ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

平凡人

たいらぼんど

平凡人とは週刊少年ジャンプにて連載中の「僕とロボコ」に登場するキャラクターにして主人公。
目次 [非表示]

「Hey!ロボコ!!ファンタちょーだい!!」


CV:津田美波


人物

名前の通り平凡な見た目をした少年。バミューダ小学校に通う5年生。心優しく、子供らしく純粋な心を持っている。ガチゴリラモツオと言った同級生からちょくちょくからかわれているが、一応仲は良く友人関係に関しては恵まれている。ちなみにジャンプ愛読者。


オーダーメイドに関して強いあこがれを抱いており、それを見る目つきはまさにオタクである。当初はまだ持っていなかったことからよくガチゴリラやモツオからバカにされていた。しかし、「言い過ぎた…」「頑張れよ…」など励ましの言葉も貰ったが、彼にとってはプレッシャーになっていた。


そして念願のオーダーメイドを母親より買ってもらう事になり、有頂天だったが、そこでやってきたロボコにはがっかりしていた。

外見だけでなく、料理もまともにできない上に暴走し続けて家を荒らされてしまい、最終的には「お前なんか大っ嫌いだ!!メルカリに出品してやる!!」と言って突き放してしまうが、トラックと衝突事故が起きそうになった所でロボコに助けられて、今までの事を彼女に謝り仲直りした。

それ以降、ロボコとは慌ただしいながらも楽しく過ごしている。


同級生の円ちゃんに好意を寄せており、ロボコと協力して彼女との仲を縮めようとしているが、自分の好意に気付いてくれないどころか円ちゃん自身はロボコと仲良くなるばかりである。反面、普段から優しい性格である為か円ちゃんとは別にガチゴリラの妹のルリから好意を寄せられている。


性格については、ガチゴリラやモツオといった聖人すぎるキャラたちのせいで埋もれてしまいがちだが、彼もかなり優しい少年なのである。例えばポンコツなロボコを返品せず、失敗したときは辛口でツッコむもののそれ受け入れフォローしたり、モテ杉君からの異常なスキンシップを拒まなかったりと、この作品の優しい世界は彼のすべてを受け入れる優しさからなってるとも言える。

穿って見れば、ガチゴリラとモツオが積極的に動く『動の優しさ』なら、凡人は受け入れながら行き過ぎなものは諫める『受けの優しさ』と言うとの。


過去

元々は父親が仕事の都合で転勤が多かったため転校を繰り返しており、現在通っている小学校には3年前(小学2年生の頃)に転校してきた。(この時からは父親は単身赴任の為しばらくは転校は無いとの事)

そこで同じクラスとなった円ちゃんやガチゴリラ、モツオと初対面となるが、当時はガチゴリラとモツオから完全に目の敵にされており、幾度となくからかわれていたが当時は幼かった為か自分がからかいの対象にされている事に気づいておらず、むしろ二人と友達になろうとして自ら近づいていた。

ある日、二人から「裏山でツチノコを見つけたから一緒に捕まえよう」と言われてその裏山に来たが、それは二人の嫌がらせであり、一人で待たせるといういじめを受けていた。しかし、5時間立っても2人は来る事は無かったが、それでも信じて待っており、彼らの恐ろしい噂を聞いてもなお単なる噂として、本気にせずに純粋に彼らと関わろうとしており、それがきっかけでガチゴリラとモツオが友情の大切さを知り、友達となった。(結果としてはボンドが二人を変えたのかもしれない…)


ボンドのジャンプ愛

  • ジャンプ好きになったきっかけ

元々は父親がマンガ好きであったことから、その父親の影響で現在に至る。また、転校した時にガチゴリラに話し掛けたきっかけもジャンプであった。

(漫画好きからの特技としてか、成績はあまり良くないはずだが、集英社の学習漫画で読んだ内容は一字一句覚えていて100点をとったことがある。)


  • 読者アンケートに関して

週一回、ロボコと共に読者アンケートに関する会議を行う事が通例となっており、そこで互いに票を入れたい作品3作を出し合うも意見が割れる事が多い。


  • 最悪の弱点

ジャンプが発売されない日の月曜日にはヘタレになってしまい、パーカーを逆に着てしまうだけでなく最悪の場合、ズボンを履き忘れてしまう

なお、その日はそれに気づいたガチゴリラとモツオのコンビプレーにより事なきを得た。


また、彼のジャンプ愛は日に日に増していくため、合併号が2回ある8月にはズボンどころかパンツを履き忘れたり全裸に浴衣の帯だけ体に巻いてパンツを被るというようにパワーアップしていく。これもガチゴリラとモツオとメイコのおかげでなんとかなる。(後者はロボコの力もある。)


さらには年末の合併号の日の翌週にはこの弱点は克服したかに思えたが、年明けの新学期早々にガチゴリラとモツオより事実を聞いた時にはショックのあまり気絶してしまい、それにとどまらず、なんと記憶喪失にまでなってしまった。これにはガチゴリラとモツオも大きなショックを受けてしまいしまいにはグレてしまうが、かつてボンドと友情を深めあったきっかけとなったツチノコを捕獲して見せた事ですべての記憶を取り戻した。


対人関係

ロボコ

所有しているオーダーメイド。中古品であるらしく、当初は色々と困った事が多かったが、本来買うはずのオーダーメイドとは違っていた上に母親は注文すらしていなかったらしい…(じゃあなんなのこいつは…?)。


円ちゃん

ボンドの同級生にして憧れの存在。


ガチゴリラ

友人(一応)。


モツオ

友人(一応)。


ニョンタ

ロボコが拾ってきたペットの猫(とロボコは言うが見た目はライオンに近い)。しかし、二足歩行したり鳴き声が「ニョン!」など、謎が多い。


我知ルリ

ガチゴリラの妹。好意を寄せられている。


モテ杉シュン

クラスメイト。最近はちょっとおかしい。


関連タグ

僕とロボコ ロボコ オタク


野比のび太...『ドラえもん』の副主人公(※主人公ではない)。同じポジションキャラにして、ボンドと同じく人を想う優しさを持つ。


坂田銀時…『銀魂』の主人公。ボンドと同じジャンプの愛読者繋がり。また、彼もジャンプ関係で記憶喪失になっていたことがある。(彼の場合、原因は買った帰りに遭った交通事故による物)


並平凡...上記ののび太と同じく藤子F漫画のキャラ。名前の元ネタの可能性がある。


新多シン…中の人が同じで、自分の興味のある事にはとことん夢中になってしまう好奇心旺盛な性格が一緒。また、ロボの仲間がいる所も一緒。

関連記事

親記事

僕とロボコの登場キャラクター一覧 ぼくとろぼこのとうじょうきゃらくたーいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19560

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました