ピクシブ百科事典

マゼラン級戦艦

まぜらんきゅうせんかん

『機動戦士ガンダム』に登場する、地球連邦軍の宇宙戦艦。宇宙艦隊の主力艦及び艦隊の旗艦としても運用される戦艦である。レーダー機器等の電子技術による、高度な砲術戦を想定した設計だったが、ミノフスキー粒子により電子機器を無効化されてしまった。後にMS運用も想定した改良型も建造。しかし、後のシリーズでは姿を消してしまった。
目次[非表示]

概要

 アニメ『機動戦士ガンダム』に登場する、地球連邦軍の主力宇宙戦艦。連装メガ粒子主砲7基14門(主砲2基+副砲5基の説有)や、対空機銃、艦首のミサイルランチャー(或いは魚雷発射管か)等の装備を誇る。その為、非常に火力に優れることは勿論のこと、艦隊の主力艦として運用される以外にも、艦隊旗艦を務めることが多い戦艦である。レビルティアンムワッケインといった軍人達の座乗艦にもなっている。
 しかし、ミノフスキー粒子を利用した、モビルスーツによる有視界戦闘の時代に突入してからと言うもの、持ち味である電子戦等が潰されてしまい対処しきれず、戦没するマゼラン級が相次いだ。それはサラミス級巡洋艦も同様である。
 MS投入による戦術で、手痛い打撃を被った地球連邦軍の宇宙艦隊だったが、地球での反攻作戦にともなって改良型を多数建造。MS搭載機能付きのマゼラン級を次々と宇宙へ打ち上げ、ジオンへの反抗戦へと投入された。
 戦後になっても多数が現役で存在していたものの、何故か次第にその姿は消えてしまう。その代わりにペイロードのあるサラミス改が、地球連邦軍やティターンズエゥーゴといった組織の主力艦艇として現存し続けていくことになった。

マゼラン級の特徴

 マゼラン級は艦隊決戦思想に趣を置いた、いわゆる大艦巨砲主義の色を濃く出した戦艦である。故に、艦隊決戦で有利に事が運ぶように作られたシステムを搭載していた。それが、レーダー機器を利用した遠距離砲撃能力と、味方艦との連携攻撃を主眼とした複合火器管制システムの存在であった。また艦隊指揮として運用される事も多い本級だったが、旗艦と通常艦の際があるかどうかについては不明である。
 また対艦戦闘ではその強力な火力は侮れるものではない。現に劇中では、レナウンがジオンのチベ級重巡洋艦を圧倒して撃沈する場面もあったくらいである。特に正面における砲撃戦でマゼラン級に勝てる戦闘艦はいないと言える。グワジン級でも正面では2門しか向けないので、マゼラン級は圧倒的な火力で勝る事が可能だ。ソロモン攻略戦ではタイタンを中心とする艦隊が、MSを展開することなくグワラン艦隊を殲滅している。
 ただし、劇中でレナウンはシャア・アズナブルの乗艦するザンジバル級機動巡洋艦との砲撃戦において、打ち負かされてしまった。この時の原因は明確にされておらず、砲火力に勝りかつ戦艦であるマゼランが何故撃沈されたのかは不明である。原因が考えられない訳ではなく、不幸にも艦橋へ一撃を食らえば、戦闘能力を失って一方的な戦闘にも成り得るので、その線が濃厚とも考えられる。

電子戦の無効化

 マゼラン級、サラミス級共に砲撃戦や対空防御戦闘において比類なき性能を有していたはずだったが、それがミノフスキー粒子と呼ばれる特殊な物質によって妨害・無効化されてしまった。遠距離戦における長射程砲撃は無論、僚艦とのリンクによる連携射撃も無効化されたも同然となる。
 そこから強制的に有視界戦闘を強いられる結果となり、同時にMSによる有視界での近接戦闘を許してしまい、艦隊は大損害を被ることとなった。これが原因で、マゼラン級やサラミス級はMSに対して無力且つ、見かけ倒しの戦闘艦であるとの印象を植え付けられてしまったのである。

