ピクシブ百科事典

A列車で行こう

えーれっしゃでいこう

曖昧さ回避。「A列車で行こう」には、複数の意味がある。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 1941年に作曲されたジャズのスタンダードナンバー。原題は『Take the 'A' Train』。
  2. アートディンクから発売されている鉄道経営シミュレーションゲームのシリーズ。
  3. 2011年より、JR九州熊本駅三角駅間にて運行しているJR三角線系統の特急列車。車両はキハ185系2両編成。
A列車で行こう



ここでは、ゲーム「A列車で行こう」について解説する。

ゲーム「A列車で行こう」

JR東日本 185系 ストライプ塗装



1985年に発売されたPC用ゲームソフト。PC用に作られた世界初の鉄道ゲームであり、箱庭ゲームでもある。
同じようなゲームである『シムシティ』(1989年)よりも早い発売だが、シムシティ以前の同作はどちらかと言えば、都市経営よりいかに目的地まで線路をひくかを競うパズルゲーム的要素をふくんでおり、現在のシリーズのような都市経営ゲームとなったのは、『シムシティ』発売後に出たⅢ(1990年)からである。

2010年に『A列車で行こう9』が発売された。

2013年12月に販売を担当していた『サイバーフロント』の解散が決まり、以後パッケージ版の入手は困難を極めるようになったが、2014年3月よりアートディンク公式でダウンロード販売が行われることが決まり、ダウンロード版は容易に購入できるようになった。

2014年6月27日「A列車で行こう9 ver3.0プレミアム」が発売され、それと同時にパッケージ版の販売も再開された。2015年6月には更なる改良が加えられた「Ver4.0マスターズ」が発売された。

A列車で行こう9のうち日本語非対応の海外版はSteamで販売されている。
Steamらしくセール価格になる事があるが、日本語に対応していないので日本語版が欲しければ素直にアートディンクで買おう。

家庭用ゲーム機ではA列車で行こうIV エヴォリューションA列車で行こうZ めざせ!大陸横断A列車で行こう2001A列車で行こうHXA列車で行こうDSA列車で行こう3Dなどが発売されている。

外部リンク

ゲーム関連


関連タグ

A3(別ゲームのタグとしても使用されている為、検索には不向きである)

関連記事

親記事

アートディンク あーとでぃんく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「A列車で行こう」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 61150

コメント