2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ロードアストレイ

ろーどあすとれい

ロードアストレイとは、「機動戦士ガンダムSEEDASTRAY天空の皇女」に登場するモビルスーツである。フェアネス・ツヴァイクレが趣味で製作した、王の道を冠したアストレイ。オーブのアストレイを参考に再設計され、もはや全く別の機体と言っても良いほどの完成度になっている。後にレアメタルΩにより完全体となるほか、フェアネス自身の手によりデータが拡散され、ZAFTでも製作された。
目次[非表示]

概要

「民衆の君主」になる男と呼ばれるフェアネス・ツヴァイクレが、自身の趣味でオーブアストレイをベースに自ら再設計し、製作した機体。
政界進出を目指すフェアネスが、どうせなら王の道を目指したいという思いから、「王(Lord)の道(Rord)を歩む」という意味を込めて「ロードアストレイ(LordAstray)」と名付けた。
ロウ・ギュールが持つ特許技術を多く使用しており、未完成時に一度ロウ・ギュールに見てもらっている。
パワーシリンダーを搭載し、フェイズシフト装甲ヴォワチュール・リュミエールを想定した設計が施されているなど、最新鋭の技術を投入している。OSもフェアネス自身が書いた独自のものを使用しており、趣味レベルどころかアストレイとは別物とすら言える完成度になっている。
実際、ロウ・ギュールに見てもらっていたときに襲撃を受け本機で出撃した際には、未完成でありながら単独でジンハイマニューバ2型3機を、それも自身の武装なしで撃墜しており、本機の高いポテンシャルを示してる。

ビーム兵器やフェイズシフト装甲と言ったバッテリーの負担になる装備を標準装備としていないため、バッテリーの消費はほとんどが機体の制御と駆動系に回されていると思われる。

レアメタルΩ入手後

フェアネスが策略によってレアメタルを入手し、レアメタルを精製したレアメタルΩを装甲材とした「ロードアストレイΩ」に改修される。
この際に、ロードアストレイに使用するはずだったレアメタルΩの一部をゴールドフレームアマテラスに使ってしまったため、レアメタルΩの強度から絶対に破壊できない「完全体」に至らず、一部に破壊できる箇所を残す結果となってしまった。
これはフェアネスが、密かに自身を止めてほしいと願っていた可能性があるとされる。

またレアメタルΩによる改修を施す際、政治的判断からザフトジャンク屋組合に完全体の設計図を送っており、ザフトでは実際に抑止力としてロードアストレイZが製作され、実地に赴いている。
なおレアメタルΩはジャンク屋組合にも渡り、タクティカルアームズゴールドタクティカルアームズシルバーが製作されている。

本機はゴールドフレームアマテラスとの一騎討ちの末、弱点だった胴体と腰の接続部を切られ、残った上半身でゴールドフレームアマテラスを攻撃し辛くも勝利するが、フェアネス自身が負けを認めた。これも止めてほしいと願っていたとされる一つの証左となるだろう。

レアメタルΩ

150ガーベラストレートのレアメタルを精製した装甲材。
その強度から、フェアネスが策略により入手したレアメタルΩを総てロードアストレイに使い込めば、絶対に破壊できない存在になっていた。しかし、ロードアストレイに使用するはずだったレアメタルΩの一部をゴールドフレームアマテラスに使ってしまったため、ロードアストレイΩは一部に破壊できる箇所を残す結果となってしまった。

武装

近接用の武器のみで、射撃武装は一切持たない。アストレイでも搭載している頭部バルカンすらない。

ロードロングソード

本機の主武装。というかこれしか武装がない。
ロードアストレイ本体と同程度の長さがある。同じくらいの長さがあるタクティカルアームズと比べると、幅は狭めでシュッとした印象を受ける。
中央から2つに分離でき、両手剣として使用できる。
また持ち手は取り外すと先端にムチが付いており、敵を絡みとる戦法が取れる。

バリエーション

ロードアストレイΩ

Load Astray Ω / Z


レアメタルΩを入手後に改良を加えた姿。究極を意味する「Ω」を機体名に冠した。
実際には装甲の一部にしかレアメタルΩが使用されていない為、完全体とは言えない状態にある。それでもパイロットであるフェアネスの操縦技術も加わることで、比類なき強さを誇る。

ロードアストレイΩ(完全体)

