ピクシブ百科事典

アローン・シモンズ

あろーんしもんず

アローン・シモンズとは『機動戦士ガンダムAGE』の登場人物。 (メインイラスト右下の眼鏡かけた白人男性)

第四部の登場人物。
CV:白熊寛嗣

人物像

ヴェイガン月面基地ルナベースの司令官。
痩身で茶髪の眼鏡をかけた42歳の白人男性。
元・地球連邦軍所属でヴェイガンに月面基地ルナベースを丸ごと差し出す形で寝返った男。
ヴェイガン所属になりながらも卑劣で自己保身的な腐敗した地球連邦軍人の典型のような人物で、連邦時代に部下であるレイナ・スプリガン少佐とその婚約者・ジラード・フォーネル少佐に無理な実験を強いて大事故を引き起こさせてレイナに重傷を負わせフォーネルを死に至らしめてしまうが、それらを隠蔽した上層部の一人でもある。つまりはレイナ・スプリガンジラード・スプリガンにした諸悪の根源と言うべき存在。おまけにこの一件で連邦軍に不信感と絶望を抱いたジラードを唆して自己保身の為にヴェイガンに裏切らせている。
ルナベース攻防戦の最中に味方が劣勢になることをいち早く察知し、保身の為に味方のヴェイガン兵を殺害して一人ルナベースから脱出艇で逃亡し、退却するヴェイガン軍に救助要請したものの、報告を受けて真相を知っていたフラム・ナラの怒りを買い、罵倒と共に脱出艇もろとも叩き潰されて殺害された。
小説版には未登場。小説版ではルナベースがヴェイガンに制圧された時にはアローンのような腐敗した連邦軍人はジラードによって生身のまま宇宙空間に放り出され、亡くなったとされている。

関連タグ

機動戦士ガンダムAGE ジラード・スプリガン ジラード・フォーネル レイナ・スプリガン ゼハート・ガレット

コメント