ピクシブ百科事典

残酷な天使のテーゼ

ざんこくなてんしのてーぜ

TVアニメ版『新世紀エヴァンゲリオン』のOP主題歌として広く知られる楽曲。オリジナルの歌唱は高橋洋子。
目次[非表示]

「残酷な天使のテーゼ」(A Cruel Angel's Thesis)とは、
1995年10月25日にスターチャイルドから発売された高橋洋子の11枚目のシングル。
略称「残テ」。「テーゼ」とはドイツ語で「命題」の意である。

TVアニメ版『新世紀エヴァンゲリオン』のオープニング曲として広く知られ、多くのカヴァーが存在するほか、パチンコ新劇場版の大ヒットにより、現在はアニソンの代表格としてカラオケの定番曲ともなっている。
ちなみにアニソンのみならず、全てのジャンルにおいて、平成の30年間でカラオケで最も歌われた楽曲である。

2018年5月5日8月11日に放映された新幹線変形ロボ_シンカリオン_THE_ANIMATION17、31話ではスタッフの熱烈なアピールによって新幹線500_TYPE_EVAやパロディネタと共に監督からの特別な計らいで地上波本放送のみこの曲を使わせてもらった。特に後者は変形バンク仕様での採用である。
だが、Buru-reiBOX版で再び採用される事と相成った。

概要

作詞:及川眠子、作曲:佐藤英敏

哲学用語や聖書からの引用など、意味深な歌詞が随所にちりばめられており、数々の謎を投げ掛けたアニメ本編の内容に合致した楽曲となっているが、作詞を担当した及川眠子は
モチーフとしたのは実は萩尾望都の漫画『残酷な神が支配する』であったと近年明かしている。
プロデューサーの大月俊倫から「哲学的で難しい歌詞を書いてくれ」と依頼を受け、閃いたのが上述の漫画だったとのこと。

なお、2015年1月に自身のtwitter上で、『30分ほど適当に打ち合わせして、あと企画書斜め読み&2話分のビデオ早送りで観て、ええい好きなこと書いちゃえ〜!で、約2時間で書いたもの』と語った。

曲が使用されているOP映像そのものも有名で、多数のMADが作られている。

カヴァー

アニメ本編に登場する声優によるカヴァーには、林原めぐみ緒方恵美宮村優子三石琴乃岩男潤子版が存在する。

ハヤテのごとく!』の桂ヒナギク伊藤静)もカバーしている。
ちなみに原作漫画では曲名が伏字で隠されており、歌詞に酷似したキーワードを並べる事で無理やり歌っている事を表現していたのだが、アニメ版では挿入歌としてしっかり使用されている。

加藤英美里もカバーしているが、当然ながら柊かがみキュゥべえとしてでは無い。

この他、CMでカヴァーした八代亜紀版が好評だったことから、その後も歌番組で幾度も歌っている。

カヴァーした主な人物

林原めぐみ 緒方恵美 宮村優子 三石琴乃 岩男潤子
伊藤静 井上喜久子 水樹奈々 宮野真守
奥井雅美 米倉千尋 中川翔子 渡辺麻友
Ricky+LittleAlien 石川智晶 アニメタル
MAX GLAY FLOW
Roselia(ガルパの収録版におけるカバー)

音ゲー収録歴

過去には原曲扱いでポップンに収録されていたが、現在はカバー扱い。それ以外の機種ではmaimaiギタドラを初めとした機種に収録されている。

アニソンが収録されているリズムゲームでは高い割合で目撃する事がある楽曲なのかもしれない。

関連タグ

新世紀エヴァンゲリオン 曲イメージ

残テ:曲の略称だが、半公式に近い形で新幹線変形ロボ_シンカリオン_THE_ANIMATIONの公式が言及した。

関連記事

親記事

高橋洋子 たかはしようこ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「残酷な天使のテーゼ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 177911

コメント