ピクシブ百科事典

ヤタノカガミ

やたのかがみ

は「機動戦士ガンダムSEED」シリーズに登場する特殊な対ビーム技術。画像はイメージ。

概要

アカツキガンダムに採用された黄金に輝く特殊な材質の装甲。ナノスケールのビーム回折格子層(ビームを層内部の格子構造で屈折させ、吸収させる層)と超微細プラズマ臨界制御層(吸収したビームを的確な位置に放出して目標に『反射』させるためにプラズマ制御する層)から構成される鏡面装甲で、直撃したビームを即座に屈折・反射する特殊な機能を持つ。
反射出来るビームについては、通常のビームライフルはもちろん、高出力のガナーザクウォーリアのオルトロス、果ては戦艦に搭載された主砲や陽電子砲までも無効化できるほどであり、ビーム兵器に対しては無敵の強さを持つ。
(跳ね返し切れない陽電気などの高出力ビームは拡散に止まっているが、それでも規格外の防御力)

似た例で言うなればフォビドゥンガンダムのようなゲシュマイディッヒパンツァーを全身に常時展開しているようなものである。

敵の放ったビームを機体の表面で受け止め、相手にそのまま跳ね返す、あるいはそのビームを別の敵機に当てるという芸当を可能としている。

この装甲は強力な反面、実弾やビームサーベルは無力化出来ないという欠点を持ち、実弾兵器に対する防御能力については通常装甲と同程度である。加えてヤタノカガミの装甲も、アカツキ1機分の装甲でM1アストレイ20機以上が生産可能な程の高コストを誇っているなど、コストパフォーマンスに関しては劣悪であった。
(もっとも、運用時期はビーム兵器が主流になっており、ヤタノカガミを知らずにビームを放つ敵が多かったため、劇中で実弾兵器に関してはさほど問題にはならず、むしろ電力を存分に兵装に回せるようになった)

pixivに投稿された作品 pixivで「ヤタノカガミ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26

コメント