ビンソン計画

 ルウム戦役等での大打撃を被った地球連邦軍は、しばし消極的にならざるを得なかった。しかしジオンへの反抗としてV作戦を決行、それにて開発された連邦軍MS「GM」が登場すると、同時に宇宙艦隊でもビンソン計画が発案、発動していた。これにより、宇宙艦艇には簡易ながらもMS搭載機能を備え付けた戦闘艦として生まれ変わり、地上でのオデッサ作戦勝利後において、本格的な宇宙での反攻作戦が開始される。
 再び多くのマゼラン級後期型及びサラミス級後期型が建造され、連邦の主力MSであるジム、ボールを搭載した。搭載方法としてはまずジムタイプは艦底部の格納庫から、ボールは艦橋前方の格納庫から発進するのが基本で、さらに実戦では投入する数を増やすべく艦首甲板に露天駐機する場合も見られた。
 簡易的ではあるが相対的な戦力向上に繋がったマゼランとサラミスは、怒涛の勢いを持ってソロモン攻略戦や、ア・バオア・クー戦では艦隊の中心となって勝利に貢献することとなった。

一年戦争後

 大戦に勝利した地球連邦軍は、その後もしばらくはマゼラン級を運用していた模様。作品によって改装した内容はことなっており、外見は概ね変わらずにMS搭載能力が再び無くなっているパターンが『機動戦士ガンダム0083 スターダストメモリー』に登場。
 或いは、前部主砲2基4門を撤去して、艦の前部ごとカタパルトデッキと格納庫にするという大改装を施したタイプ(サラミス改のような「膨らみ」を持たもの)が『ガンダム・センチネル』に登場した。


 ゲームでは、逆に後部砲塔を撤去して、MS格納庫とカタパルトを両舷に備えると言う大胆な改装と増設を施したタイプも存在している(ホワイトベースの前足部分を付け足した様な外見)。

しかし、機動戦士Zガンダム以降の登場は、ほとんど見られなくなってしまった。


メディア等の差異

オリジナル版

マゼラン


 なお、マゼラン級はメディアごとによって微妙に差異(設定やディテール)が生じている。まず、オリジナルでのマゼラン級では、主砲は前部の2基4門のみで、残りは副砲という説があったものの、プラモデル化したマゼラン級はほぼ同スケールの主砲で統一されていた。

MS IGLOO版

マゼラン:原型


 同時にフルCG化された『MS IGLOO』では、原型の雰囲気を残しつつもより無骨な感じにリデザインを施されており、主砲は相対的に小さ目なサイズへと変更されている。なお、これについても主砲は全て同サイズに設定されていた。

THE ORIGIN版

 漫画として描き起こされた『THE ORIGIN』におけるマゼラン級は、よりリデザインを施されたものとなった。『IGLOO』版の様なのっぺりとした雰囲気は感じられず、曲線も取り入れた為により余分な甲板スペースが無く、より引き締まったような印象があるのが特徴的である。
 主砲は艦首甲板の2基のみで、残りは副砲という、原作基準に準えた武装設定になっている。さらに旗艦クラスと通常艦クラスで差異が加えられており、旗艦級のみVLSを廃止した代わりに副砲が1基追加されたうえに識別のためのライン塗装が艦体前部になされている。
 ただし、漫画版ではすべてのマゼラン級に統一感はない。主砲と副砲のサイズが同じに見えたり、多少の形状の変化を点けて差別化することがあるものの、非常に分かりにくい所もある。他にも、艦尾の安定翼が1対しかなかったり、艦尾上部に副砲が新たに設置されたりと、様々な差異が見受けられてる。建造時期によるバリエーションの違いともみられるが、詳細は不明。
 また劇場アニメ化されたものでは、通常艦艇で副砲が6基と説明されているが、画面上では5基しか見当たらなかったりしている。逆にマゼラン改では副砲7基とするが、実際には6基しか見受けられない様な印象があり、不鮮明である。


