ピクシブ百科事典

ディアゴ・ローウェル

でぃあごろーうぇる

『機動戦士ガンダムSEEDASTRAY』シリーズの登場人物。
目次[非表示]

概要

性別男性・コーディネイター
年齢16歳
所属マーシャン
主な搭乗機レッドフレームMJ、マーズジャケット


経歴

アグニスのチームのメンバーではなく、ロウ・ギュール達の船に乗船して地球に来たマーシャン。セトナ・ウィンタースに仕えるために遺伝子調整されたコーディネイターで、セトナに絶対の忠誠と敬愛を捧げている。
単純で直情的な性格をしており、また目的のためならば形振り構わない行動に出る。その性格が災いして、幼い頃より無用なトラブルを招くことが多く、当時のアグニスとも不仲であった。

マーシャンが地球人よりも優れていると考えている節があり、地球人に何処か偏見的な見方をして、何かと地球人とマーシャンの差をつけたがるような発言が多いために、ナチュラルやコーディネイターを問わず地球人に余計な反感を与えることが多いが、ロウやジェスアイザックなど、認めた相手には地球人であっても信頼を寄せる。

MSで大気圏突入を行うなど無謀とも言える行動が目立つ割には、MSの操縦技術に関して、お世辞にも優秀とは言い難く、カイト・マディガン所有のコロニーでは、彼からパーツの供給をしてもらった恩もあっさりと忘れて、コレクションのMSを壊しながらザフトマーレデスティニーインパルスと交戦するという乱暴過ぎる戦い方をしており、ファントムペインとの戦いでは、相手が卑怯な戦い方をするとはいえ一方的にやられ、ジェスのフォローがあってようやく撃破したほどである。
その一方で、ギルバート・デュランダルの危険性に気付いていたなど、あながちただの馬鹿ではないような面も見せている。

行方不明になったセトナを探し出すため、本国の調査が打ち切られた後も彼女を探し続け、ついには地球にまでやって来たが、隙を見てロウの所有していたレッドフレームMJを盗む(本人曰く「借りた」)という、恩を仇で返す行動に出ている。(これは本人も後に後悔したようで、返却時にはロウに謝罪している)後にレッドフレームは返却するが、ロウがMJの本体をシビリアンアストレイJGカスタムに変更したことで、その機体にディアゴが搭乗することになった。
ラクス・クラインを成長したセトナだと思い込み、アークエンジェルのことを「ラクス(セトナ)をさらった極悪人の船」と誤解して追跡するが、その洋上で本物のセトナと再会。それを機にアグニスたちと行動を共にするようになった。しかし、性格は改善されておらず、相変わらず地球人を見下す発言をしては、アイザックを怒らせていた。

関連タグ

機動戦士ガンダムSEEDASTRAY

コメント