ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「だからこそ行くんです。ビショップ計画の真実と、自分自身の宿命を確かめるために」

CV:坂本真綾

概要

機動戦士ガンダムU.C.ENGAGEのストーリーの一つ「ペッシェ・モンターニュ編」の主人公を務めるキャラクター。全宇宙世紀作品に登場するキャラクター全体の中でも複雑な経歴を辿る稀有な人である。

人物

ジオンニュータイプ研究機関「フラナガン機関」に所属している16歳の少女。同機関のニュータイプ候補生であり、同じくフラナガン機関所属のララァ・スンとは同僚である。ララァの方がニュータイプ能力及び機体操縦技術に長けていた為、ペッシェはグラナダの技術開発部に出向され、同じくニュータイプの素養があるアシュレイ・ホーン大尉と共にニュータイプ用兵器の開発に携わっていく。

父オーガン・モンターニュはアシュレイの同僚であり、同じく兵器開発に携わっていたが、テスト中の戦闘で戦死しており、その縁あってか、アシュレイ大尉に対しては父の姿をダブらせている。


性格は素直で優しく、父オーガンのようなパイロットになりたいという夢の為に頑張ったが、兵士になると同時に父は他界してしまう。そんな現実にもめげずフラナガン機関でニュータイプの素養があると頑張るが、サイコミュ試験型ザクの操縦もおぼつかない程であった。

戦争の最中強力なニュータイプ能力が覚醒し、後に「他の人間とは違って貴重」「使い捨てには出来ない」等と、非人道的な組織に与しながらも貴重な人材として重宝され続ける等、非常に有用なパイロットであることが描写されている。


ビショップ計画』の中核を成す人物として最初から注目されており、彼女を取り巻く数多の陰謀や、ジオンやフラナガン機関という出自に様々な人間から負の視線を向けられる等、正しく生きようとする彼女は、その人生を一年戦争の負の遺産に振り回される事になる。


ペッシェさん

見た目は一年戦争時はふんわりした髪型で素朴な雰囲気だったが、戦後はおしゃれするようになったのか女子らしくピアスをして髪型も前を分けたショートにしている。色んな陣営を駆け巡る為様々なパイロットスーツを着用しており、メリハリの効いた体のラインを披露している。


搭乗機

MS-06Z サイコミュ試験型ザク

MSN-01 サイコミュ高機動試験用ザク

MAN-00X-2 ブラレロ

RX-78 MS00Z エンゲージゼロ

RX-78GP-04G ガンダム試作4号機ガーベラ

ギャプラン・トレーナー


活躍

一年戦争(0079~0080)

グラナダに出向し、研究に協力していたペッシェは、相方であるアシュレイから命を宿すという意味で"宿命"という言葉を授かる。父オーガンの代わりに自分を守ると決意するアシュレイに懐くようになり、まだ未熟ながらもサイコミュ開発に協力していた。


一年戦争末期になると、劣勢になったジオン軍は公国に戦力を集結させる為、キシリア・ザビのグラナダ艦隊と共にア・バオア・クーに向かい、戦線に参加。ソーラ・レイが生んだ死者の叫びを受け、感受性の高いペッシェは体調を崩し、戦線を離れるようにアシュレイ大尉から遠ざけられるものの、父のようなパイロットを目指していたペッシェはすぐに復帰し、アシュレイを説得し共にNT用試作MAブラレロに搭乗する。

戦いの最中、機体が突然中破しアシュレイ大尉は戦死。その死を嘆く暇も無く生き残る為に一人でブラレロを操縦していると、死んだアシュレイと父・オーガンの声を聞き、ニュータイプとして完全に覚醒。戦艦2隻、MS9機撃破という多大な戦果を挙げ、一人の兵士として一年戦争を最後まで戦い抜いた。

戦後、激戦を潜り抜け優れた能力を得たペッシェは、ジオニックを接収したアナハイムエレクトロニクスにその技術を買われ、新型兵器のテストパイロットとしての道を選んだ。自分の能力が、人を救うための技術に役に立つと信じたペッシェの選んだ道は、様々な陰謀に利用され、幾度の出会いと別れが彼女を苦しめることになる。


デラーズ紛争(0082~0083)

アナハイムのガンダム開発計画に関わっていたペッシェは、ガンダム開発試験0番機エンゲージゼロのテストパイロットを務めていた。エンゲージゼロの性能は並大抵のパイロットでは運用出来ない性能で、アナハイムではペッシェにしか動かせない代物だったが、連邦軍は本機の実戦データを取りたいが為に、アナハイムに工作を指示。ジオン残党に兵器を横流しし、エンゲージゼロを連邦の任務に付随させテスト中にカチ会うように仕向け、掃討させようと命令した。ジオン残党の中には、ペッシェが最近知り合ったジャンク屋のミチェル・カノの存在もあった。意図せずに連邦に与したペッシェは"売国奴"と罵られながらも、月面都市に紛争を持ち込もうとするジオン残党のテロリストを掃討、自分の複雑な立ち位置とジオン残党の現実を見て涙を流した。