機動戦士ガンダム

スペック

Magellan Class Space Battle Ship


  • 艦級:マゼラン級戦艦
  • 艦名:『マゼラン』『アナンケ』『タイタン』『レナウン』等々
  • 全長:327m
  • 全幅:94.5m
  • 推進機関:熱核ロケット×4基
  • 武装
・連装メガ粒子主砲×2基
・連装メガ粒子副砲×5基
・連装機銃×20機
・艦首ミサイル発射管×6門(ゲーム作品にて)
  • 乗艦者
・『フェーベ』⇒『アナンケ』ヨハン・イブラハム・レビル将軍
・『タイタン』マクファティ・ティアンム中将
・『マゼラン』⇒『レナウン』ヴォルフガング・ワッケイン少佐→大佐


性能

 攻撃性能において、ジオンのグワジン級でさえ圧倒できるほどの火力を有している。艦隊戦による精密なレーダー射撃や、僚艦とリンクすることで効果的な集中砲撃が可能となるなど、そのシステムも優秀さが見て伺える。特に正面で向き合った時の火力は驚異的で、チベ級も蜂の巣どころか轟沈に追い込むことも簡単である。ミノフスキー粒子で無効化されたとはいえ、後期生産型にはミノフスキー粒子散布下を考慮した機能も有している模様。
 防御性能において、装甲の厚さは不明確である。劇中では、MS相手にバズーガの一撃で沈む場面も多く見られており、戦艦としての装甲に疑問も残る。だが命中した箇所がミサイル弾薬庫であったり機関部であったりすれば、一撃轟沈の可能性は十分にあると考えられる。また、ムサイやチベとてガンダムやコアブースターの攻撃で簡単に撃沈しているので、特に防御力に差があったわけではない。
 航行性能において、航続能力は決して高いとはいない可能性がある。『0083』版からしても、左程に広い航行範囲を有しているような感じではないかもしれない。

経歴

マゼラン

 ルナツー方面軍におけるワッケイン少佐の戦艦として登場した、緑色に塗装されたマゼラン級である。ジオン軍がルナツーに迫る事を知ったワッケイン少佐が、撃退の為に出撃させた。しかし、シャアの巧妙な破壊工作により、ルナツー軍港位置口を爆破された挙句にバランスを崩し、艦首が下方にめり込んで艦尾が上方に引っ掛かってしまう。
 出撃する前に行動不能に陥れられたどころか、軍港の出入り口まで塞ぐと言う不名誉な経歴を作ってしまったマゼランであったが、最期はホワイトベースの砲撃で排除されて自沈処分となった。不幸にも戦わずして戦闘不能においやられてしまった不運な戦艦となってしまった。

レナウン

 大佐に昇進したワッケイン司令の新たな座乗艦。ネームシップのマゼランと同様、緑色の塗装が為されている。第3艦隊旗艦として就役し、ソロモン攻略戦に参加。本隊によるソーラ・システム発射までの時間稼ぎを引き受けており、見事に成功している。その後はテキサスコロニーにおける掃討戦で、チベ級を1隻発見。横腹を晒すチベ級に艦首を向けて砲火力を叩き込み、見事に撃沈した。
 後に発見したシャアの乗るザンジバル級巡洋艦と遭遇し、再び交戦している。互いに真正面を向き合ってでの砲撃戦で苛烈を極めた。戦艦であるマゼランに理があると思われたが、結果として打ち負かされて撃沈してしまった。撃ち負けた経緯は不明である。

アナンケ

 ルウム戦役時における、レビル将軍の座乗艦。連合艦隊第1艦隊旗艦として就役しており、ルウムを防衛するために派遣されている。艦艇規模に関して言えば、圧倒的優位と言ってよかったが、MSの投入による奇襲攻撃によって形勢が逆転してしまう。本艦は黒い三連星に襲撃された挙句、脱出したレビルらのシャトルを捉えられてしまい、捕虜の身となってしまった。

タイタン

 ソロモン攻略戦における第2連合艦隊旗艦であり、ティアンム中将の座乗艦。ソーラ・システムのコントロール艦でもある。ワッケイン大佐の第3艦隊が囮となりつつ、自身はソーラ・システムによる一撃を仕掛ける事に成功。さらに攻め込んできたグワラン艦隊をMSを展開する必要もなく撃破している。さらに終盤ではソーラ・システムの第二射まで成功させている。しかし、その後に発進してきたビグ・ザムの猛撃を受けて轟沈に追いやられている。

