ピクシブ百科事典

ハンク・アンダーソン

あんだーそんけいぶほ

ハンク・アンダーソンとは『Detroit: Become Human』の登場人物である。
目次[非表示]

概要

演:クランシー・ブラウン/ 日本語吹き替え:岩崎ひろし
コナー編に登場する。コナーとバディを組むことになり、コナーからは「警部補」と呼ばれている。
デトロイト市警に勤務する53歳の男性警察官。階級は警部補。身長189cm、体重94.8kg。1985年9月6日生まれ。鳩が苦手で「鳥恐怖症」らしい。
変異体捜査の担当に任ぜられ、更に自身の大嫌いなアンドロイドであるコナーとバディを組むことに。
短気かつ皮肉屋な性格。若い頃は警察学校を首席で卒業し、配属後も麻薬の売人のネットワーク排除に尽力し、デトロイト市警最年少の警部補に昇進したことで周りから期待された非常に優秀な警官だったが、今では酒に溺れアルコール依存症に陥り、食事はジャンクフードに偏り、時に自殺願望に駆られて実弾を用いたロシアンルーレットを行うことなど、極めて破滅的な荒れた生活を送っている。現在独身で一人暮らしをしており、アンドロイドお断りのバーに入り浸っている。
ペットにスモウという大型犬がいる。好きな音楽はヘヴィメタルやジャズ。
自暴自棄な勤務態度や強引な捜査が原因で市警から幾度も懲戒や停職処分を受けているが、それでも過去の彼を知る同僚からの評価は高い。

関連イラスト

<Detroit>Hank x Connor

BECOME HUMAN


相棒

Grown up & medicated


関連タグ

デトロイトビカムヒューマン

過去(ネタバレ)











ハンクには「コール」という名の息子がいた。
しかし彼が6歳の時、ハンクと共に車での移動中に事故に遭う。ハンクは一命を取り留めたがコールは重症を負ってしまう。病院に運ばれたものの、麻薬「レッドアイス」の中毒でまともに手術を行える人間の医者がおらず、アンドロイドが手術をした結果、コールは助からず死亡した。
それ以来荒れた生活を送る様になり、アンドロイドやそれに依存する社会を憎む様になった。

コナー(プレイヤー)の行動次第では中盤で過去から立ち直れず自殺してしまったり、敵対関係になってしまったりする。だが、懸命にハンクとの友好度を上げていくと選択次第では…

ハンクとコナー

関連記事

親記事

デトロイトビカムヒューマン でとろいどびかむひゅーまん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ハンク・アンダーソン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 86562

コメント