ピクシブ百科事典

碇シンジ(シンカリオン)

しんかりおんせかいのしんじくん

碇シンジはメディアミックス作品『新世紀エヴァンゲリオン』の主人公ではあるが、此処ではアニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION』登場人物のひとりとして記載する。
目次[非表示]

凄まじいレベルでのネタバレ注意

ピクシブ百科・ネタバレ注意アイコン










































CV:緒方恵美

(原典自体が物語も含めて極めてアレな為、発音ミクと同様に「本人」ではなく、性格亜種のキャラクターとしての記載する)

概要

新世紀エヴァンゲリオン』コラボ第2弾である31話のゲストキャラクター。
速杉ハヤトが「東京駅が存在しない世界」で出会った少年で、容姿は殆ど原典の碇シンジそのまま。服装も普段通りの第3新東京市立第壱中学校の夏服。同級生には洞木ヒカリも居る(ついでにあの二人も登場している)。

 誕生日やプロフィールも殆ど一緒(6月6日生まれ)で、家族構成や生育環境は寧ろ『学園エヴァ』やコミカライズ『育成計画』に近い。身長は145cmのハヤトよりも一頭身上(170cm程度)で、性格は原典よりもシッカリしていて頼り甲斐が有り、笑い方もニヒル』とされる。ハヤトには「くん」付けで呼びながらも「自身の事は呼び捨てで構わない」と云う寛容な精神の持ち主。

 新幹線超進化研究所西日本司令室の葛城ミサトが指揮するシンカリオン「500_TYPE_EVA」を操縦する謎の運転士として登場した。『EVAを動かすサードチルドレン』ではなく『シンカリオンを動かす運転士』なので、ちゃんとシンカギアを左腕に装着してレバーを引き倒して超進化速度へと突入させ「チェンジ、シンカリオン!」の台詞もある。パイロットスーツもまた、形状は微妙に異なるがプラグスーツに準じたカラーリングを採用している。
リュウジに続く二人目の中学生シンカリオン運転士とも言える。

作中での活躍

 巨大怪物体キングシトエルに苦戦するハヤトを支援するために500 TYPE EVAと共に登場。敵のATフィールドを中和してダメージを与え、勝利に貢献した。戦闘後、ハヤトは東京駅の存在しないこの世界が「夢の世界」だと判断して元の世界への帰途に就く。シンジは最後に「こっちの世界は僕が。ハヤトくんは君の世界を、鉄道を守るんだ」というメッセージを伝えたのだった。

 31話が夢オチのような形で終わったのでもう二度と登場しないかに思われたが、劇場版『未来からきた神速のALFA-X』にて再び登場。E5はやぶさMkⅡ雪のゴジラとの戦闘中に浴びた「光の粒子」により異次元世界に飛ばされた事で、ハヤトは再び洞木姉妹やシンジと遭遇する。しかし、まるで31話のやり直しのような展開に(以前出会った際の記憶を失いつつもデジャブを感じていた)ハヤトは困惑する。

 ハヤトは再び夢オチのような形で北海道へと帰還するが、やはりシンジやヒカリ達と出会った記憶は消えてしまう。このような事態が起こっていたのは、ヴァルハランが開発した決戦兵器ヴァルドルが発する光の粒子の影響により、シンカリオン世界と「東京駅が存在しない世界」を含む複数の異次元世界が繋がってしまっていたからであった(31話でのシンジたちとの邂逅も夢オチではなく、劇場版での出来事を先取りしたうえで記憶が消えたと考えられる)。

 その後、東京駅中央迎撃システム内でヴァルドルに苦戦を強いられたハヤトは「ヴァルドルにわざと光の粒子を使わせ、異次元世界への扉を開いて異次元世界の力を借りる」作戦を実行する。それが功を奏してシンジと500TYPE EVA、続いて雪のゴジラが異次元から現れ、彼らとの総攻撃によってヴァルドルを撃破。戦いを終えたシンジは微笑みを残して元の世界へ帰還していった。

シンカリオンZでの再登場

 原典が完結したため、視聴者からは流石にもう登場しないだろうと思われていたが、続編『新幹線変形ロボシンカリオンZ』21話でも三度(劇中登場は四度目の)登場。左手にはシンカギアではなく、『超進化モバイル Zギア』を携えている。愛機の500TYPE EVAは『シンカリオンZ_500_TYPE_EVA』に強化された。

 今回は東映太秦映画村に建造された『新劇場版』エヴァンゲリオン初号機の像を基にした怪物体「鬼エヴァを倒す為にシンカリオン世界へ急行し、Z・E5と共闘した。

 戦闘終了後はシンカリオン世界に父ゲンドウが迷い混んで迷惑をかけたことを謝罪したが、新多シンからは「ワクワクした」と返答された。その言動からハヤトと似た思考の持ち主と認識し、かつて共闘した事を覚えていたことが示唆されている。ゲンドウとも会話しているが、原典のように父を恐れるような様子は無く、ゲンドウが迷子になっていたことに不満を漏らしたり、Z合体の際は声を合わせて台詞を唱えるなど、まっとうな親子関係が成立している事が窺える。

シンジとゲンドウがトンネルの奥へ歩み去った後、シンたち三人は遠州鉄道の車内で目覚めた為、今回も現実の出来事なのか夢オチだったのかはハッキリしない形で終わっている。

余談

 彼らが登場する一つ前のエピソードである30話の予告では、地上波放送版に限り葛城ミサト(CV:三石琴乃)によるナレーションの次回予告が流れた。これはシンカリオン登場回担当の脚本家が「当時は一視聴者だった為に完コピした」とシンカリオンTwitterで呟いている。更に言えば、予告のフォントはエヴァに準じ、只のコラボでは終わらない勢いで、もはや「本作がシンカリオンなのかエヴァなのか分からない」と困惑した人も多いだろう。
 なお、中の人はその予告をリアタイで見逃し、当日は世界の反対側主題歌歌ってると同じく呟いている。

 後にブルーレイBOXvol.2に収録された映像特典には、反響が高かった地上波放送版が収録されている。続編『Z』での登場前次回予告でも、予告ナレーションがミサトではないことを除けばまたもや完コピだった。

 演者の緒方氏は原典を意識した雰囲気でシンジを演じようとしたのだが、音響監督からは「ハヤトより頼りなく聞こえるのでもっとしっかり」と指摘されてしまった模様。その為、原典イメージとの間を取って「普段よりパキパキ喋る『しっかりシンジ』になった」ようだ。

関連タグ

新幹線変形ロボ_シンカリオン_THE_ANIMATION
新幹線変形ロボ_シンカリオンZ_THE_ANIMATION

碇シンジ:元キャラクター。

レガリア_The_Three_Sacred_Stars…コラボ回以前にハヤト役の佐倉綾音とシンジ役の緒方恵美が共演してたロボットアニメ。

関連記事

親記事

シンカリオン運転士 しんかりおんうんてんし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「碇シンジ(シンカリオン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24632

コメント