様。


 限界を迎え支配させようとするカンナギに抗うことに疲弊して屈服し「父さんに会わせてくれ」と弱音を吐き、支配を確信したカンナギにより面会を許され声を奪われたままのトコナミに再会するが、人類として地球に還るべきかテオティとして留まるべきか答えの出ない苦しみを訴えるだけだった。


 29話では、セツラが王を手に掛けたヴァルトムが力を手に入れパワーアップしたところに居合わせ、カンナギとの交渉材料として地球へ連行。用済みと判断したヴァルトムにけしかけられたデアボル数体により、必死にダークシンカリオンで急行して伸ばした手も空しく眼前でクサビ石ごと吹き飛ばされてしまう。怒りの念に駆られ我を忘れ、デアボルをヴァルトムが恐れおののくオーラを纏わせ撃破。その際に起きた落石に巻き込まれて意識を失うが、直前の彼の目には涙が伝っていた。

「セツラ······」







 実はセツラはソウギョクに救われて超進化研究所に送り届けられており、シン達と「アブトの知り合い」と名乗り邂逅を果たしていた。




···がアブトは目覚めたところでZギアに送られてきたシンのメッセージに添付されていた写真から、シン達がセツラを鹵獲したと思い込み、超進化研究所へダイナミックに「セツラ奪還」に急行。

その時の彼はセツラの無事を安心する余裕すらなく、ただ友であっても大切な存在を危険にさらすなら許さないという怒りに突き動かされているだけであった。これについては、闇の新幹線を運転した事による副作用で怒りが増幅され正常な判断が不可能な状態になっていると考察もされている。


「返せ···返せ!セツラを···返せ!」




 その(トレランティアも影響していると思われる)オーラは闇の新幹線をモニター越しでも判断できるレベルで、セツラはモニターで闇の新幹線を見て「あっ、アブト!『迎え』に来てくれたんら!

あれ?なんか違う。すごく···怒ってる?」と困惑していた。



 シン達との戦いの最中、カンナギの策略で追いつめられ負の感情が引き金となりトレランティアが暴発し、アブトの膨れ上がった負の感情がダークシンカリオンの神経中枢と融合する。テオティに似て非なる容姿となる。父親の擬態の色彩を受け継いでいたが、青みがかった銀髪は黒く染まり腰にかかる長さに伸び、アホ毛のメッシュは血のような紅になり、瞳は燃えるような金色になり激昂すると赤く染まり、肌は人外を思わせる灰白となり、額と両頬にはピンクの光る紋様が刻まれ、口内は青紫色になる。

 テオティ化と言われるのだが、似て非なる異様な存在と化す。


怒りに染まったアブト君

「俺はアブト···テオティだ!」


 激闘の末に意識を失うが、明星アケノへの擬態を解いたアストレアに回収されユゴスピアに帰還。


 それ以降、ヒステリックで冷酷な性情に変わってしまうが、超能力でトコナミの首を締め上げるアストレアを制止していることから親子の情は残ってはいる模様。しかし、トコナミの話を聞こうとせず、カンナギの主張する地球人類殲滅を妄信するようになる。が、シンとの2度目の対決でトコナミがシンを助けて発言し、自分の行動を否定されて動揺するだけの思慕があることが判明する。



 ヴァルドルが北海道に不時着した際、一足先に地球に降りていたカンナギに呼ばれ、トコナミを蔑ろにしており、制止を無視して地球に向かってしまう。

「俺は父さんと母さんを守るためなら鬼にも悪魔にでもなる、心配しないでくれ。」 と言いつつ、トコナミに背を向けカンナギに奉仕する日々を送り、親子関係は悪化するばかりだった。

 だが、ヴァルドルが沈静化されヴァルトムが逃げても木陰に潜むカンナギは文句を言うだけで何も命令せず、命令しなくても暴走するのが常のアブトもまた何も行動しなかった。2人で何をしに地球に降りたのか謎である。


