ピクシブ百科事典

ボイメン

ぼいめん

『東海エリア出身・在住のメンバーで構成されたイケメンユニットBOYS AND MENの略称。
目次[非表示]

※ユニットとしての正式名称は「BOYS AND MEN」だが、(途中の空白を「_(アンダーバー)」に変更したり、「BOYSANDMEN」と間を詰める必要がある為か)ピクシブでは「ボイメン」タグが最も多く使用されている為、本記事にて説明する。

概要

ボイメンとは、メ~テレで放送された番組『IKEMEN NAGOYA』との連動で行われたオーディションよりスタートしたイケメンユニット「BOYS AND MEN」の略称。

かつてはミュージカルの定期公演をこなしており、現在はテレビ・ラジオ・雑誌などで幅広く活躍中。
歌・ダンス・芝居だけでなくインラインスケートイリュージョンなどもこなしていた総合エンターテイメント集団。
(しかし、現在の活動内容はほぼアイドルなので、こちらのカテゴリに入っているようである。)

名古屋を拠点とし、ほとんど芝居等の芸能未経験の若者達で、ゼロの状態からスタートし、2015年には、ローカルアイドルとしては異例中の異例、日本ガイシホールでの「ボイメン☆騎士 THE FINAL 夢の1万人ライブで重大発表! オレ、卒業します。」にて約1万人の観客を集めるまでに成長した。
さらに2017年1月7日には初の武道館ライブを成功させ、それを皮切りに番組出演や映画のメインキャスト出演が急増し全国的な知名度も飛躍的に上がった。
ここに至るまでには、メンバーの日々の努力によるところが大きく、ほぼ毎日、休み無くイベント出演に飛び回り、少しづつファンを増やして行った結果かもしれない。現在も「汗臭い」「泥臭い」をコンセプトにしている。

2016年に入りメジャーシングル2曲が続けてオリコンウィークリー1位、更にアルバムが(アイマスに次ぐ)2位に食い込み、認知度を少しずつ全国に広げている。同年8月に発売したシングル「YAMATO☆Dancing」が最大手の同日発売曲と1位争いを繰り広げ、結果2位となってしまったものの注目度が更に高まる。

途中、耐えきれずに脱落していったメンバー、大人の事情にて離籍していったメンバーも多いが、現在残っているメンバーは見事に戦いを続け、現在は「YanKee5」「誠 MAKOTO」などのユニットで活躍。

また弟分にはメジャーデビューした「祭nine」「BOYS AND MEN研究生」とさらにその下の弟分、通称「エリア研究生」(~研究生の後に東京、名古屋、関西、福岡など漢字の地名が付く)や
「ボイメンベイビーズ」(小学生以下の研究生)、
現在BOYS AND MEN研究生に合併されている「BOYS AND MENトウキョウ」(アメーバブログのみ残っている)
妹分にはエンターテイメントユニット「おとめボタン」がいる。

「YanKee5」は、ラジオ番組、雑誌等の数々のレギュラーを持ち、「誠」は、地上波で放送されるCMを獲得。名古屋テレビ塔のイメージキャラクター(後に研究生に譲渡)となり、スターキャットチャンネルの番組「まちバル」のメインMCとして活躍中。

さらに……

鯱とバナナ


メンバーのうち小林豊は全国区の特撮作品『仮面ライダー鎧武』で駆紋戒斗/仮面ライダーバロン役を、辻本達規東海地方ローカルヒーロー作品『黄金鯱伝説グランスピアー』で帯刀大河/グランスピアー役で出演している。

メンバー

※カッコ内はイメージカラー

Yankee5

水野勝(金)
Yankee5及びボイメンのリーダー

田中俊介(銀)

田村侑久(水色)

辻本達規(赤)

小林豊(黄緑)


本田剛文(桃)
誠リーダー

勇翔(白&紺)

平松賢人(黄)

土田拓海(紫)

吉原雅斗(深緑)

関連タグ

アイドル 進化理論 ニューチャレンジャー

八十亀ちゃんかんさつにっき:アニメ第一期8話にて冒頭のおことわりを辻本達規、本田剛文が担当

関連記事

親記事

ローカルアイドル ろーかるあいどる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ボイメン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 278059

コメント