2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ワンダと巨像

わんだときょぞう

『ワンダと巨像』は、SCEI(現SIE)が2005年にリリースしたPS2用ゲームソフト。2011年にPS3にてHDリマスター版が、2018年にはPS4にて完全リメイク版が発売された。
目次[非表示]

最後の一撃は、せつない。

概要

主人公ワンダを操作し、フィールド中に散らばる巨像を探し出して倒すゲーム。
巨像と呼ばれる敵の探索、および戦闘に特化し、その他の要素を極力排したシンプルなシステムが特徴。
全16体の巨像は人型に限らず、獣型・鳥型など多種多様だが固有名は存在せず、便宜上それぞれ「第○の巨像」と呼ばれている。

プロローグ

その村には、一つの言い伝えがあった。
「禁断の大地に眠る大いなる存在は、死者の魂をも呼び戻す」。
それに縋るようにして、青年は村に伝わる”いにしえの剣”を携え、少女の亡骸とともに長い旅に出る。

やがて、言い伝えにある「いにしえの地」へと足を踏み入れた青年は、大いなる存在「ドルミン」との邂逅を果たし、一つの契約を交わす。
祭壇に眠る、魂を失った少女。
その亡骸を目覚めさせるために、青年は巨像を倒すことを誓った。
青年の名は、ワンダ―――。

主な登場キャラクター

ワンダ
主人公の青年。少女を蘇らせるため、巨像を探してアグロといにしえの地を駆け回る。
巨像の居場所を示す「いにしえの剣」と弓を持ち、時に一人で、時にアグロと共に巨像に立ち向かう。
巨像を打ち倒すにつれて傷だらけになっていくのが痛々しい。

モノ
何らかの理由で魂を失った少女。
亡骸の状態でワンダに連れられ、いにしえの地の祭壇に寝かされる。

アグロ
タフで果敢なワンダの愛馬。
広大ないにしえの地を巡る際には欠かせない存在。
その俊足で、巨像と戦うワンダを助けてくれる。

ドルミン
魂を操る術を持つと謂われる、いにしえの地に住む謎の大いなる存在。
蘇生の儀式のためにはいにしえの地にいる巨像達を倒さねばならないと言い、ワンダと契約を結ぶ。

関連イラスト

鳥葬
ワンダと巨像


【ワンダと巨像】最後の一撃は...
じゅうさんばんめ


第三の…



関連タグ

個別

SCEI

関連作品・テレビ番組

  • ICO…本ゲーム制作チームの前作品。あくまで各プレイヤーの想像に委ねられているが、『ワンダと巨像』はこの『ICO』と同一世界の物語とも取れる内容になっている。
  • 人喰いの大鷲トリコ…同チームの第3弾(現状最新作)。こちらでも世界観が引き継がれているような描写がある。
  • ゲームゲノムNHKのゲーム教養番組。第一回放送にてトリコとともにとりあげられ、両作品のディレクター上田文人氏とMCの本田翼、ゲストMCの山田孝之とトークする。ちなみに、上田氏はICOもディレクションしている。

外部リンク

関連記事

親記事

SCEI そにーこんぴゅーたえんたていんめんと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4911633

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました