ピクシブ百科事典

ガンダムクロス

がんだむくろす

ガンダムの聖衣(クロス)

概要

聖闘士星矢』の玩具『聖闘士聖衣体系』(セイント・クロス・シリーズ)のヒットに気を良くしたバンダイSDガンダムで同じことをやろうとしたのが始まり。
クロス(cloth)とは「布の服」言う意味(僧衣の意味もある)なので、アーマー(鎧)なのにクロスを名乗っている時点で聖衣が元ネタなのは確実。

企画段階の『機動戦士ガンダム』(フリーダムファイター・ガンボーイ)でのモビルスーツは人間サイズのパワードスーツの予定だった事を考えると皮肉ではある。

ベースとなる人形に鎧をつけるとモビルスーツの姿になる。Ζガンダムウェイブライダー)等を除きオブジェ形態に当たるものは存在しない。ただしメインの人形の代わりに鎧を付けておく、無彩色の汎用人形(顔はヘルメットで誤魔化されている)が付属していることが多い。
ベースとなる人形はすべて人間であり、中の人などいないはずの武者頑駄無達も本シリーズではすべて人間が鎧を着ている扱いである(なお本シリーズの摩亜屈の中の人はプラモ狂四郎である。阿無路(アムロ)は仁宇将頑駄無。実は武者頑駄無自体は存在しない)。
ただしバリエーションである『リアルタイプガンダムクロス』ではノーマルガンダム達にフルアーマーを着せる形であり、『リアルタイプムシャガンダムクロス』でもノーマルガンダムに武者の鎧を追加する形となっている。

何気に『騎士ガンダム』はこの企画が初出(中の人はアル)。

また『ビックリクロス』『ディフォルメクロス』等の似たような企画が存在する。

直接の関係はないが、『機動武闘伝Gガンダム』に登場するモビルファイターはしばしばパイロットがガンダムを纏っているのような描写がされる事がある。(システムでパイロットとシンクロさせてはいるが直接着込んでいるわけではなく、機体自体も15m以上ある。)

pixivに投稿された作品 pixivで「ガンダムクロス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 620

コメント