ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

1994年9月4日に開業した関西国際空港(関西空港)へのアクセス列車として、運行を開始したJR西日本特急列車。主に野洲草津京都関西空港間を結ぶ。

南海電気鉄道の特急「ラピート」はライバル関係で、南海には「はるかにおとく」と宣伝されたこともあるが、料金面では確かにはるかに高いが、新大阪や京都に乗り換えなしに行けることもあって、利便性では優位に立っている。なおりんくうタウン~関西空港間は線路を南海と共有しており、同じ線路上を走行している(⇒関西空港線)。

運行経路は東海道本線JR京都線)、大阪環状線阪和線関西空港線を経由するが、路線の都合により、東海道本線大阪環状線への乗り入れは貨物線(梅田貨物線)を経由。このため特急「くろしお」同様大阪駅には停車しない。

旧梅田貨物駅から西九条駅までが単線である(かつては天王寺駅の阪和線との渡り線も)ため、ダイヤが乱れた時の波及効果は広範囲にわたることが多い。2018年7月22日までは新大阪駅で上下とも一つのホームを共用していた(他にくろしおも)。
梅田貨物線の地下化工事と並行して、同線上に大阪駅の地下ホーム(うめきた新駅)を新設。2023年頃の開業にあわせて大阪駅を停車駅に加える予定である。

編成・運用

  • デビュー当初は基本5両編成であったが、輸送力不足解消を目的に1年足らずで基本編成を6両に増強。のちに付属3両編成が製造され9両編成での運行も行われた。
  • その後の利用客数は低調に推移し、2011年3月12日のダイヤ改正からは日中が毎時1本に減便されるまでに落ち込んでいたが、訪日外国人(インバウンド)需要増加に伴い2016年3月26日のダイヤから終日毎時2本運転に戻り、この頃利用客数も過去最多を記録。そして2020年3月14日のダイヤ改正にて新型車両271系を導入し、全列車9両編成で運行することも可能になった。
  • 2020年はCOVID-19が世界的に流行した年であり、海外からの渡航者減少のあおりを受け2020年4月より暫定的に全列車6両編成となった。空港アクセス列車である「はるか」は需要回復が見通せないため、(需要が見込める通勤時間帯を除いて)日中の運行が暫定的に休止となっている。
  • 2021年3月13日のダイヤ改正では朝方2往復に限り9両運転が再開された。また米原発着列車の設定がなくなり、最長走行区間は野洲関西空港間となった。


使用車両

  • 281系:1994年の運行開始より運用。
  • 271系:2020年3月投入。付属3両編成のみの製造。

このほか281系置き換え用(なにわ筋線乗入対応)の新型車両を2024年より投入予定であったが、JR西日本の経営難もあってか白紙化された。

関連項目

JR西日本 くろしお 関空快速 関西空港
関西空港線 阪和線 大阪環状線 東海道本線

南海電気鉄道 ラピート
成田エクスプレス スカイライナー

関連記事

親記事

列車愛称 れっしゃあいしょう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「はるか(列車名)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11568

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました