ピクシブ百科事典

八十亀ちゃんかんさつにっき

やとがめちゃんかんさつにっき

「月刊ComicREX」にて連載中の漫画作品。作者は安藤正基。
目次[非表示]

概要

一迅社発行の漫画雑誌『月刊ComicREX』にて、2016年7月号より連載中の4コマ漫画作品。作者は安藤正基。単行本は2018年12月の時点で5巻まで発売されている。
もともとは同氏がTwitter上へ『息抜き』として投稿していたものだったが、好評につき漫画雑誌での連載が決まって現在に至る。

あらすじ

主人公・陣界斗は、東京都育ちの高校生。家庭の都合で愛知県へ転校してきた彼は、名古屋地区独特の方言や食文化に関心を持っていたものの、実際は期待外れ。
しかし偶然出会った方言丸出しの女子高生・八十亀最中との出会いをきっかけに、方言や食文化を身近に知る機会が増えていくようになる。

主要登場人物

陣界斗
CV:市来光弘
高校2年生。東京から引っ越してきた。八十亀最中たちが所属している写真部へ入部した。最中と仲良くなりたいと思っているが、いつも彼女に怒られがち。デリカシーがなく、無自覚に他人の地雷を踏むため、ぼっちではないが友達は少なめ。

八十亀最中
CV:戸松遥
高校1年生。地元・名古屋が大好きで、東京の人間を目の敵にしている。
猫のような風貌・髪型で露骨な名古屋弁を操る。

只草舞衣
CV:若井友希
岐阜県出身の高校1年生。さるぼぼ風の帽子を被っている。
可愛い女の子が大好きで、最中や地方アイドルのライブ参加、美少女アニメのフィギュア集め(作中では大須で『えるたそ』のフィギュアに飛びついていた〈アニメでは戸松遥つながりからかナギのフィギュアに変わっている〉)に余念がない。何故か尾行が得意。最中の東京嫌いを改善すべく、界斗を写真部へ入部させた張本人。方言訛りはなく、地元愛は無さそう
名字の読みは『た だ く さ』。『だ だくさ(もったいないまでに無駄遣いするさま)』ではないが、色々と才能の無駄遣いはしている。

笹津やん菜
CV:小松未可子
三重県出身の高校2年生。界斗のクラスメートであり、写真部の部長をやっている。髪型は伊勢海老風のツインテール(作中で寝坊した際抱き枕も伊勢海老型のものを使っているのが判明)。
実は極度の寂しがり屋で構ってちゃんの一面がある。
「出来やんかったら(出来なかったら)」の様な特徴的な三重弁を使うが、八十亀ちゃんほど強烈でもない。

陣繁華
CV:東城日沙子
界斗の妹で高校1年生。最中とはクラスメートの関係であるが、極度のビビりで、方言ばかりで意図が読めない発言とその鋭い目つきから誤解し、彼女を恐れている。
ちなみに、東城氏は繁華登場前の2話にてコメダ珈琲店店員の役も担当し二期の二話にて店員のCVは内山悠里菜に変わったが繁華もコメダ珈琲店に行った。

初内ララ
CV:南條愛乃(2期)
写真部の顧問教師。静岡県(遠州)出身。東海三県(愛知・岐阜・三重)からハブられがちな静岡を憂いている。無限キテレツ地獄も嘆いている。

雀田来鈴
CV:松井恵理子(2期)
単行本のカバー裏に掲載されているスピンオフ作品『じゃんだら先輩は美可愛い』の主人公。
愛知県三河地方出身。名古屋に対抗意識を持っている。感情が昂ると三河弁が出る。
意識しているかは不明だが担当声優の松井氏は自身のブログのタイトルに『愛言葉は☆じゃんだらりーん!!』と付けている。

鉄平くん
CV:赤羽根健治(2期)
『じゃんだら先輩は美可愛い』の登場人物で鈴の後輩。千葉県出身。本編の界斗と似たような立ち位置。
鈴の三河弁や三河地方自慢に困惑している。

テレビアニメ

第1期は2019年春アニメとして1話あたり5分のテレビアニメ(ショートアニメ)が放送。
人外さんの嫁』でアニメーション制作を手掛けたサエッタと、総監督を担当したひらさわひさよしが再びタッグを組み、同作品で作画監督を担当した早坂皐月がキャラクターデザインを手掛ける。

地上波での放送局は地元・テレビ愛知(毎週木曜日19時53分~)と東京の独立局・TOKYOMX(毎週月曜日21時54分~・毎週火曜日25時~のリピート放送あり)の2局。また、CS放送・AT-X(毎週金曜日22時40分~)での放送のほか、dアニメストアニコニコ動画などの媒体でインターネット配信も行われた。