劇中未登場。レアメタルΩを予定通りに使用したロードアストレイΩ。

ロードアストレイZ

ザフトがフェアネスのもたらした設計そのままに完成させた、本来のロードアストレイ。レアメタルΩが規定の量のとおりに使われているため、破壊できない。
武装はルプスビームライフル、ロードロングソード。ソードは背面のマウント時はZ字状になり、高速移動時は展開し翼のようになる。

関連技術

タクティカルアームズゴールドタクティカルアームズシルバー

MSではないが、レアメタルΩを使用した武装。ドラグーンシステムが搭載されており、ブルーフレームセカンドリバイから遠隔操作できる。なおロウはドラグーンを使えないため、遠隔操作は出来ない。

余談

レアメタルΩは本作機動戦士ガンダムSEEDASTRAY天空の皇女の物語の中で根幹となる要素だが、突然出てくる上になぜ絶対に破壊できないのか一切の説明がない。
レアメタルΩを使用した、ロードアストレイをはじめゴールドフレームアマテラスタクティカルアームズゴールドタクティカルアームズシルバーも、大きな攻撃を受けた描写がないため本当に使ったところは破壊できないのかかなり疑問が残る。

ゴールドフレームアマテラスとの戦いの中で、ヴォワチュールリュミエールの輪による攻撃で探りを入れられた際には、レアメタルΩを使用したところは防がなくても大丈夫だったことから、ビームに対して耐性があることは分かる。
しかしフェイズシフト装甲や対ビームシールドが存在するSEEDの世界で、レアメタルΩの強度にどれほど意味があるのか、そしてそれをMS一機に投入したからと言ってどんな効果があるのかイマイチわからない。
物語の中では抑止力となるほどの驚異とされているが、硬いだけで攻撃方法は大剣しか存在しないため、どちらかと言えばアルテミスの傘のような印象を受ける。

しかし、そのアルテミスの傘をMSに応用したハイペリオンガンダムは月面プトレマイオス基地を単機で襲撃して無傷で帰還しており、核エンジンを搭載しエネルギー切れがなくなった後はスーパーハイペリオン側が無理に攻撃するまで何もできなかったことから、「動き出されたら打つ手がない」というのは見るものが思う以上に効果的なのかもしれない。

なお、本作では抑止力の例えの1つとして「核兵器も使わない事で抑止力となる」と述べるシーンが見られる。しかし、コズミック・イラにおいてこの例えは不適切であり、核兵器はSEED本編が開始する前から既に抑止力としての機能を失っている。

ガンダムビルドシリーズとの関係

ガンダムビルドダイバーズではガンダムアストレイノーネイムガンダムビルドダイバーズRe:RISEではロードアストレイダブルリベイクといった、ロードアストレイをモチーフにした機体が登場する。
機体のデザインもロードアストレイのデザインと共通している部分も多い。
1/144HGBD:Rロードアストレイダブルリベイクの取説によると、ロードアストレイダブルリベイクの素材ガンプラはロードアストレイΩである(当時ロードアストレイΩはプラモデルとしては未発売だった)。
どちらも登場回数こそ少ないものの、その活躍からファンの心を掴んでおり、ガンプラも人気であることから、ロードアストレイそのもののプラモデル化を望む声もある。
その声がバンダイに届いたのか、2022年1月17日プレミアムバンダイでロードアストレイΩが、レッドフレームなどを差し置いてSEED外伝作品の機体としては初のHGCE化された。

関連タグ

機動戦士ガンダムSEEDASTRAY天空の皇女
アストレイ
ゴールドフレームアマテラス:本機に使うはずだったレアメタルΩの一部が使用されている。
ロウ・ギュール
フェアネス・ツヴァイクレ
タクティカルアームズ

ガンダムアストレイノーネイム:ロードアストレイモチーフのガンプラ。
ロードアストレイダブルリベイク:ロードアストレイΩを素材に作られたガンプラ。ロードアストレイの名前を使った、現在唯一のガンプラである。
ターンレッド:同じ物語に登場する、独自に作られたアストレイ。
アストレイノワール:これも独自に作られたアストレイ。
ハイペリオンスーパーハイペリオン:無敵仲間。「アルミューレ・リュミエール」展開前なら破壊できるが、展開後は難しい。少なくともアンチビームコーティングされ、なおかつハイペリオン本体を破壊可能な武器が必要となる。

関連記事

親記事

ガンダムアストレイ がんだむあすとれい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17021

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました