ピクシブ百科事典

シェリンドン・ロナ

しぇりんどんろな

『シェリンドン・ロナ』とは、長谷川裕一作「機動戦士クロスボーンガンダム」に登場するキャラである。
目次[非表示]

概要

紅茶色の髪に水色の瞳を持つ少女。
コスモ・バビロニア崩壊後、貴族主義を掲げる勢力から担ぎ出されたロナ家の人間である。
家族構成は父「ハウゼリー」、母「テス」、兄「ディナハン」の四人構成であった。(父は暗殺され、母はそのショックで心神妄失状態になり他界)

また家族には祖父「マイッツァー」、身内に叔母「ナディア」がいる。

ベラ・ロナとは従姉妹で彼女からは愛称の「シェリー」で呼ばれていた。

帆船を彷彿させる大型艦【エオス・ニュクス】を所有している。


どのような少女なのか?


『ニュータイプは新たなる世界の希望となる』という考えの下に【ニュータイプ】や【ニュータイプへ覚醒する素質のある者】をハンティングして【コスモ・クルツ教団】に入団させている。

自身も高いニュータイプ能力を持っていて、教団の教祖を務めている.



が、一方で『旧世代(オールドタイプ)は、切り捨てる』という過激な発言をする。



UC.133の現在、クロスボーンバンガードが敵対している「木星帝国」と話し合いをするための場を設けたり、ハリソン・マディンを始め、彼が所属している連邦軍艦隊を動かせるという 高度な権力を持っている。


ニュータイプ至上主義者として


強引ではあるが、トビアを自身の組織に加えようとする。 マザー・バンガードへ向おうとする彼を止めるのだが、彼の【ニュータイプと普通の人間の違い】を見せつけら【人間であることに希望を捨てない】強い意志と決意を受け止めると、彼に新たなる鎧を預ける。


シェリンドン・ロナとして


トビアに対して好意に近いものを抱いていたらしく、木星帝国との決戦へ向かう彼に

『決戦が終わったら、貴方のニュータイプの能力を開花させたいから 私の所へ来てくださいね』とメッセージを送る。 が・・・彼の返事は『その前に やらないといけないことがあるんだ』 と断わられてしまったという・・・


実は

冨野由悠季作 小説版「機動戦士ガンダムF91」にも名前は載っていた。 また、彼女が教祖を務める【コスモ・クルツ教団】も載っていたが 細かくは描写されていなかった。
名称も資料によって【コスモ・クルス教団】と【コスモ・クルツ教団】の二種類の呼び方が記載されている。

関連タグ


機動戦士クロスボーンガンダム ベラ・ロナ

pixivに投稿された作品 pixivで「シェリンドン・ロナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37

コメント