ピクシブ百科事典

インド人を右に

いんどじんをみぎに

くお〜!! ぶつかる〜!! ここでアクセル全開、インド人を右に!
目次[非表示]

誤植に定評のあった雑誌・ゲーメストがやらかした誤植で、最も有名なものの一つ。

概要

セガのレーシングゲーム『スカッドレース』の攻略記事中「“ハンドル”を右に」と書かれた原稿の文字(当時は手書きだった)が殴り書き状態で「“/1ンド/レ”を右に」という感じになっていたようで、写植担当には「“インド人”を右に」としか読めなかったと言われている(下画像参考)。
▼参考画像

pixiv習字 その3



手書き原稿による写植作業という伝統的な出版・印刷手法ならではの誤植と言えるが、硬派なレースゲームに登場する筈のないインド人というこの組み合わせが当時の読者の爆笑を誘ったことは言うまでもない。
また、同じくゲーメストの伝説的な誤植である「ザンギュラのスーパーウリアッ上」「確かみてみろ!」が『ストリートファイター』シリーズに関連したものだったため、同シリーズのインド人であるダルシムがネタにされてしまっていた。

元ネタとなったスカッドレースは難易度が高く、初心者には敷居が高いということもあって、セガのAM2研が出したゲームとしては当時はあまりヒットせず、当時の他のレ-シングゲーム(デイドナUSAやセガラリーチャンピオンシップ、リッジレーサー)に比べても知名度は低く、またアーケード用以外の家庭用機やPCなどへの移植が一切ないため、古参ゲーマー以外は「『インド人を右に』ネタは知ってるけど、「スカッドレース」というゲームは知らない」といわれがちなのが現状である。

pixivではこのタグがついた絵としては、元ネタとなった画像の改変パロ、誤植とは関係のないスカッドレース関連絵、もしくは前述のダルシムネタで使われるのが多いが、果ては文字通り「画像の右側にインド人を置いた」や「(国旗や象、カレーなど)インドをネタにした」というだけでこのタグがつけられることもある。

なお、現在は原稿の電子化・レイアウトのDTP化によりこうした「手書き文字の解読ミス」による誤植はほぼなくなったとされている。
しかしその分タイプミスや誤変換に起因する誤植が増えたレバー入れ大ピンチ

余談

  • 左カーブなのにハンドルを右に切るのはおかしいと言う意見も散見されるが、後輪が右に滑ったのを止める為のカウンターステアなので右で合っている。
  • 2015年1月に発売された元ゲーメスト編集長石井ぜんじ氏のコラム本「石井ぜんじを右に!」のタイトルの元ネタ。もちろん井ぜんじという誤植もしばしばあったのは言うまでもない。


関連タグ

ゲーメスト 誤植 ザンギュラのスーパーウリアッ上 確かみてみろ! 何をするだァーッ

関連記事

親記事

ゲーメスト げーめすと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「インド人を右に」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1116953

コメント