ピクシブ百科事典

サイコミュ高機動試験用ザク

さいこみゅこうきどうしけんようざく

機動戦士ガンダムの番外企画「MSV」に登場する試作モビルスーツ。
目次[非表示]

高機動・高速戦におけるサイコミュ兵装の運用テストを行う為にサイコミュ試験型ザクの2号機「MS-06Z-2」を改修した機体。
「MS-16X」として開発されていたジオングをMSNナンバーへ移す際に「MSN-01」の形式番号が与えられ、ジオング開発の捨て石になったとされている。

概要

「サイコミュシステム高機動試験機」「高速機動型ザク」とも呼ばれる。
脚部を大推力の熱核ロケットエンジンに換装し、これによって高速戦におけるサイコミュの各種試験を行ったとされる。
脚部はサイコミュ試験型ザク以上に歩行を考慮しておらず、着陸用のランディングギアを有する以外はもはや脚部とは名ばかりの、バーニアの集合体と言える様相を呈している。
また、その特徴的な脚部から「タコ足」の愛称も有する。

武装は確認出来るものではジオングのものと同様の両手前腕部の有線式の五連装メガ粒子砲のみ。
試験型であるためか、他に武装は搭載されていないが、一年戦争当時ではビーム兵器は大きなアドバンテージであるため、機動性も相まって純粋な戦闘能力は高い。

急遽改造した機体である為、推進装置の燃料積載量までは考慮されておらず、高い機動性能と引き換えに稼働時間が極端に短かったとされる。
ただし、元々が試験用の機体であった事からこの事は特に問題視されていない。
後に本機をベースにジオングが開発されているが、こちらは稼働時間の短さを改善する為に新たに設計し直されている。

カラーリングはザク系としては珍しい白主体に赤のラインをアクセントに加えたものであるが、連邦軍に占領されて間もないソロモン(コンペイトウ)を青いカラーリングの機体が襲撃したという資料も存在する。

機動戦士ガンダムサンダーボルトではア・バオア・クー攻防戦時にビリー・ヒッカム少尉が本機に搭乗し、戦闘に参加している。

また、第2次ネオ・ジオン抗争後にネオ・ジオン残党軍「袖付き」がギラ・ズールをベースに本機のコンセプトを宇宙世紀0096年当時の技術レベルで再現した「クラーケ・ズール」を開発している。
その他アニメ作品にはガンダムビルドファイターズにもこの機体を改造したガンプラが登場している。

ガンプラ

MSV展開当時に発売された1/144スケールのプラモデル(旧キット)が発売されている。
商品名は『高速機動型ザク』。説明書では「サイコミュザク」とも表記されている。

関連項目

MSV
サイコミュ試験型ザク ジオング

pixivに投稿された作品 pixivで「サイコミュ高機動試験用ザク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14773

コメント