ピクシブ百科事典

雪のゴジラ

ゆきのごじら

雪のゴジラとは、『劇場版 新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION 未来からきた神速のALFA-X』に登場する怪獣王にして、令和初の国産ゴジラのコードネームである。
目次[非表示]

概要

映画冒頭、北海道に突如として出現した巨大怪物体
外見は怪獣王ゴジラそのものであり、劇中の登場人物からもそう認識されている。
速杉ハルカ新幹線超進化研究所のメンバーに至っては「自分たちが対峙している存在が(フィクションと認識していた)ゴジラだという事態」そのものに困惑していた

全長推定118.5メートル。
主な攻撃は口から発射するビーム状の光の粒子と圧縮した空気の波。
低温が弱点というこれまでのゴジラ像を覆す、冷気属性の個体である。

デザインはVSシリーズの「ビオゴジ」がベースであり、大きな特徴は全身が積もった雪で覆われたかの様な白い体色の表皮と、氷の意匠がなされた背びれ。全長推定118.5メートルはシン・ゴジラの個体と同様。

劇場版の配給が東宝に決まり、コラボ企画によってゲスト出演が実現した。
宣伝でも公開直前のCMまで登場する事は伏せられており、ほぼサプライズ的な形で登場した為、驚いた観客も多かった模様。また、登場する度に例の曲が流れるためインパクトは抜群で、ストーリーに重大な影響を与えるなど、単なるゲスト出演には留まらない暴れっぷりを見せている。

立場としては本作のヴィランであるヴァルハランの前座の筈なのだが、明らかに彼らよりも脅威度が上と思わせる様な描写もある。

本編における活躍(前半まで)

物語序盤、北海道で黒い粒子と酷似した反応とともに突如出現し、出撃した発音ミクの駆るシンカリオン・H5はやぶさと遭遇。いきなり口から空気の波を発射して彼女を退けると忽然と姿を消す。
その後、仁山高原スキー場に再出現し、家族旅行に訪れていた速杉一家と遭遇。シンカリオン・E5はやぶさMkII923ドクターイエローによる迎撃を受けるが……

関連タグ

新幹線変形ロボ_シンカリオン_THE_ANIMATION
ゴジラ シン・ゴジラ













本編における活躍(以下ネタバレ)

捕縛フィールド内に封じ込める事には成功したものの、レールガンやカイサツブレードは一切通用せず、二大シンカリオンを完全に圧倒。動けなくなったE5はやぶさMkⅡを光の粒子のビームで攻撃し、それを助けようとしたドクターイエローも粒子に巻き込まれてしまう。

ビーム発射後、肉体を構成していた光の粒子が霧散したことで雪のゴジラは消滅。残っていた粒子からはシンカリオン二機が吐き出され、E5はやぶさMkⅡに搭乗していた速杉ハヤト別の世界に飛ばされるという奇妙な夢を見ながらも生還する。
一方ドクターイエローは無人状態で発見され、搭乗していた速杉ホクトは消息不明になってしまうが、程なくして現場付近で救助された謎の少年こそが少年時代に時間逆行したホクトだと発覚する。

その後、光の粒子に異次元や未来、過去を繋げる特性があり、雪のゴジラもまた異次元から召喚された存在であることが発覚する。E5はやぶさMkⅡオーバークロスALFA-Xにオーバークロス合体を遂げたハヤトは、最強の敵ヴァルドルを倒す為にあえて相手に光の粒子を多用させ、他の次元の力を借りて対抗する作戦を実行した。
作戦は功を奏し、まず別世界からシンカリオン500 TYPE EVA碇シンジが召喚。続いて雪のゴジラが召喚され、ヴァルドルへ総攻撃を加えた。

ヴァルハランにとって雪のゴジラの存在は全くの想定外だったらしく、ヴァルドルより巨大なゴジラの咆哮を見たナハネは怯えた声を上げながら狼狽。その隙に光の粒子のビームを浴び、トドメにアルティメットグランクロスを受けたヴァルドルは大爆発した。ヴァルドルの破壊に伴い光の粒子も消滅し、雪のゴジラも元の世界へ還っていった。

関連記事

親記事

未来からきた神速のALFA-X みらいからきたしんそくのあるふぁえっくす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「雪のゴジラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8926

コメント