ピクシブ百科事典

人喰いの大鷲トリコ

ひとくいのおおわしとりこ

2016年発売のPS4用ゲームソフト。共に行動するはずのない一人と一匹が、忘れ去られた巨大遺跡で冒険の旅に出る。 少年と大鷲トリコの絆を描くアクション・アドベンチャー
目次[非表示]


少年と獣が紡ぐ、新たなる神話。

概要

『人喰いの大鷲トリコ』(英題"The Last Guardian")とは、ソニー・コンピュータエンタテインメントから発売のプレイステーション4用ソフト。2016年12月6日発売。
ICO』、『ワンダと巨像』を手掛けた上田文人氏が監督・ゲームデザインを務めた、いわば当シリーズの3作目にあたる。
プレイヤーは少年となり、人喰いと恐れられる大鷲のトリコと共に、脱出を目指し、忘れ去られた巨大遺跡を冒険する。本来であれば共に行動するはずのない少年と巨獣が、幾多の苦難を乗り越えてを深めていくアクションアドベンチャー。

プレーヤーは少年を操作し、大鷲・トリコを移動手段として、あるいは攻撃手段として活用することでゲームを攻略する。

トリコのデザインは、複数の動物の要素が組み合わされたものであり、タイトルに含まれる「トリコ」とは、大鷲の名前である他に、になる、囚われている、の子供、鳥とという意味を込めたそうだ。

発売までの経緯

当初はPS3用ソフトとして、E3 2009のSCEプレスカンファレンスで発表された。
同時に公開されたトレーラーでは、腕と脚の一面にタトゥーを施された少年が、高所にそびえ立つ建造物を舞台に、「大鷲」と呼ばれる架空の巨大生物と触れ合ったり、鎧兵に捕まらないように行動する様子を見ることができる。
E3 2009トレイラー


上記のその後全く進展がなく、多くのファンをやきもきさせたが、E3 2015にて新しいトレーラーが公開され会場を熱狂させた。PS3での開発は難航し、PS4にプラットフォームを移したことと、発売が2016年になることが発表された。
E3 2015トレイラー


E3 2016にて発売日を2016年10月25日と発表。しかし9月12日に、発売日を2016年12月6日に延期する事が発表された。

そして12月6日、7年の時を経て遂に発売。

物語

この物語は、年老いた男性が昔を振り返る形で始まる。

ある日、私が目を覚ますと そこは見知らぬ洞窟だった。
私の体には知らない間に奇妙な紋様が描かれていた。
そして 驚くことに私の傍らには、
村の長老から何回も聞かされていた“トリコ”と呼ばれる人喰いの大鷲が横たわっていた・・・。

主な登場人物

  • 少年

主人公。体に不思議な文様が浮かび上がった少年。
見知らぬ洞窟で目を覚ます。
鎖に繋がれ、傷を負い、飢えていたトリコを助け、共に行動する。

  • トリコ
人喰いの大鷲と呼ばれる巨獣。少年に助けられて以降、彼のあとをついてきて、一緒に行動していく。
基本的に少年の呼びかけに反応してくれるが、必ずしも思いどおりに行動をしてくれるとは限らない、みたいに自由で気まぐれな性格。
遺跡で拾った鏡に反応して、尻尾から赤色の稲光を放つなど謎が多い。

本作の敵。少年を捕まえ、謎の扉へ連れて行こうとする謎の兵士。


-語り部の男性
年老いた主人公の少年。
本作のヒント役でもある。

関連イラスト

人喰いの大鷲トリコ
元気になるよね


人喰いの大鷲トリコ
少し休もう



外部リンク

公式サイト

関連タグ

ICO ワンダと巨像
人喰いの大鷲トリコ100users入り TheLastGuardian

思い出の中のその怪物はいつも優しい目をしていた。

pixivに投稿された作品 pixivで「人喰いの大鷲トリコ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1056167

コメント