ピクシブ百科事典

ラーガン・ドレイス

らーがんどれいす

ラーガン・ドレイスとは、機動戦士ガンダムAGEの登場人物。
目次[非表示]

正規パイロットの意地、見せてやる!
CV:羽多野渉

人物像

地球連邦軍の軍人で、階級は中尉。28歳。
アフロヘアーと常用ゴーグルが特徴のナイスガイ。
コロニー「ノーラ」のアリンストン基地では、警備隊「ラーガン小隊」の隊長を勤め、本来はガンダムAGE-1の正規パイロットとなる筈だった。
MSの操縦の腕は確かなもので、基本性能では他のMSに一歩劣るジェノアスを駆り、UEとの戦闘で必ず生還している程。ただし真面目な性格故に損な役回りを引き受ける事が多い。

劇中での活躍

コロニー「ノーラ」への「UE」襲撃に際しては、ガンダムの動作テストが終わっていない事からジェノアスで急遽出撃する(この際機体は破壊されてしまったが、無事に生還した)。その後、フリットがガンダムに乗ってからはコクピット周りの装甲が強化されたジェノアスに搭乗する。

当初、フリットとウルフがUEに致命傷を与えられるドッズライフルを装備するガンダムとGエグゼスに乗る中、彼だけが機体も武装も他の機体に劣るジェノアスのままでありいつ死んでしまうのかと視聴者に不安視されたが、後にジェノアスの装備変更と共にガフランを撃墜するなどの活躍を見せ、アンバット攻略戦では負傷・被弾しながらも数多の死亡フラグを叩き折り無事生還した。また、ミレース・アロイに思いを寄せているらしい様子も描かれた。

アニメ以外での活躍

始まりの物語

アニメ放送前に「週刊少年サンデー」で連載された漫画「機動戦士ガンダムAGE~始まりの物語~」では、気合を入れて出撃しようとした直後にUEの待ち伏せ攻撃を受け、いきなり戦死するという衝撃的な展開を迎えた。→なっ!?待ちぶ・・・。ちなみに、アニメでも最初は漫画同様に1話で戦死する予定であったらしい(というより、『始まりの物語』自体がこの初期案をベースにしたパイロット版といえる)。

追憶のシド

第2部・アセム編以降の時間軸を描いた外伝コミック『追憶のシド』(奇しくも『始まりの物語』と作者・掲載誌が同じ)においてラーガンが登場。階級は少佐となり、年齢も65歳になっているが、現役でMSパイロットを続けており、容姿も髭を生やし精悍な顔つきとなっている。ジェノアスⅡを駆りアデル部隊を率いて宇宙海賊ビシディアンを追い詰めるが…。


小説版

基本的にはTVアニメ版とほぼ変わらないが、描写がより掘り下げられたこともあり、より『熟達したパイロット』としての描写が増え、MS部隊長として、また冷静な観察眼を持つウルフの相棒(ベータ)としての活躍など扱いがグンと良くなっている。
第2部・アセム編(小説版では第3巻「セカンド・エイジ」相当)では教官として活動しており、アリーサやマックスも彼から教えを受けた。アセムの憧れのエースパイロットとしてウルフと共にその名を連ねている。
また小説版第4巻(「マーズ・コンタクト」)では妻と娘がいることが明かされている。ちなみにその妻とは既に死別、娘は結婚した。

UNKNOWN SOLDIERS

コウモリ退治戦役の後(アセム誕生後の時系列)において、フリットの要請で連邦軍が保管していたガンダムAGE-1の予備パーツから組み上げた「ガンダムAGE-1 2号機」のパイロットとなる。
本来予定されていた形とは違うものの、期間限定ではあるがガンダムのパイロットとなった。
階級はフリットに追い越されてしまったものの、ノーラからの長い付き合い故にお互いに階級ではなく名前で呼び合う仲であるのは相変わらずであり、「パイロットが後の世に遺せるものは何か」をフリットと共に語り合った。
また、「ガンダムが救世主であるならガンダムを駆る自分も今は救世主である」とフリットと共にヴェイガンの侵攻に対して出撃している。

人気キャラ

上記の事情から、放送のたびに生存が危ぶまれ、君は、生き延びることができるか?状態という歪んだ人気があった。そのせいかどうかは知らないが、DVD第1巻特典イラスト用の第1回人気投票では得票率25.5%で第2位を飾った(なお第1位は約29%でバルガス・ダイソン)。第3回では、ついに得票率39.9%で見事第1位に輝いた。

関連タグ

機動戦士ガンダムAGE ガンダムAGE 
ラーガン フリット・アスノ ウルフ・エニアクル ミレース・アロイ ジェノアス 
ディアッカ・エルスマン パトリック・コーラサワー

pixivに投稿された作品 pixivで「ラーガン・ドレイス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 288116

コメント