2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

30バンチ事件

さんじゅうばんちじけん

『機動戦士Ζガンダム』にて発生したティターンズによる民間人虐殺事件。
目次[非表示]

概要

宇宙世紀0085年7月31日、ティターンズが反連邦デモ鎮圧の為に、当時使用が禁止されていたG3ガスと呼ばれる毒ガスを、サイド1の30バンチコロニーに注入し、民間人1500万人を虐殺した事件。
ただしこの作戦は指揮官であるバスク・オム大佐の独断で行われたものであり、ティターンズ総帥ジャミトフ・ハイマン将軍も、事件後のこの報告を受けた時はかなり不快に感じたと言う。
ティターンズの圧力による報道規制で、一般には激発性の伝染病による全滅と報道され、ティターンズ所属のエマ・シーンは愚か、事後の情報統制だけでなく、当時作戦の後方支援を担当した部隊の指揮官にすら、作戦の真の内容は知らされていなかった。鎮圧を依頼した地球連邦軍も、この行為を事実上黙認せざるを得ず、ティターンズの発言権を強める結果となった。
しかし、スペースノイド側にはこの事件に疑問を抱く者は多く、結果的に反連邦運動は拡大。やがて地球連邦軍内部でもティターンズへの不信感が増大し、親スペースノイド派のブレックス・フォーラ准将が、エゥーゴを結成するきっかけとなった。

グリプス戦役においても、30バンチコロニーは放置されたままになっており、ミイラ化した犠牲者の遺体がそのまま野ざらしになっている(TV版ではカミーユ・ビダンらとライラ・ミラ・ライラがこのコロニーに訪れており、ティターンズの非道を知る事となる。映画版では訪れるシーンがオミットされレコアがエマにノートパソコンで30バンチの映像を見せ事件の真相を説明するという形になっている)。
また、ティターンズは宇宙世紀0087年12月14日に、再び毒ガスによってコロニーの住人を全滅させる事件を起こしている。この際ジェリド・メサ「戦争の短期終結のためで神様だって許してくれる」という発言をして周囲もそれに同調するという危うさを見せた。

ちなみにゲーム『SDガンダム GGENERATION NEO』では30バンチコロニーへの毒ガス注入を阻止するエピソードが存在する。

関連人物

  • バスク・オム:事件の実行責任者
  • エリアルド・ハンターオードリー・エイプリル:ガスを輸送する輸送船の護衛と事件の後方支援を担当
  • イアゴ・ハーカナ:当時、任務の詳細を知らされないまま、急遽編成された部隊と共に外周警備を担当。数年後に事件の詳細を知り、見ず知らずの内に事件に加担してしまった事に後悔の念を抱くようになり、時折ガス注入直前のコロニーを駆け回ると言う、悪夢を見るようになる。
  • フォルド・ロムフェロー:参加していたが毒ガス注入を目撃してしまう。
  • ハンス・シュミット:Zガンダムの外伝作品の一つである「審判のメイス」のラスボス。当時は地球連邦軍の軍人で、30バンチコロニー駐留軍の部隊長だったが、事件のせいで妻子を失ったことで軍を離反。同時に反地球連邦組織「同志(カメラード)」を結成し、ティターンズとそれを支持したアースノイドに復讐することを決めた。


関連項目

グリプス戦役 機動戦士Ζガンダム

シーマ・ガラハウ一年戦争の新兵時代に同様の事をやらされた。その後は上記のハーカナと同様、悪夢に悩まされるようにもなるのみならず、その後の人生さえも狂わされた。

アサクラ:シーマの上官。彼女に上記の罪業を擦り付けた上に、半ば戦犯として切り捨てた。

張五飛違うガンダム世界のキャラだが、自分が住んでいたコロニーに毒ガス兵器を注入されかけた。

関連記事

親記事

ティターンズ てぃたーんず

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 572

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました