ピクシブ百科事典

羽島リンドウ

はしまりんどう

羽島リンドウはアニメ『新幹線変形ロボ_シンカリオン_THE_ANIMATION』登場人物のひとり。

CV:星野貴紀

概要

 18話より登場する新幹線超進化研究所東海(名古屋)支部に所属する指令長。映像としては19話Aパートが初登場。リュウジの上司に当たる。地元に根付く研究所付属の総合病院で母カエデを見舞っていた彼に電話を掛け、ハヤト達が巨大怪物体ではなく漆黒の新幹線ことブラックシンカリオンと対峙して苦戦している事を伝えている。また、25話でも電話越しでだが同様の事を伝えた。


 幾度も東日本指令室へリュウジを助っ人に寄越して来ているが、貸し借りなどはどうなっているのか非常に気になる所ではある。大宮との交流は双方の運転士にとって成長のきっかけになるという発言を後述の39話でしている。
 28話では夏風邪にやられた様子で出水とホクトがリニア・鉄道館の助っ人に出向く事になった。

 39話ではハヤトが強くなる為にリュウジから空手を習いに名古屋へ赴いた時は支部の1室を借し与え、出水に思惑があるのかとも訪ねている。彼が対話無き戦いに桜島の本拠地へ向かう際はリュウジとドクターイエローを同行させる事を条件を提示している。

54話では残ったN700Aの後継シンカリオン運転士候補者選定をタツミに起用しようとしようとしたが、リュウジに反対され総合指令室の判断に委ねようとしていた。自身は彼と付き合いが長い為に心情も察していたが、支部に赴いたから厳命は有れど静観をと諭された。

 75話では大宮支部からの依頼で名古屋支部の地下格納庫にブラックシンカリオンオーガを転送する。全国のシンカリオンが集結して戦うも76話ではブラックシンカリオンオーガに地下格納庫を破壊され逃亡される。その際に素早く各機体の撤退指示や名古屋支部の指令室の者に退避命令を出して難を逃れた。エージェントの一人であるスザクらにより増幅されたルクスヴェテによる光のレールで名古屋支部に停車している全シンカリオンを発車させ、東京方面に向かっていたブラックシンカリオンオーガ追撃に向かわせる。

 また、シンカリオンアプリ『おしえて!シャショット』では後藤隊長と入力すると沈黙の後に「羽島指令長と似ている」、「気のせいでしょう」と答えてくる。


関連タグ

新幹線変形ロボ_シンカリオン_THE_ANIMATION

新幹線超進化研究所

関連記事

親記事

新幹線超進化研究所 しんかんせんちょうしんかけんきゅうじょ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「羽島リンドウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 107984

コメント