 ヴァルドルに牽引される形でZ_E5に乗って宇宙まで来たシンと再び対話という名の交戦に突入。シンからの攻撃を受け吹っ飛んだ···が、ヴァルトムによりヴァルドルと同様にトレランティアの力を注ぎ込まれ、暴走状態に陥りZ_E5をデビルグランクロスで宇宙へと吹き飛ばす。


 その背に、届くことの無いセツラの悲痛な慟哭が響き渡るだけだった。


 先の戦いで吹き飛ばされたシンはトコナミと一部のテオティに助けられ、療養する傍ら、その姿勢に民も心を開いていく。2度目の決闘が始まるが、シンカリオンは可能性をもたらしてくれる存在であり人と人とが手を取り合うことの大切さを諭すトコナミの声に揺れ動くが、民の心が離れたことを知らないカンナギの煽動により自分だけがテオティを守っていると勘違いしZ_E5をなおも攻撃する。


30話のアブト君

「俺の邪魔をするなぁー!」


 だが、シンの思いに触れ、思想が変わり始めたパフラムカマルスが攻撃を防ぎ、説得。その考えに触れトコナミに賛同したテオティの民が宇宙船のメイン動力を超進化電力に転換させたZ_E5ヤマノテと激突。互いに武器を弾かれながら宇宙へ飛び最大出力のデビルグランクロスを放つが、シンカリオンの可能性を信じた技に押し返され犯した罪に気づき、シンとトコナミに謝罪。深層意識の中でシンに差しのべられた手を取ると、トレランティアの影響も完全に消えて元の人格と容姿に戻った。


 かくして、2人の戦いはようやく終わりを告げるが、思念波でトコナミにより母シラユキを託され、カンナギとアストレアを道連れに宮殿区画を破壊工作で切り離しトコナミは宇宙に去ってしまう。





仲間という本線に戻って


 長期の休校という扱いで、シンの訪問もそこそこに山積みの宿題を片付ける羽目になんとかこなしていくが、冬休みや夏休みの自由研究も終わっていなかったことが判明。

宇宙を漂流するトコナミの救出とユゴスピアで暮らすセツラたちを心配し、猛スピードで宿題を片づけてゆく。


 だが、「題材ならとっくに決めてある。今年は8月にEF63のペイントイベントが···と余裕を見せるが、それは去年(2022年)のイベントであり、宇宙にいて時間の感覚が狂っていたのか「お、おい···今日は何月何日だ~っ!?」と現場に直行するも、既に塗装済みのEF63を前に題材が白紙になり、スマット曰く「かつてないショック」を受け、シンからも「お前はEF63の何なんだよ」と突っ込まれる。


 半年も失踪しテオティに寝返っていたのだが、まったく時間の経緯がわかっていなかったか、トレランティア暴発でどうでもよくなり、時間の経過を意識の外に追い出してでもいたかのようなポンコツぶりだった。


 偶然横川支部の保守点検に来ていた吾孫子を皮切りに、研究所の面々からよさそうな題材を聞いて回る中、島から大宮支部に解析中のダークシンカリオンを見に行くことに。


 ダークシンカリオンに触れ、ダークシンカリオンの口部分に吸い込まれるビジョンを見るも、シンに引き戻される。


 その後、冗談半分でシンが「自由研究のテーマをダークシンカリオンにする」案に「ありだな」と屋上で軽口を叩き合う「いつものアブト」の余裕を見せた。シンカリオンZの存在は機密事項のため、実際はできないのだが。


 全体的に表情も明るくなり、ダークシンカリオン搭乗前よりも小学生らしい雰囲気になっている。


 だが、倒されたはずの巨大ワダツミが出現した一報を受け、Z_E5と共にダークシンカリオンで出撃。妖しげな一太刀でダークシンカリオンが反応し、トレランティアに取り込まれ掛けるも、シンから何時ものオカルトのたとえ話でフォローされる。


 2度目のシンとの戦いの時に「手と手を取り合う絆の力」をトコナミに諭されていたことを思い出し「俺はもう、1人で戦ってるんじゃない!隣に仲間がいるんだ!」と気づき、それに伴い、機体が光り輝く白銀のダークシンカリオンアブソリュートに超進化。怨念を撃破する。


