ピクシブ百科事典

スーパーパイロット

すーぱーぱいろっと

スーパーパイロットとは『機動戦士ガンダムAGE』において、アセム・アスノが目標とする存在である。
目次[非表示]

概要

Xラウンダーであるゼハートやフリットとの力量の差に悩むアセムは、敵パイロットから鹵獲したミューセルを使用して無理矢理Xラウンダーの力を得ようとするものの、その禁断の力にアセムの脳が耐え切れずに、戦闘中に意識を喪失してしまう。

その事をフリットに咎められたアセムに、ウルフは「Xラウンダーではなくスーパーパイロットを目指せ」と諭すのだった。

ウルフがデシルに殺された際、怒りに燃えるアセムはダブルバレットの力でデシルを圧倒。「何故動きが読めない!?お前は一体何なんだぁ!?」という驚愕のデシルの問いかけに対し、アセムは威風堂々と告げた。

「俺はスーパーパイロット… アセム・アスノだぁっ!!」

第3部でアセムが「キャプテン・アッシュ」として再登場したときも、「スーパーパイロットをなめるなよ」と発言しており、今なおその名には誇りを抱いていることが伺える。

小説版


「相手がXラウンダーなら、こっちはスーパーパイロットだ!」
「何ですそりゃ」
「今考え付いた」

Xラウンダーにおびえるマックスを笑い飛ばしながらウルフが答えたセリフである。
アニメ版と同様にXラウンダーとの力量の差に悩んでいたアセムであったが、
さすがにこの答えには言葉を濁していた。しかし…

「お前はお前でいいんだ。フリット・アスノになんかならなくてもいい。
お前にはあいつにないものがいくらでもあるじゃないか。
ダチがいて、ガールフレンドがいて、幸せな思い出があって、オレ様のような立派な師匠もいる
――アセム――――スーパーパイロットに、なってみちゃあどうだ?」

それが、ウルフの最後の言葉だった。

(オレはXラウンダーじゃない)

(けれど、オレの心の中には、ガンダムの中にはウルフさんがいる。死んで行った人たちの魂がある。
スーパーパイロットか、いいじゃないか)

戦場という現実の中で、自らの小ささを認め、凡夫であることを理解し
仲間とともに戦うことを選んだアセムには、Xラウンダーであるかどうかなど関係のないことだった。

突然変異の才能になど依存しない。誰にでも出来る、誰にでも到達できる
血反吐を流して培った技術と経験と仲間達と人々の祈りを乗せてXラウンダーを凌駕する存在。
それがスーパーパイロットである。

ゲーム版では

大きな違いはないが、アニメ版ではウルフが2部で唐突に言い出した(上述の小説版での描写はこれを受けてのもの)名前だが、ゲームでは1部の時点で何度も頻繁にこの名前を使っており、唐突さを感じないようになっている。

Gジェネレーションでは

アセム専用の固有アビリティとして登場。
全武器の攻撃力が上昇し、さらにHPが少なければ少なくなるほどボーナスがつく。
全キャラ中でも最後の最後に習得できるアビリティだけあって非常に強力。

スーパーロボット大戦BXでは

キャプテン・アッシュとなったアセムの専用スキルとして登場。
こちらでは命中・回避・ハイパーブースト(いわゆる分身)の発生率が上がるのだが、気力が上がるのにつれてさらにパワーアップするタイプのスキルになっており、「気力限界突破」スキルの付加によってさらに気力が上げられるようにすると、補正値が爆上がりしてXラウンダーどころかニュータイプイノベイターすらも裸足で逃げ出す全スキル最大の補正値(命中と回避の補正値はなんと最大プラス50!)を得られる。おまえがナンバー1だ!
きっと、白い狼も草葉の陰で彼の成長を喜んでいることだろう。

関連イラスト

ホワイトアセム



関連項目

機動戦士ガンダムAGE
アセム・アスノ
ウルフ・エニアクル
超サイヤ人(似ているようで違う)

pixivに投稿された作品 pixivで「スーパーパイロット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 81044

コメント