第1期の最終回放送後に第2期の制作が発表された。放送は2020年1月から順次放送。

第3期の製作も正式に発表された。2021年放送予定。

補足・小ネタ

  • 原作4コマ漫画には「やとがMEMO」と題して解説が掲載されている。(アニメでもきっちり初登場キャラの紹介文などで再現されている)
  • 作中のヒロイン・八十亀最中は2017年より「名古屋市観光文化交流特命大使」のメンバーの1人になった。
  • テレビアニメ版ではキャラクターの出身県と声優の出身県が同じになるように設定している(例外は界斗)。さらにはEDのクレジット欄には作画など制作スタッフまで含めた全員の出身地が括弧書きで追記されているが、『イリノイ州』とか日本国内でない地名もチラホラ。
  • テレビアニメ版では冒頭に『おことわり』が表示されるが、そこまで配慮するべきなのか……という心の声が聞こえてきそうな気配もしないでもない。2期でも継続して表示される。
    • その冒頭の『おことわり』のナレーションは毎回起用キャラが変わるが、作品内の登場キャラではない人物も担当しており、第1話はテレビ愛知のアナウンサー、第5話は高柳明音氏、第8話はBOYS AND MENの本田剛文氏&辻本達規氏、第10話は河村たかし名古屋市長、第12話はアニソン歌手・水木一郎氏が担当した。
    • ちなみに、一期第1話で界斗が東京と名古屋の文化の違いを楽しもうと思ったのにと嘆くシーンで味噌煮込みうどん、エビフライ、手羽先、味噌カツと共に男性の顔が目線付きで映るのだが、顔のエラの張り具合に加えて背広を着ているうえに議員バッジらしきものを付けているのが確認できるため河村市長と思われる(ED表記は『男』でCVは梅津秀行氏が担当。梅津氏は2期6話での名古屋飛ばし、7話でのご当地アイドルについてのナレーション、12話での味噌の声も担当)。
    • 2期の『おことわり』は1話が1期の一話と同じアナウンサー、2話がTEAM SHACHIの大黒柚姫、3話がOS☆Uの香田メイ、4話がdelaの沢口愛華、5話がコスプレイヤーえなこ、6話が亜咲花、7話が名古屋おもてなし武将隊の前田慶次、8話が主題歌担当の+α/あるふぁきゅん。、9話が乃木坂46の佐藤楓、10話が古畑奈和が11話が戸松遥つながりなのか天野ケータ(ED表記はキャラ名のみでEDに表記されている出身地は『さくらニュータウン』になっており、おことわり内で妖怪を呼ぼうとするのだがなぜか最中を呼ぼうとし、最中が妖怪じゃないと言う中の人ネタをやっている)、12話が原作者の安藤正基と担当編集者が担当。
  • 以下の実在店舗が実名登場している
    • コメダ珈琲店』:アニメ版第2話。許諾済み。
    • 赤福』:アニメ版第5話。協力済み。
    • 寿がきや』:アニメ版第6話。本編終了後のCMでも寿がきやのCMが流れた。
  • 第1期第12話で『かんなぎ』の『motto☆派手にね!』のカラオケ版を流したのは、同じ出版会社掲載誌中の人ネタがあった縁から(只草舞衣の紹介文参照)。
  • 第1期の最終回・第12話は戸松遥氏が歌う『燃えよドラゴンズ!』でEDを締めくくった。ちなみに、12話中にうつるカラオケの週刊ランキングでは一期のED『DELUXE DELUXE HAPPY』が1位になっている。
  • 第2期でも名古屋ご当地CMが流れるのだが、この枠自体はさりげなく一迅社枠であり、その枠を使ってCMを流しているようだ。
  • EDの最後に日記帳が映るのだが一期の時は一冊だけだったが二期では二期の表記が『八十亀ちゃんかんさつにっき 2さつめ』という表記のためか2冊ある。
    • 2期のEDが流れた後に『じゃんだら先輩は美可愛い』が流れる(1話、7話、9話のみでそれ以外の回は無し)。雀田来鈴鉄平くんが登場し、一言喋って終わる。
    • 2期2話EDあけに八十亀最中が夕暮れの学校にてジャージ姿で熱心に手を振り回す場面で終了するがこれはED前に決まった球技大会の種目のタスポニーというスポーツの練習をしているためである。⇒日本タスポニー協会公式サイト

外部リンク

関連記事

親記事

ComicREX こみっくれっくす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「八十亀ちゃんかんさつにっき」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 146626

コメント