ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

宇宙世紀0085年7月31日、ティターンズが反連邦デモ鎮圧の為に、当時使用が禁止されていたG3ガスと呼ばれる毒ガスを、サイド1の30バンチコロニーに注入し、民間人1500万人を虐殺した事件。
ただしこの作戦は指揮官であるバスク・オム大佐の独断で行われたものであり、ティターンズ総帥ジャミトフ・ハイマン将軍も、事件後のこの報告を受けた時はかなり不快に感じたと言う。
ティターンズの圧力による報道規制で、一般には激発性の伝染病による全滅と報道され、ティターンズ所属のエマ・シーンは愚か、事後の情報統制だけでなく、当時作戦の後方支援を担当した部隊の指揮官にすら、作戦の真の内容は知らされていなかった。鎮圧を依頼した地球連邦軍も、この行為を事実上黙認せざるを得ず、ティターンズの発言権を強める結果となった。
しかし、スペースノイド側にはこの事件に疑問を抱くものは多く、結果的に反連邦運動は拡大。やがて地球連邦軍内部でもティターンズへの不信感が増大し、親スペースノイド派のブレックス・フォーラ准将が、エゥーゴを結成するきっかけとなった。

グリプス戦役においても、30バンチコロニーは放置されたままになっており、ミイラ化した犠牲者の遺体がそのまま野ざらしになっている(TV版ではカミーユ・ビダンらとライラ・ミラ・ライラがこのコロニーに訪れており、ティターンズの非道を知る事となる)。
また、ティターンズは宇宙世紀0087年12月14日に、再び毒ガスによってコロニーの住人を全滅させる事件を起こしている。この際ジェリド・メサは「戦争の短期終結のためで神様だって許してくれる」という発言をして周囲もそれに同調するという危うさを見せた。

関連人物


関連項目

グリプス戦役 機動戦士Ζガンダム

シーマ・ガラハウ:新兵時代に同様の事をやらされた。その後は上記のハーカナと同様、悪夢に悩まされるようにもなるのみならず、その後の人生さえも狂わされた。

アサクラ:シーマ・ガラハウの上官。彼女に上記の罪業を擦り付けた上に、半ば戦犯として切り捨てた。

張五飛違うガンダム世界のキャラだが、自分が住んでいたコロニーに毒ガス兵器を注入されかけた。

関連記事

親記事

機動戦士Ζガンダム きどうせんしぜーたがんだむ

兄弟記事

コメント