呪縛からの解放、新たな力を胸に秘めて──


 直後に現れたヴァルトムが「この星の王になる」と宣言し、地球をリセットする破壊神アラバキを使うと気付く。

 因みに、カンナギとアストレアの目的もヴァルトムと同じアラバキ復活による地球のリセットである。


 逆恨みで襲って来たカンナギが禁忌のコードで暴れるが、アブソリュートグランクロスでコードを粉砕して救い、その矢先、今度はアラバキがついに復活を遂げ攻撃するも無効化され打つ手なしと絶望しかけるが、トコナミなら何か手掛かりを知っているかもと宇宙に向かう。


 崩壊しつつある宮殿に突入し、トコナミを救出し無事を喜ぶ。アラバキ復活を訴え、実は対アラバキのためにダークシンカリオンを開発し、設計図を思念波で送ったシンカリオンZにも同様にかつてのシンカリオンのようにシンカリオンZ同士での合体を可能にする「ダブルZ合体を組み込み、遊び心で作ったと思っていたシンカリゲッターが「ダブルZ合体」に必要なZコードを取得するためのものだとトコナミから教えられる。


 超進化研究所ではアラバキの弱点が塩だとわかったものの作戦立案に至っていなかったが、アブトから「ダブルZ合体」とトコナミが準備していたことを知らされ、アラバキ討伐作戦を決行することになった。


 アラバキの根を断ち、シンのE5とアブトのダークシンカリオンアブソリュートを核とした2機のダブルZ合体のシンカリオンZが持ち上げ、トコナミがユゴスピアのアンカーを打ち込んで大気圏外に引きずり出し、ダブルZグランクロスでアラバキを撃破し太古から続く因縁の戦いに終止符が打たれた。


 ようやく妻の許に帰ることができたトコナミ、アブトに続いて夫が帰宅しシラユキは幸せの絶頂だった。「南アルプスあぷとライン」(大井川鐵道井川線)の列車に乗り、両親と家族旅行を楽しむアブトは幸せをかみしめていた。




将来の夢(『 小説 新幹線変形ロボ シンカリオンZ ヤマノテ・クライシス』ネタバレ注意!)

















Z本編完結から半年後を描く『公式小説 新幹線変形ロボ シンカリオンZ ヤマノテ・クライシス』で、小学6年生となったその後が明らかになった。


 群馬県の横川の自宅から、大宮小学校と超進化研究所大宮支部に通い有事に備えて「シンカリオン ALFA-X」をZ仕様にと「シンカリオンZ ALFA-X」に改良する父トコナミと整備長である島ゴイチを手伝う日々。

侵略行為に憑りつかれたテオティの王家の姉弟カンナギとアストレアにより引き裂かれた日々は家族共々に耐えがたい苦痛を味わったため、母シラユキには東京都内の私立中学受験を勧められるが、二度と離れまいと徹底して地元の教育機関を選択する。

近隣の公立中学校に進学して「マエタカ」と呼ばれる群馬県の進学校・前橋高校を目指し、そして前橋工科大学に進み、鉄道技術に関する本格的な勉強をしたいと考えている。

やがてはシンカリオンZの開発者になるという夢を叶えるために。




名前の由来

 名前の由来は、今作の舞台(横川支部)のひとつ碓氷峠と、嘗て信越本線碓氷峠で使用されていた歯車を使用した鉄道方式の一種であるアブト式より。


 日本ではこの方式を「アプト式」と呼ばれることが多いが、本来の発音的にはアブトの方が近い(Abtとはシステムを開発した人名である)。一部ファンには『碓氷アプト』と書き間違えられる。


 アプト式により鉄道による碓氷峠越えが可能となったのだが、転じて「不可能を可能に」する人間となってほしいという願いが込められていることが、8話にて言及された。


 OPやED映像にも、碓氷峠にある廃線跡やアブト式機関車ED42が多く登場する。



余談

 4話でシンが「鬼退治に関する話」をした際に、カスミを鬼(というよりは鬼娘)役にして話を進めていた(当然彼女からは「なんで私が鬼役なんですか!?」と不満気だった。ちなみにその話の中ではシンは「鬼退治する臣下」アブトは「帝」に置き換えられていた)。