フェーベ

 ソロモン攻略戦戦後における、レビル将軍の座乗艦である。ア・バオア・クーへの攻略に向かう途中、ジオン公国のデギン・ソド・ザビ公王の独断による和平の対話を受けたため、グワジン級戦艦グレート・デギン号と接舷しようとした。
 その瞬間にソーラ・レイによる攻撃を受け、多数の両艦やレビル将軍諸共に消滅してしまった。勿論、接舷しようとしたデギン公王も、乗艦諸共に蒸発してしまったのである。

ルザル

 ソーラ・レイを浴びて消滅したフェーベに代わり、混乱する連邦軍の第一大隊を束ねた。その後Sフィールドから突撃する艦隊の旗艦となって進撃したが、出撃したジオングの攻撃を真横から受けて轟沈した。


機動戦士ガンダム THE ORIGIN

スペック

pixivimage::s]

  • 艦級:マゼラン級戦艦
  • 艦名:
  • 全長:327m
  • 全幅:94.5m
  • 推進機関:熱核ロケット×4基
  • 武装
・連装メガ粒子主砲×2基
・連装メガ粒子副砲×5基(或は6基)
・連装機銃×16機
・四連装機銃×2基
・VLS発射管×16門(或は無)
  • 乗艦者
・『アナンケ』ヨハン・イブラヒム・レビル大将
・『タイタン』マクファティ・ティアンム中将
・『マゼラン』⇒『ルザル』ヴォルフガング・ワッケイン少将

性能

 攻撃性能において、艦首の大口径砲塔2基4門、副砲5基12門(旗艦級のみ6基10門)と火力で大きくジオンの戦闘艦を上回る。ミサイル兵装はVLSのみの模様で、殆どが砲火力に頼るとみられる。その火力の凄まじさは折り紙つきであり、漫画版と劇場版の双方で証明されている通り、圧倒的な火力に物を言わせてジオンの艦船(主にムサイ級だが)をいとも容易く撃破している。
 防御性能において、対空火器管制システム等による、重厚な対空火器が武器であるが、ミノフスキー粒子によって無効化されてしまった。装甲による直接防御において、劇場版第1話の冒頭ではMS等の対艦ライフルによる攻撃で装甲を撃ち抜かれるなど、決して強固とは言い難い描写がある(ただし雰囲気作り優先で装甲を無視した可能性もある)。一方で、劇場版第5話『ルウム会戦』では、艦隊決戦の最中でムサイ級の砲撃を受けても整然と撃ち返すマゼラン級の姿も確認できる。

余談

 『THE ORIGIN』の劇場版として掻き起こされた際、第1話『青い瞳のキャスバル』と第5話『ルウム会戦』におけるマゼラン級は外観に主な変化は無いものの、内部における美術設定デザイン等は大きく変化している。現代のイージス戦闘艦や航空母艦の戦闘指揮所(CIC)や艦橋設備をモデルにして、有り得そうな艦橋内部の設定をしており、第1話の戦闘指揮所とは大きく異なっている。
 また、オーディオコメンタリーでは、安彦氏が予め艦船内部のビジュアルを構想して形にしていたらしいものの、カトキハジメ氏に全てひっくり返されてしまったとの事である。ただし良い意味で、とのことであり、細部にわたって精密さに拘るカトキハジメ氏の出した内部デザイン(CIC、艦橋、並びにモニター類、士官用食堂、手摺等々)の方が正解であったとの事。とはいえ、余りにもこだわって(手摺の形状とか、床の紋章の細かさだとか)いることから、安彦氏も「もっと簡単で良いのに」と漏らしている。
 また艦隊戦の絵コンテ中に、1隻のマゼラン級をアップにした副砲の発射シーンでヤマトみたいに」とイメージ文を書き込まれていたりする。


関連リンク

機動戦士ガンダム レビル ティアンム ワッケイン 宇宙戦艦

pixivに投稿された作品 pixivで「マゼラン級戦艦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9208

コメント