ピクシブ百科事典

むこうぶち

むこうぶち

雑誌『近代麻雀』で連載している麻雀漫画。
目次[非表示]

『むこうぶち 高レート裏麻雀列伝』は漫画:天獅子悦也、協力:安藤満(後にケネス徳田)による麻雀漫画。掲載誌は「近代麻雀」。

概要

 1980年代を舞台に、高レート賭麻雀の世界で人外の強さを誇る美青年・と、彼に敗れる者たちを描いた作品。
 物語の多くは傀の対局者や傍観者の視点から描かれ、傀は正体不明の強者として登場する。
 傀が相手に決定打を与える際に発する「御無礼」の決め台詞でも知られる。

主な登場人物

麻雀にかけては文字通りの「人の姿をした鬼」。信じられないような役満を連発して完勝することもあれば、一度もトップを取れなくても2着キープでトータルで勝つこともあるなど作中では無敵。それでいて場の空気を読み、気づきにくいお茶目をやらかす一面も。

  • 安永萬
全雀連六段のプロ雀士。おそらく傀と最も多く卓を囲んだ人物で、同卓した傀の邪魔にならないよう2着キープに徹する。ただ、傀も「あなたは麻雀で沈む事はないでしょう」と彼の腕前を認めている。
  • 水原裕太
むこうぶちにおけるもう一人の主人公。全雀連のビッグタイトルを掴むも「ラッキートップ」という陰口に激昂して暴力を振るってしまい、全雀連を追放される。その後同卓した傀に魅せられ、各地を転々としながら裏の麻雀に興ずる。定職にはついていない。
  • 多河巧典
元暴走族で安永の後輩。若手プロが参加する勉強会「青龍会」の長を務める。普段は実家の中古車ディーラーを手伝っている。
  • 及川勝依
大企業グループの会長にして自称「傀のタニマチ」。裏では政界のフィクサーとも噂される人物だが実態は傀を「儂のアイドル」と照れもなく言い切るキュートなお爺ちゃん。
  • 江崎明彦
悪徳不動産屋。華僑・劉の自宅での裏麻雀で傀と戦い惨敗したが、借金返済のための不法移民引き渡し業を3年続け再び陸に上がってきた。卓上ではツキがないタイプだが実力は傀に匹敵する。
  • 三橋秀俊
通称「上野(ノガミ)の秀」。赤牌入りの麻雀を得意とし、傀の領域に踏み込んだ数少ない人物の一人。倉庫破り・窃盗など生きるためなら何でもする小悪党だが妙な愛嬌があり、作中でも人気の高い人物。

映像化作品

 2015年8月現在、アニメ化はされていないが、Vシネマが12作作られている。
 全12作に共通して出演するのは袴田吉彦(傀)とガダルカナル・タカ(雀荘「東空紅」のマスター)の2人、他に高田延彦(1~8)、及川奈央(1~8と12)等も出演している。

pixivに投稿された作品 pixivで「むこうぶち」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 526512

コメント