 が、やはりアブト役の鬼頭氏といえば彼女の持ち役の一つである「竹筒を咥えた例のあの娘」を思い浮かべる人は少なくなく、その場面を見た視聴者達から「吾孫子カスミの鬼娘も悪くは無いが何か物足りない」「中の人的には『アブトが鬼役』の方がしっくり来そう」「そりゃ吾孫子ちゃんも文句言いたくもなるわ」などと茶化される事態になったが、当のカスミ役の千本木氏も「無限列車編」にて三つ編みの少女役として出演していたり、スマット役の福山氏もそのTVシリーズにて矢琶羽役であったため、掌返しで「シンの発言がある程度的中していた」などと茶化される事になった。

 また、セツラに食べさせた駅弁を見て「そこは『牛鍋弁当』じゃないのかよ」と落胆したファンもいたが、流石にこれに関しては「(元ネタの)状況からしてそれは無い」と失笑混じりにツッコまれている(実際、同作でもこの時点では禰豆子は炭治郎が背負っていた箱に入っており「手荷物扱い」だの「無賃乗車」だのという状況で「杏寿郎が『美味い!』と連呼しながら食べていた」現場を見ていないため、弁当の中身を知らなくても無理は無い)。

さらにアブトが暴走した原因を「禰󠄀豆子が『闇堕ち』しなかったツケがこっちに回った」「同じ『鬼頭明里キャラ』でも『自己暗示』とか『竹筒』が無いから制御不能になったのでは」と冗談交じりに分析するファンもいるという。


 心を操られて洗脳されカンナギの支配に屈服した末にトレランティア暴発で心を破壊され、トコナミとシンの努力で正気に戻り地球に帰還したのであるが、物語開始時の2022年に続き翌年2023年の塗装イベントを逃しており、クリスマスを経て年越ししていることからも、1年くらいテオティ側にいないと辻褄が合わない。

 因みに、2021年はまだソウギョクが居酒屋をはしごしつつ、宇宙にいると思われるキトルザスの同胞に通信し続けていたが、それを月野メーテルが傍受し出水の指示で1年間も追っており、竜飛岬で敵として対峙し彼を撃破したという事実があった。前作および本作はガバガバな設定と展開で有名だが、時間軸においても同様であるらしかった。


関連タグ

新幹線変形ロボ_シンカリオンZ_THE_ANIMATION

新多シン


セイリュウ(シンカリオン):シンカリオンの敵ロボ運転士並びに敵種族の一人繋がり。二人共々重度の鉄オタで容姿に関しては銀髪という点も共通している。


カムイ・ショウ:アニメの放送時期が同じキャラ繋がりであり、人間と別の種族という二つの種族の間に生まれたハーフでそのはざまで苦悩するというのも共通。そして途中からかつての仲間であった主人公らと戦うのも…。ちなみに彼の仲間の一人はシマカゼの声優が演じている。


ヒジリ・アキト:主人公との相方とも言えるメカニックマン繋がりであり、その力で戦う者になれなかったことで苦悩していたもの繋がり。またこちらも夏から翌年の一月までではあったが、シンカリオンと一緒に放送中であった。


うちはサスケ同じ放送局におけるもう一人の主人公かつ主人公の親友繋がり。それと同時に途中から宿敵になった者繋がりでもある。負の感情により秘められた力を覚醒させ主人公の抹殺を図るが、死闘の末に和解するという展開も共通。


水野亜美/セーラーマーキュリー/ダークマーキュリー:闇堕ち(実写版のみ)繋がり。


如月春菜/コレクター・ハルナ/エビルハルナ:闇堕ち経験のある主人公の友人繋がり。


千代田桃:闇堕ちおよび中の人繋がり。ただし彼女の場合は主人公を守るための闇堕ち。

関連記事

親記事

新幹線変形ロボ_シンカリオンZ_THE_ANIMATION しんかんせんへんけいろぼしんかりおんぜっとじあにめーしょん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 573691

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました