ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「一生ついてくよガチゴリラ(泣)」

人物

ボンドの同級生。11歳。苗字は「金尾」。
家はお金持ちでちょくちょく鼻にかけたりする嫌味なやつだが、根は優しい。と言うか、嫌味な面は自分の優しさを隠すための照れ隠しの様なもので、実際には親友の一人であるガチゴリラと並ぶほどの聖人。また、町のイケメン4人組「バミュ4(フォー)」の一人であるらしく、バレンタインデーにはたくさんチョコを貰っている。
ガチゴリラと共によくボンドをからかうように現れるが、実際には二人してボンドを助けたり、本当に遊びに誘ったりするために現れるだけで、普通に良い友人関係を築いているだけ。
所有するオーダーメイドのメイコの事を大切に思っておりそのメイコ自身からも信頼されている。

金持ちなだけに作中では金に糸目をつけない様子を見せるが、ボンドの誕生日には彼の生まれた年のワイン(20歳になったら飲もうという事)をプレゼントする。町の霊園での肝試しの際には町の為に専門業者の格好をする。等、基本的に人の為になる金の使い方をする

また、セレブであるが為かジャスティン・ビーバーレディー・ガガと言った海外の有名人とも交友を持っている。(だが本人にとってはボンドとガチゴリラが一番の友人である)

成績は学年1位を維持しているほど優秀だが、維持しているのは「今の学校に通い続ける為」という父親との約束である。
家の事情で様々なストレスを抱えており、それを悩んでいた事をメイコに活を入れられてスッキリした。

過去

3年前までは今とは違いかなり荒れており、ガチゴリラと共に周囲からは「悪童」のレッテルを貼られていた。(ただし少なからず善意はあった)
成績もこの頃から優秀で、他の子からも評判がいいように思われていたが、金持ちである事や優秀である故に嫌味を受けてガチゴリラと同様に孤立していたことがある。(他には「裏社会を牛耳る闇ブローカー」という噂もあった)

ある日、クラスに転校してきたボンドに話し掛けられたが、煙たがって彼を邪険に思っていたが、ボンドの純粋な想いが彼の心を変えた。

次の日に、ツチノコを捕まえると言って彼を一人で山の中で待たせるといういじめをしていたが、結局はボンドからの想いに心を打たれて、彼と正式に友達となった。

関連タグ

僕とロボコ

骨川スネ夫ドラえもんのキャラクター。同じポジションのキャラだが、彼の場合はガチゴリラと同じ立場の友人を恐れたり、何かとおちょくったり等もしている。
ゲラルト・ゼーマンAGRAVITYBOYSのキャラクター。過去に天才である故に孤立していた過去を持っているが彼もとの出会いを機に変わっている。

関連記事

親記事

僕とロボコの登場キャラクター一覧 ぼくとろぼこのとうじょうきゃらくたーいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「モツオ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6468

コメント