ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

クロッシング・パイロット

くろっしんぐぱいろっと

『クロッシング・パイロット』とは、スーパーロボット大戦DDにおける版権を超えた乗せ換え要素である。メイン画は第2弾で登場した『ウイングガンダムゼロリベリオン』
目次 [非表示]

概要

スーパーロボット大戦DD』で開催されていた期間限定イベント。

版権の枠を超え、別作品の機体に別作品のキャラクターたちが乗り換えるという企画。

イベントは全3話6ステージ(使用できるのは強制出撃機のみ)で、全クリすることでイベント外においても正式に乗り換えが可能となる。クリア後は特設ステージが解放され、後述する専用限界突破資材を求めて追い剥…もとい戦闘を行える。

勿論、乗り換えた場合には元の主人公機と同時に出撃させることはできない(ボルテスVの場合はマオとクルツも同様)。

逆に甲児をマジンカイザーで、アムロをZで出撃させるなどは可能であり、やろうと思えばトリプルマジンガー+カイザーというパーティーも組める。


各イベント

ちなみに第1弾と3弾の乗り換えの理由は元のパイロット(甲児ショウ)の怪我による乗り換え。

乗せ換えた際には、装備できる必殺技パーツも載せ替え専用となる。クロパイ専用の必殺技パーツは、イベント開催中の特設ステージで敵がドロップする専用の素材を使用しない限り、限界突破が出来ないので注意。


企画打ち切りからの復活

しかし残念ながら、本イベントは2021年3月の第5回を最後に無期限凍結されてしまった。

理由は本企画が初代プロデューサー赤井雅俊氏の手腕あってこそであり、彼がドラゴンボール関連の部署へ栄転してしまい続けることが不可能となったためである。

色々とユーザーの不興を買った赤井Pであるが、ソシャゲのプロデューサーが恨みの矛先になるのはもはや当たり前のことであるし、真実を隠すが嘘は言わない寺田Pの言葉であるため、栄転なのは間違いないだろう。本当に残念である。


2022年8月2日に生配信されたアプリ版生スパロボチャンネルにて、寺田スーパーバイザーが、

元々が期間を決めていた企画だった

氏のSNSでも「クロッシングはどうなった」と言われていた

日時は未定だが新しく開始する

と話した。


2023年7月16日配信のアプリ版生スパロボチャンネルにて版元の許諾が取れたため制作を開始すると寺田SBが報告した。


そうして発表されたものは

式波・アスカ・ラングレーin真ゲッター1ゲッター陽電子砲付き)」

という混ぜるな危険なシロモノだった!

ゲンドウのジジィ!俺にわかるように説明しろ!!


まあ要点だけを纏めると、DDを含めてこれまで散々擦られてきた「スーパーロボットのエネルギーを陽電子砲に注ぎ込むシチュエーションを、いっそのこと他のロボットでやりたい」と打診した所、ゲッターさんの版権元が了承してくれた、という事情らしい。


クロッシング・パイロットR

という訳で2023年11月27日からリニューアル開催。詳細は上記リンク先へ。


ところでRじゃない方はどうなるの?

今後、関係各所との調整が済んだイベントから順次復刻イベントを開催する。ただし、「最初に開催した時に復刻イベントを開催しない契約になっていた作品があり、その作品が関係するイベントは復刻できない」との事である。また、イベントミッションの条件に関しては現在の環境に応じて変更になる予定である。


R後の復刻

  • 2024年1月19日~2月2日の期間で第一弾が復刻

関連タグ

個別

夢の競演 スパロボ補正

関連作品・キャラクター

スパロボ過去作の版権を越えた機体とパイロットの組み合わせ。

関連記事

親記事

スーパーロボット大戦DD すーぱーろぼっとたいせんでぃーでぃー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました