ピクシブ百科事典

800つばめ

はっぴゃくつばめ

800つばめはアニメ『新幹線変形ロボ_シンカリオン_THE_ANIMATION』に登場するシンカリオンの一体。
目次[非表示]

概要

  • 全長:26.5m(THE_ANIMATION)
  • 重量:95t


 『地の底より這い上がりし種族キトラルザス』との戦闘激化で巨大怪物体が遠方から出現する事や、空中戦を予測し、21話より現れた新幹線超進化研究所九州(門司)支部が所有する800系型新幹線変形ロボ「シンカリオン」の一体。頭部のV字アンテナと巨大な翼が特徴。なお、車両はJR九州800系新幹線のうち、後期グループの1000・2000番台がモデルとなっている(新800系)。運転士はシノブよりも年下の超天才少年大空レイで、彼が開発にも関わっている。

 東日本指令室のシンカリオンと同様に二両が連結して合体変形する方式を此方も採用。機種シリーズ初の単体飛行能力を備え、後尾車両の機首部分が飛行翼スワローウイングへと変形、脚部のサブウイングと併用しながら長時間飛行を可能にする。その名の如く一撃離脱戦法と、主力武器であるパンタグラフアローによる光子の矢を用いた拡散型と速射型の遠距離攻撃で目標を撃退する。

 空を自在に飛翔するその光景にハヤト達の初見コメントでは有り得ないと驚愕している。

リンク合体
シンカリオンE5+800(イーファイブリンクはっぴゃく)
詳細はリンク先を参照。

玩具版

 旧型(2017年4月)が販売されており。DXS版も2018年6月7日に発売。
ナンバリングは旧が『11』DXSは『DXS07』。

 他のシンカリオンと異なり脚部のカバーがそのまま外れ背中のスワローウイングのパーツになるという点がある。足自体にもサブウイングが付いている。
 旧型ではスワローウイングの再現をシールでやっていたが、DXSでは新規に作られたパーツで劇中に近付けている。

 27話でN700AがH5のカイサツソードを矢として連結させ組み合わせていたが、玩具では弓と一体化されているので再現不可能だが、接続部分を用いて番え構える事は可能である。

余談

赤と白のカラーリングや、V字型の角からアレを連想した人多数。

関連タグ

新幹線変形ロボ_シンカリオン_THE_ANIMATION
シンカリオン

pixivに投稿された作品 pixivで「800つばめ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3455

コメント