その後、GP04ガーベラのテストパイロットとしてラビアンローズに赴任してたペッシェは、エギーユ・デラーズ率いるジオン残党、デラーズ・フリートが宣戦布告する映像を見て戦争が始まるのを実感する。また、エンゲージゼロの開発に関わり、交流を重ねていたオービルがスパイ活動をしGP02サイサリスを横流しした事が発覚し、アナハイム内のジオン側の人間は不利な立場に追いやられてしまう。自分の想いや思想とは関係なく「ジオンの人間」だとレッテルを貼られて嘆くペッシェの元に、GP04の性能確認の為に戦闘を仕掛けてきたシーマ艦隊と一戦を交える。一連の流れから、アナハイム上層部がデラーズ・フリートと繋がっていると察したペッシェはフォン・ブラウンのオサリバン常務を問い詰める。全てはフラナガン機関の『ビショップ計画』の元、戦後もパイロットとして引き返せない所まで導き、連邦側が禁忌としていたニュータイプ専用の兵器とそのパイロット育成するビショップ計画を連邦側で復活させ、自身をその企画に乗せる為にアナハイムと連邦が行った事だった。アシュレイ大尉はそもそもニュータイプの素質など持っておらず、ペッシェと親しい仲にした上で敢えて戦死させる事で、素質を持つ彼女をニュータイプとして覚醒させるように誘導する"人工ニュータイプ"を作る計画の犠牲者である事を知る。これまでの一連の流れが全て仕組まれたものだと知ったペッシェは激昂し、一度は銃をオサリバンに向けるもののクレナ・ハクセル所長に阻止される。その後はビショップ計画の目的と自分の"宿命"を確かめる為に、敢えて計画通りにオーガスタ研究所に向かい、ニュータイプ専用兵器開発に協力した。


グリプス戦役(0086~0087)

オーガスタ研究所にアナハイムから派遣されたペッシェは、連邦で解禁されたサイコミュの研究と同時に、ひそかに研究が進められていた強化人間とも関わる事になる。共にパイロットとして交流していたロザミィからはまるで姉のように親しまれている。かつてのアシュレイ大尉との思い出を振り返り、今の自分があるのは"お兄ちゃん"のような人間が守ってくれる事をロザミィに伝えた。

模擬戦を重ねていくうちに、ロザミィの精神の不安定さを問題視した研究員たちは、ロザミィの再強化を薦めるようになる。心が壊れる危険性を無視できないペッシェは反対したものの、かつてフラナガン機関に所属していた事から"人工的に覚醒されたニュータイプであるペッシェは強化人間みたいなものではないか?""反対する権利が君に無い"と侮蔑の目線を向けられるようになった。

研究者の一人であるナナイ・ミゲルの助言により、ロザミィの再強化よりもオールドタイプでもオールレンジ攻撃が仕掛けられるインコムの開発を優先すべきと説得し、ペッシェはインコム開発のためのテストパイロットを務めるようになる。データを多く取る為にドンドン消耗していったペッシェを心配したロザミィは自身を再強化して同じデータを取りペッシェの負担を軽減するように提案。ペッシェの願い空しくロザミィは再強化され、元の人格は失われペッシェと共にいた記憶も失われてしまう。インコム開発には成功したものの、ロザミィを犠牲にしてしまったペッシェは嘆いた。


ティターンズが劣勢になると、ペッシェはナナイやインコム開発に携わったローレン・ナカモトと共に、アクシズに亡命しないかと提案される。かつてジオンと袂を別ったペッシェは反対するものの、敗戦に向かいティターンズに協力していた者として碌な扱いされないであろう事や、ロザミィの調整にはアクシズに行くことが一番である事、更にアクシズのニュータイプ研究機関はフラナガン機関を母体としており、追い求めていた『ビショップ計画』の真実に近づけるかもしれないとナナイに説得され、渋々この話に乗る。

バスク・オムドゴス・ギア轟沈に合わせて戦線を離脱しようとするペッシェだが、ロザミィの搭乗するサイコガンダムMK-IIが暴走。説得するもロザミィは錯乱してしまい、エゥーゴのΖガンダムに狙撃され戦死。ペッシェは復讐のためにZガンダムを襲うが傷一つ付ける事も出来ずエンゲージゼロは中破してしまい、更に魂となったロザミィに止められて、彼女が死んだ意味を見出せないまま離脱、アクシズへと亡命した。


余談

声を演じる坂本真綾氏は機動戦士ガンダムSEEDDESTINYルナマリア・ホークを演じていた。

尚同ゲームでは機動戦士MOONガンダムリュース・クランゲルと兼役もしている。


関連タグ

機動戦士ガンダムU.C.ENGAGE

ガンダム開発試験0番機

関連記事

親記事

機動戦士ガンダムU.C.ENGAGE きどうせんしがんだむゆーしーえんげーじ

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26980

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました